高齢者・シニア向けのホームセキュリティ防犯、見守りサービス大手各社について調べてみました。

自宅の防犯にホームセキュリティを検討する方が多い中、一人で暮らしている、自宅に一人でいることが多い「高齢者」の見守りサービスを検討したいと考えている方も多いのではないでしょうか。

高齢者(シニア層)向けのホームセキュリティと聞いてもよく分からない、どんなサービスがあるの?と疑問に感じるところもあります。

ここでは、高齢者(シニア層)向けのホームセキュリティについてご紹介します。

高齢者・シニア層の方の見守りサービスとは?

高齢者のホームセキュリティは「見守りサービス」とも呼ばれ、一人で暮らす方、一人で自宅で過ごすことが多い高齢者の方向けの防犯・救急・駆けつけサポートが主なサービスになります。

ここでは高齢者向けのホームセキュリティ「見守りサービス」について見ていきたいと思います。

導入する理由は?

高齢者向けのホームセキュリティ、見守りサービスといってもそもそもどんな理由で導入するのか?が明確でないとイメージが湧きにくいですよね。

高齢者(シニア層)向けのホームセキュリティを導入する理由についてはこういった理由があります。

家の中

高齢者のホームセキュリティでは、防犯対策ももちろんですが救急時、緊急時(けがや事故、困ったときの対処)、安否確認の駆けつけサービス、といった「見守りサービス」を目的に利用する方が多いようです。

実は自宅内での思わぬ急病やケガ・事故時に駆けつけるケースが多いことはご存じでしょうか。

一人で暮らしている、一人で過ごすことが多い高齢者の防犯対策はもちろんですが、一人で過ごしていても安心できるサポートが充実しています。

家の中の見守りサービス

  • 離れて暮らす家族の見守り
  • 救急時の緊急通報
  • ガス漏れ・火災検知 など異常発生時の駆けつけ
家の中の見守りサービスのポイント
侵入者があった場合、料理中にうっかり他の用事で離れてしまったり、急な体調の異変時、また押し売りや特殊詐欺に遭いそうなときの緊急通報などに役立ちます。

家の外

家の外のホームセキュリティ「見守りサービス」では、体調不良や道に迷うなどの理由で外出先から帰ってこない、また認知症による屋外への徘徊の対処といった理由でGPSを付けた機器を身につけたり、緊急時でもすぐに通報できる機器を身につける、といったサービスがあります。

見守りサービスは自宅にいる間だけでなく、外出中の緊急時や認知症などの疾患による徘徊の対策にも役立つサービスがあるんですね。

家の外の見守りサービス

  • 外出時の体調の変化
  • 外出先から帰ってこない
  • 認知症・徘徊時の対策
家の外の見守りサービスのポイント
GPS機能がついた携帯タイプの見守り機器を持ち歩く、身につけるタイプの機器を身につけて外出すると今どこにいるかや位置情報の履歴を見ることができます。

また、外出中に急な体調不良や持病の悪化が起きた場合でも、すぐに通報できるタイプの機器もあるのでこういった機器を取り入れるのも良いですね。

高齢者・シニアの方向けのサービスが充実している

高齢者(シニアの方)向けのホームセキュリティの大きな特徴はやはり、防犯だけでなく緊急時の駆けつけといった「見守りサービス」があること、安心して暮らせるサービスが充実していることが大きな特徴です。

ボタン1つで緊急時に警備員が駆けつけ

困ったときや誰かに来てほしいときにボタン1つで通報、警備員が駆け付けてくれるので、しつこい押し売りや特殊詐欺かどうか迷うときでもすぐに通報できるので安心です。

緊急時にボタン1つで通報
ボタン1つで通報できるので、高齢者でも操作しやすい機器となっています。

また、困ったときに「誰かに来てほしい」といった状況でもボタンを押すと警備員が駆け付けてくれるのでいざというときでも安心です。

24時間対応の健康相談サービス

SECOMでは健康相談ができるサービスもあります。
常駐している看護師に健康に関することを24時間いつでも相談できるので、気になることがある場合もすぐに相談できるので安心です。

