賃貸マンション・アパート向けのホームセキュリティ大手各社を比較!

ホームセキュリティは戸建てタイプだけでなく、オートロックのついたマンションでも設置することができます。

マンションに防犯カメラがあるから、オートロックで外からの侵入はないので安心ということはなく、マンションでも防犯対策をしっかり行うことが大切です。

防犯意識が高まる中マンションでもホームセキュリティの設置がおすすめですが、ここでは賃貸マンション・アパート向けのホームセキュリティについてご紹介します。

マンションと戸建てのセキュリティの違い

ホームセキュリティには戸建てタイプとマンションタイプがありますが、ここでは戸建てとマンションのセキュリティの違いについてみていきます。

戸建てとマンションの違いは侵入経路

戸建てとマンションのセキュリティではそれぞれこういった違いがあるので、それぞれの特徴に合った防犯対策を行うことが大切です。

戸建ての場合

戸建ての場合は、お庭や窓からの侵入が起きやすく侵入経路が多いことから窓からの侵入、お庭や玄関先の屋外からの侵入、緊急時の通報が主な防犯対策になります。

特に、窓からの侵入に注意が必要です。

マンションの場合

マンションの場合は、オートロックがあってもピッキングによる玄関からの侵入、施錠し忘れや後をつけられてお部屋に侵入される、といったこともあるため、玄関からの侵入、緊急時の通報が主な防犯対策なります。

また、窓からの侵入も全くないとは言えないため、窓からの侵入に対する防犯対策も行いたいですね。

旅行や帰省など長期間留守にする場合も自宅に防犯設備があると異常時は自動で通報されるので、マンションでもホームセキュリティを設置しておくことをおすすめします。

緊急時の通報があればマンションでも安心・便利
マンションはオートロックがある、後をつけられる、ピッキングに注意したいですが、緊急時には侵入の他にも押し売りやしつこい勧誘など「誰かに来てほしい」という事態も考えられます。

緊急時の通報は侵入・押し売り・勧誘・特殊詐欺など「誰かに来てほしい」というときにボタン1つで通報できるので安心です。

オートロックがあるから安心、ではなくさらに防犯対策が必要

オートロックつきマンション、防犯カメラ付きのマンションが増えていますが、オートロック付きのマンションでも一緒に入られたり、自宅まで後をつけられたりといったケースもあるので怖いですよね。

オートロック付き、防犯カメラがあるから安心、ではなく、防犯意識の高まりからオートロックつきの賃貸マンション・アパートでもホームセキュリティを設置する方が増えています。

自宅に防犯設備があるとより安心
オートロックや防犯カメラといったマンションの防犯設備だけでなく、自宅にもホームセキュリティを設置することでよりしっかりと防犯対策ができます。

据え置き型なら賃貸、入居後の取り付けも可能

ホームセキュリティの機器は新築時に壁に埋め込んで設置する「埋め込み型」と後付けで設置できる「据え置き型」があります。

賃貸マンションやアパートでは、原状回復の義務があることから「壁に傷をつけたくない」「埋め込み設置はできない」という方が多いと思いますが、据え置き型の機器なら賃貸マンションやアパートでも安心して利用できます。

設置・配線など気になることは相談
設置方法や配線については警備会社の担当者に相談できるので、設置について分からないことや気になることがある場合は相談してみましょう。

マンション・アパートに対応した「駆けつけ」サービスで安心

賃貸マンション・アパート向けのホームセキュリティでは「駆けつけサービスが利用できるのか」といった点が気になるところでもありますが、オートロックに対応した駆けつけサービスが用意されているので、オートロック付きのマンション・アパートでも駆けつけサービスが利用可能です。

大手各社ではセキュリティの範囲に応じて賃貸マンション向けの様々なプランを用意しています。

異常検知、火災検知、駆けつけが基本サービス

賃貸マンション・アパート向けのホームセキュリティでは「駆けつけサービス」の他にも「異常検知」「火災検知」のサービスがあり、大手警備会社ではこういったサービスが基本サービスになっていることが多いです。

オプションでガス漏れ、水漏れ検知などがある
オプションサービスでガス漏れ、水漏れ検知を行っている会社もあるので、侵入だけでなく火災、ガス漏れ、水漏れといった異常事態にも対応してくれるのは構造上近隣に被害が及びやすいマンション・アパートにお住まいの方にとってはとても助かりますね。

賃貸マンション・アパート向けのホームセキュリティおすすめプラン!大手各社を比較

ここでは大手各社の賃貸マンション・アパート向けのホームセキュリティおすすめプランをご紹介します。

サービス内容、初期費用、月額費用を見て希望に合ったサービス内容、費用のプランで検討しましょう。

1.SECOM(セコム)