人間ドックの予約、全国の医療機関の情報案内も行っています。

健康相談、機器の取り扱いまで
健康相談サービスの他にも、見守りサービスや機器の使い方、説明も丁寧にサービススタッフが行ってくれるので家族も安心して導入できます。

健康相談サービスの例

GPS機能付きの機器で安否確認

GPS機能付きの機器には、携帯タイプで通報、通話も可能な機器と衣服や靴に入れて身につけられるタグタイプの機器があります。

携帯電話は持っていないけど外出先で家族と連絡を取りたい、という方には携帯タイプのGPS機器がおすすめです。

また、屋外への徘徊や帰宅が困難になることが心配な方は、落としたり忘れたりしにくいタグタイプのGPS機器が良いですね。

操作しやすい機器
携帯タイプの機器は高齢者だけでなく小学生やお子さんの安否確認でも使われるタイプも多く、操作しやすい、分かりやすい利便性の高い点がポイントです。

GPS機能つきの機器の例

侵入、空き巣などの防犯対策

侵入者の検知で空き巣被害、在宅中でも侵入者の検知が可能です。

SECOMでは、扉や窓の開閉を検知したら自動で通報するセンサーを取り付けるタイプの防犯システムがあります。

在宅中に侵入されるケースも多く、「家に誰かいるから安心」「在宅中なら安心」というわけにはいかないということもあり、在宅中でも防犯対策ができるホームセキュリティを設置する方が増えています。

在宅中の防犯、駆けつけで安心
扉や窓の開閉を検知したら自動で通報してくれるので一人暮らしの高齢者の方、一人で過ごすことの多い高齢者の方はこうした防犯対策もあると安心して過ごせます。

火災検知

電話が鳴ったので、来客があったので、などの理由からついキッチンを離れてしまうことは誰にでもあることですが、ホームセキュリティでは万が一、火災が起きた場合でも異常を検知したら自動で通報してくれるサービスがあります。

火災は日常生活の中でも気を付けたい被害の1つです。

火災検知があるのでより安心
特に一人で暮らしている高齢者の方や一人で過ごすことの多い高齢の方にとっては突然の来客や、火の始末を確認しそびれてしまう、といったことから火災に繋がりやすい面もあるので、火災検知の機能があるととても助かります。

大手各社の高齢者見守りサービスを比較

高齢者(シニア層)の方向けのホームセキュリティ会社についてサービスと価格を比較してご紹介します。

ここでは大手各社の中から高齢者の方向けのホームセキュリティを取り扱う3社をご紹介します。

1.SECOM(セコム)

業界最大手のホームセキュリティサービスで、在宅時・外出時の防犯、火災監視、非常時の通報サービスといった基本サービスの他にも、救急時の通報サービスや見守りサービスといった利用者のニーズに応じたサービスが充実しています。

基本サービス

扉や窓の開閉センサーによる侵入者検知、火災検知、非常ボタン(異常感知、緊急時)

オプション

  • 自動通報+駆けつけサービス(900円/月(税別))
    (一定期間体の動きを感じない場合に自動通報、駆けつけ)
  • セコム・ホームサービス(都度見積り)
    (お家のお困りごとやさまざまな家事のお手伝い、旅行などの留守時に自宅を見守り)
  • セコムみまもりホン(月額2,200円)
    (屋内+屋外の救急通報ができるサービス、機器のストラップ引っ張るだけで通報できる、携帯電話としても利用可能)
  • 救急通報(マイドクター)
    (ペンダント型の通報機器で救急・緊急時は握るだけで通報できる)
  • 安否見守り
    (生活動線に設置したセンサー機器が人の動きを感知、一定期間感知しない場合は自動通報)

利用プラン

SECOM(セコム)の利用プランについてご紹介します。

親の見守りプラン(基本サービス+オプション(※)込み)
初期費用月額料金
買取り177,200円(工事費込み)月額3,000円
レンタル44,000円(工事費)
20,000円(保証金・契約満了時返金)
月額4,700円

※基本サービスにオプションサービスの「救急通報(マイドクター)」、「安否見守り」を追加したプラン例です。

家族と離れていても行動が分かる「セコム・ホームセキュリティNEO」

離れて暮らす高齢者のセキュリティ状態が変更されると家族に通知が届くサービスがついているプランです。
高齢者やお子さんの帰宅を確認するなど安否確認ができるので家族で利用しやすいプランです。

初期費用月額料金
買取り427,300円(工事費込み)月額4,500円
レンタル58,000円(工事費)
20,000円(保証金・契約満了時返金)
月額6,800円
緊急・救急時に屋内・屋外でも緊急時に通報できる「セコムみまもりホン」

「親の見守りプラン」と一緒に利用すると安心です。
スマホや携帯電話は使いづらいけど、家族との連絡手段を取りたい方におすすめです。

加入料金月額料金
基本料金10,000円月額2,200円
自宅以外への駆けつけ(その都度)58,000円(工事費)
20,000円(保証金・契約満了時返金)
月額6,800円
オペレーター利用:位置情報の確認(その都度)200円/回(1時間まで・税別)
通話料金(その都度)16円/30秒
毎月最大27分分無料
SMS(ショートメッセージ)
(※KDDI利用料金に準ずる)

セコム「親の見守りプラン」

セコムホームセキュリティNEO

セコム「みまもりホン」

2.ALSOK(アルソック)

ホームセキュリティサービス大手でセコムに続いて利用者の多いALSOK(アルソック)では、在宅時・外出時の防犯、火災監視、非常時の通報サービスといった基本サービスの他に、ガス漏れ検知や救急時の通報サービスといった利用者のニーズに応じたサービスが充実しています。

費用の面でセコムよりも低価格でホームセキュリティを導入できるという点がメリットです。

基本サービス

救急時の通報、駆けつけ、ALSOKヘルスケアセンターに相談、持病・かかりつけ病院の登録、火災・ガス漏れ検知

オプション

  • ペンダント型緊急ボタン
  • 火災感知
  • ガス漏れ
  • ライフリズム
    (人の動きを感知するセンサーを設置、正常・異常を家族に通知)
  • 見守り情報配信サービス
  • まもるっく
    (携帯電話型の機器でGPS機能で位置情報の監視、外出先で緊急通報ができる端末)
  • みまもりタグ
    (タグ型の端末でGPS機能で位置情報の監視ができる端末、ひもを通してカバンにつけるなど外出時に身につけて持ち歩く機器)

利用プラン

ALSOK(アルソック)の利用プランについてご紹介します。
HOMEALSOK 見守りサポート
初期費用月額料金
買取り11,000円(工事費)
36,000円(機器費・10年間無料保証
月額1,700円
レンタル11,000円(工事費)
機器費なし(レンタル)
月額2,400円
ゼロスタートプラン初期費用なし
機器費なし(レンタル)
月額2,960円
まもるっく
初期費用月額料金
買取り4,500円(初期設定費用)
21,500円(機器費)
月額1,100円
レンタル4,500円(初期設定費用)
機器費なし(レンタル)
月額2,000円
ゼロスタートプラン初期費用なし
機器費なし(レンタル)
月額2,960円

ホームセキュリティと同時に利用することで買取りの場合:月額100円、レンタルの場合:月額200円の割引特典があります。

HOMEALSOK アルボeye

屋内監視、駆けつけサービスならアルボeyeもおすすめです。
自分で屋内を監視、異常を発見したらALSOKに通報、駆けつけを依頼できるので自分が駆け付けられないときも安心です。

機器は3種類からお好みに合わせて選べます。

機器の特徴月額料金

IPC-06HD
センサー付きカメラ

コンパクトなタイプのカメラ機器月額2,000円

IPC-07W
センサー付きカメラ

パン・チルト機能つき
スマホからの遠隔操作が可能。
上下90°、左右180°の広範囲をカバー。

天井設置の際は、映像を180°回転可能です。
月額2,500円

IPC-08FHDz
センサー付きカメラ

IoT機能連携タイプ
パン・チルト機能つき
スマホからの遠隔操作が可能。
上下130°、左右340°
の広範囲をカバー。
天井設置の際は、映像を180°回転可能です。
(画素数:200万画素)
月額2,500円

駆けつけのないカメラ単体での購入も可能なので、自分で高齢者の自宅の監視、安否確認ができれば安心という方はカメラ単体の購入も可能です。

HOMEALSOK「見守りサポート」

ALSOK「まもるっく」

ALSOK「アルボeye」

3.全日警

個人向けと法人向けのセキュリティサービスを展開している全日警では、個人向けサービスで利用者のニーズに合わせてプランが細かく分けられている点が特徴です。

「緊急時の駆けつけだけ」「在宅中・外出中も自宅を監視したい」「単身で暮らしている家族を見守りたい」といった細かいニーズに合わせたシンプルなプランがおすすめのポイントです。