業界最大手のホームセキュリティサービスで、在宅時・外出時の防犯、火災監視、非常時の通報サービスといった基本サービスの他にも、救急時の通報サービスや見守りサービスといった利用者のニーズに応じたサービスが充実しています。

サービス内容

在宅時の防犯、外出時の防犯、非常通報サービス、火災監視サービス、異常発生時の駆けつけ

オプションサービス

ガス漏れ監視サービス、救急通報サービス、安否見守りサービス、マイドクターウォッチサービス

その他

  • 異常を感知した場合、すぐに駆けつけ
    (必要に応じて110番や119番、ガス会社にも通報します。)
  • 「補償制度」を標準装備
    (万が一損害を被った場合に備え、補償制度が付帯しています。)
  • 電池交換・修理が無償

利用プラン

セコムの賃貸マンション・アパート向けの主な利用プランについてご紹介します。

マンション、戸建て小規模プラン
初期費用月額料金
買取り152,500円(工事費込み)月額3,000円
レンタル43,000円(工事費)
20,000円(保証金・契約満了時返金)
月額4,300円

SECOM(セコム)のマンション、戸建て小規模プラン

2.ALSOK(アルソック)

ホームセキュリティサービス大手でセコムに続いて利用者の多いALSOK(アルソック)では、在宅時・外出時の防犯、火災監視、非常時の通報サービスといった基本サービスの他に、ガス漏れ検知や救急時の通報サービスといった利用者のニーズに応じたサービスが充実しています。

費用の面でセコムよりも低価格でホームセキュリティを導入できるという点がメリットです。

サービス内容

防犯(侵入感知)、非常通報、火災検知

オプションサービス

ガス漏れ、見守り情報配信サービス、ライフリズム(トイレドアに設置)、救急情報(持病のある方の対策)

利用プラン

ALSOKの賃貸マンション・アパート向けの主な利用プランについてご紹介します。

マンションプラン
初期費用月額料金
買取り35,000円(工事費)
139,800円(機器費・10年間無料保証
月額3,000円
レンタル35,000円(工事費)
機器費なし(レンタル)
月額5,420円
ゼロプラン初期費用なし
機器費なし(レンタル)
月額6,010円

ALSOK(アルソック)のマンションプラン

3.全日警

個人向けと法人向けのセキュリティサービスを展開している全日警では、個人向けサービスで利用者のニーズに合わせてプランが細かく分けられている点が特徴です。

「緊急時の駆けつけだけ」「在宅中・外出中も自宅を監視したい」「単身で暮らしている家族を見守りたい」といった細かいニーズに合わせたホームセキュリティサービス「ハッピーガード」。

シンプルで分かりやすいサービスプランで暮らしの安心を守ってくれます。

サービス内容

非常通報(かんたんプラン)
非常通報、外出時防犯(おでかけプラン)
非常通報、外出時防犯、在宅時防犯(いつでもプラン)
非常通報、居住者の動作検知(みまもりプラン)

オプションサービス

  • 生活サポートサービス(会員優待価格)
    (鍵トラブル)
  • リビングサポート(会員優待価格)
    (ハウスクリーニング、小修繕、給湯器交換、フローリング補修、ドア・窓の建付け調整、畳、網戸、障子張替え)
  • クラブオフ優待サービス
    (宿泊サービス、日帰りサービス、ショッピングの優待 他)

その他

  • 生活サポートサービス(無料)
    (水回りトラブル、窓ガラス、給湯器の応急処置)
  • お手伝いサービス(無料)
    (電球交換、高所設置窓の清掃、家具の移動)
  • 健康・医療相談ダイヤル
    医療に関する相談・情報提供無料)

などの日ごろのお困りごとをサポートするシステムがあります。
特に単身者世帯、高齢者世帯でとても助かるサービスですね。

利用プラン

全日警の賃貸マンション・アパート向けの主な利用プランについてご紹介します。
(全日警では「ハッピーガード」というサービス名で賃貸マンション・アパート、戸建てどちらも同様のサービス内容、利用料金となっています。)

かんたんプラン

「非常通報」に対応したプランです。

初期費用月額料金
買取り30,000円(工事費)
67,000円(機器費)
月額1,800円
レンタル30,000円(工事費)
20,000円(保証金)
月額2,900円
おでかけプラン

「非常通報」「外出時防犯」に対応したプランです。

初期費用月額料金
買取り36,000円(工事費)
114,400円(機器費)
月額2,200円
レンタル36,000円(工事費)
20,000円(保証金)
月額4,100円
いつでもプラン

「在宅時」「外出中」いつでも防犯システムを利用したい場合におすすめです。

初期費用月額料金
買取り84,000円(工事費)
202,000円(機器費)
月額3,200円
レンタル84,000円(工事費)
20,000円(保証金)
月額6,500円
みまもりプラン