基本サービス

非常時の通報、一定期間居住者の動きがない場合の緊急通報

オプション

  • 火災、ガス漏れ検知

利用プラン

全日警の利用プランについてご紹介します。

みまもりプラン
初期費用月額料金
買取り50,000円(機器設置工事料金)
129,000円(機器費用)
月額3,200円
レンタル50,000円(機器設置工事料金)
20,000円(保証金)
月額5,300円

全日警の見守りプラン

4.セントラル警備保障(CSP)

個人向けと法人向けのセキュリティサービスを展開しているセントラル警備保障では、防犯、火災監視、見守りのプランで利用者のニーズに合わせてサービス展開を行っています。

ホームセキュリティでは「ファミリーガード」というプランの他に、高齢者の方向けのシニア向け見守りサービス「見守りハピネス」というプランがあり、緊急時の通報、生活反応がない場合の自動通報といった緊急時対策と日常生活の「もしも」の事態をカバーできるプランが用意されています。

基本サービス

非常時の通報、健康相談サービス

オプション

  • 一定期間居住者の動きがない場合の緊急通報
  • パトロール員の出動要請サービス
    (ガスの元栓、鍵の閉め忘れ、郵便物取り込み、状況確認などを行ってくれるサービス)
  • 火災、ガス漏れ検知

利用プラン

CSP(セントラル警備保障)の利用プランについてご紹介します。
見守りハピネス

見守りハピネスのプランはサービスの範囲に合わせて3つ。
目的に合わせたプランを選ぶことができます。

プラン1.緊急通報サービス

緊急時に対応したプランです。

初期費用月額料金
買取りなし(レンタルのみ)なし(レンタルのみ)
レンタル機器費・工事費・保証金:なし月額2,800円~(5年契約)

プラン2.緊急通報サービス+押してライフリズムサービス

日常生活の見守りに対応したプランです。

初期費用月額料金
買取りなし(レンタルのみ)なし(レンタルのみ)
レンタル
機器費・工事費・保証金:なし月額3,300円~(5年契約)

プラン3.緊急通報サービス+おまかせライフリズムサービス

緊急・救急時の自動通報に対応したプランです。

初期費用月額料金
買取りなし(レンタルのみ)なし(レンタルのみ)
レンタル
機器費・工事費・保証金:なし月額3,500円~(5年契約)

「見守りハピネスお助けパック」を追加することでオプションの駆けつけサービス(1回8,000円)が利用料無料で利用できます。

また、病院紹介サービス、家具の移動や電球交換など暮らしの中のお助けサポートも利用できるのでぜひ加入しておきたいオプションサービスです。

セントラル警備保障(CSP)の見守りハピネス

資料請求は一括請求が便利

資料請求は一括請求サービスがおすすめです。

一括請求サービスというと営業電話がたくさんかかってくるといったイメージがあるかもしれませんが、ホームセキュリティサービスではそういったことはないので安心です。
大手各社の見積りを設置場所の対応エリアに絞って請求できるので、ぜひ活用してくださいね。

ホームセキュリティの資料請求は無料で使える一括請求が便利!

高齢者向けのホームセキュリティを実際に利用している方の声

高齢者(シニアの方)向けのホームセキュリティについてどんなサービス内容なのかについてご紹介してきましたが、防犯・侵入対策以外にも、緊急時、救急時の駆けつけ、GPS機能を使った見守り、健康相談サービスなど快適に安心して過ごせるサービスが充実していることが分かりました。

実際に利用している方はどんな感想を持っているのでしょうか。
ここでは高齢者向けのホームセキュリティを利用している方の声をご紹介します。

一人暮らしの高齢者の緊急通報(ペンダント式の緊急ボタン)

母の一人暮らしの不安を解消できればと思い、ホームセキュリティを導入しました。
母が急病などでもしもの事が起こったらと大変不安でしたが、そのような時、ワイヤレス非常押ボタン(ペンダント式)を押せば、警備の方が来てくれますし、家の中で倒れた場合でも緊急対応してくれるので、今では母も私も大変安心です。

引用元:全日警「みまもりプラン」

一人暮らしのご家族の防犯、緊急(救急)時対策にホームセキュリティを導入され、家族みんなで安心して過ごせているという方は多くいらっしゃいます。

高齢者でも特に一人暮らしの方、一人で自宅にいることが多い方でも、急な体調不良でもボタン1つで通報できると安心です。

センサーで動作検知をするタイプもあるので、目的や用途に合わせて選んでみましょう。

持病があるのですぐに通報できる緊急ボタンで安心です(ペンダント式の緊急ボタン)

仕事も退職し、高齢者の仲間入りをした2人暮らし。
これまでは、ゆったりと日常を過ごしていたのですが、私が持病をもっているため、 健康面で一抹の不安を抱え、特に妻の外出時などは、万が一を考えるようになりました。
東京の息子たちに相談をしましたら、私たちのようなシニアに適したホームセキュリティのプランがあるということを教えてくれ、 早速導入しました。
今ではワイヤレス非常押ボタン(ペンダント式)が非常に心強い味方になっています。それに、なにより息子たちも安心してくれております。

引用元:全日警「みまもりプラン」

高齢者のご夫婦で持病がある方も緊急通報ボタンを設置しておくと、万が一の体調不良時でも非常ボタンを押すだけで通報できるので、慌てずに対応できる安心感があります。

また、遠隔地に住む家族もこういった通報システムがあることが分かるとより安心して過ごせますね。

外出先での体調不良ですぐに通報でき助かりました(携帯端末型の機器)

外出したところ、腰が痛くて動けなくなり、まもるっくのボタンを押しました。ALSOKの方に状況を話したところ、ガードマンが来てくださり、その場に救急車を呼んでくださったので大事には至りませんでした。

引用元:ALSOK「モバイルみまもりセキュリティまもるっく」

高齢者の見守りの中でも外出先でも緊急通報できるタイプを選ばれる方も多いようです。

外出先ではいつ体調が悪くなるか、足腰の痛みで動けなくなるといった事態も考えられるため、GPS機能つきの携帯端末や通報機器があると安心してお出かけを楽しめますね。

いざというときも警備員が駆け付けてくれるので一人じゃない安心感があるのも大きなポイントです。

ボタンを押すだけで通報できて安心です(緊急通報ボタン設置)

独り暮らしのため、家族のすすめで導入を決めました。脳の病気で一時的に言葉が出なくなってしまった際、ボタンを押すだけでALSOKが対応してくれたので一命を取りとめることが出来ました。それ以降、健康相談も頻繁に利用しています。ちょっとした不安にも答えてくれるので、安心感が違います。

引用元:ALSOK「HOMEALSOKみまもりサポート」

持病がない方でも脳の疾患など急な体調不良で言葉が出ない、電話をすることができないという場合でもボタンを押すだけで通報できると安心です。

一人で暮らす高齢者の方にとっても離れて暮らすご家族にとってもこうした設備があれば心強いですね。
また、健康相談を受けることで気になることをその都度自宅で相談できるので健康管理にも役立ちます。

一人暮らしでもしもの体調不良に備えられるので安心です(異常検知・駆けつけ)

子どもは独立して家族を持っているので、単身で暮らしてます。私自身体が弱ってきているので転倒しないか一番不安です。家族にあまり心配も掛けたくないので、ALSOKが異変に気付いてくれると思うと安心します。

引用元:ALSOK「HOMEALSOKみまもりサポート」

高齢者にとって気になることは突然の体調不良の他にも実は「転倒」の事故が起きやすいということがあります。
転倒して頭を強く打ってしまったり、足腰、腕などを骨折してしまう、といったことは意外に多く、こういった場合でもすぐに通報できるか?は高齢者にとって安心して過ごせる大きなポイントになります。

今持病がなくて一人で元気に家事や外出をこなしていてもこういった事態は急に起こるので、転倒事故に備えて通報ボタンなどの見守りサービスを利用すると安心です。

まとめ:見守りサービスで高齢者の万が一の事態をサポート

高齢者、シニア向けのホームセキュリティは家族がそばにいられないときの「もしも」の事態に備えられるのでぜひ設置したいセキュリティシステムです。
特に、高齢者の一人暮らし、持病のある方にとっては緊急時もボタン1つで通報できるシステムを設置しておくだけでも安心して過ごせます。

また、高齢者向けのホームセキュリティサービスの特徴は、緊急ボタンで通報できることの他にも、動作検知による自動通報、GPS機能つき端末による認知症への対処や、健康相談サービスがあることです。

防犯対策だけでなくこういった健康面や安否確認のための充実したサポートがあるのでご家族も安心して過ごせます。

高齢者のホームセキュリティを検討されている方はぜひこういったメリットを踏まえて検討してみてくださいね。

 

参考 初めてのホームセキュリティ比較!おすすめ会社ランキングSelect-Point