一人暮らし、単身でお住いの高齢者におすすめのプランです。

初期費用月額料金
買取り50,000円(工事費)
129,000円(機器費)
月額3,200円
レンタル50,000円(工事費)
20,000円(保証金)
月額5,300円

非常時の通報だけて良い方は「かんたんプラン」、在宅時の非常通報と外出時の異常検知だけで良い方は「おでかけプラン」と必要最低限のサービスだけを契約したい方におすすめです。

希望に合わせて選べるシンプルなプランが特徴です。

参考 全日警のホームセキュリティについて口コミや評判を調べてみた!Select-Point

4.セントラル警備保障

個人向けと法人向けのセキュリティサービスを展開しているセントラル警備保障では、防犯、火災監視、見守りのプランで利用者のニーズに合わせてサービス展開を行っています。

賃貸マンション向けのホームセキュリティは賃貸オーナー向けセキュリティの「プライベートエリアガードアイ」というサービスがあり、入居者の安全を守るためのシステムを提供しています。

マンションの新築時に導入したい、すでに建設されたマンションに導入したいなど、賃貸オーナー向けのセキュリティサービスがあります。

サービス内容

フルオンラインプラン

非常通報、駆けつけ:在宅、外出時含む24時間365日
火災検知
ガス漏れ検知

在宅オンラインプラン

非常通報、駆けつけ:在宅時、非常通知:外出時
火災検知
ガス漏れ検知

オプションサービス

  • 侵入、非常、緊急、火災、ガス漏れ、ライフリズム(見守り・救急時対応)
  • 見守りハピネス(高齢者の見守りサービス)

利用プラン

セントラル警備保障の賃貸マンション・アパート向けの主な利用プランについてご紹介します。

プライベートエリアガードアイ

1K(1棟10住戸の場合)の例

初期費用月額料金
買取り40,000円(工事費)
110,000円(機器費)
×10住戸=1,500,000円
月額1,800円
×10住戸=18,000円

2DK(1棟6住戸の場合)の例

初期費用月額料金
買取り46,400円(工事費)
151,000円(機器費)
月額1,800円
×6住戸=10,800円

セントラル警備保障の賃貸オーナー向けセキュリティはマンションの構造、部屋数によって費用が異なるのでまずは資料請求、見積りプランを相談してみることをおすすめします。

利用についてはまず資料請求をして確認してみましょう。
資料請求については後ほどご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

参考 セントラル警備保障のホームセキュリティについて口コミや評判を調べてみた!Select-Point

5.関電SOS

関電SOSでは賃貸マンション向けセキュリティを扱う株式会社プリンシプル(本社:福岡県)と提携し、月額500円から利用できるマンション向けセキュリティサービス「スマートルームセキュリティ」というサービスを提供しています。

スマートルームセキュリティは工事不要でスターターキットを自宅に取り付けるだけなので、マンションの防犯システムだけでは不安、入居後に自宅で利用したい、という方も気軽に利用することができます。

サービス内容

異常検知、スマホへ通知
緊急時通報

オプションサービス

  • 駆けつけ(月額:480円、出動1回につき5,000円)

利用プラン

関電SOS(スマートルームセキュリティ)の主な利用プランについてご紹介します。

スマートルームセキュリティ

Wi-Fiが自宅にある「Wi-Fiプラン」とWi-Fiが自宅になくても利用できる「SIMプラン」の2つのプランが用意されています。

Wi-Fiモデル
(お部屋にインターネット環境があり、無線LANルーターをお持ちの方)

初期費用月額料金
レンタル14,800円月額500円

SIMモデル
(お部屋にインターネット環境がない方)

初期費用月額料金
レンタル19,800円月額980円
参考 関電SOSのホームセキュリティについて口コミや評判を調べてみた!Select-Point

6.東急セキュリティ

東急セキュリティはマンションにお住いの方向けのホームセキュリティも取り扱っています。
プランは大きく分けて3つあり、目的や用途に合わせて選ぶことができます。
オプションで駅やバスの利用を通知してくれるサービスなどがあり、地域密着型で東急線沿線にお住まいの方に便利なサービスを提供しています。

サービス内容

侵入検知、火災検知、ガス漏れ検知、非常、緊急時通報

オプションサービス

  • 巡回警備(3,000円/回)
    留守中のご自宅の外周を警備員が点検)
  • 郵便物、新聞の取り込み(1,000円/回)
  • 植栽への水やり(2,000円/回)
  • 室内換気(1回20分程度2,000円)

利用プラン

東急セキュリティの賃貸マンション・アパート向けの主な利用プランについてご紹介します。

リモートモデルプラン

スマートフォンで警備のON・OFFが可能、外出先から警備状態を確認・操作、操作情報をプッシュ通知でリアルタイムにお知らせします。

初期費用月額料金
買取り237,500円(機器・工事費)月額4,200円
レンタル54,500円(工事費)
151,000円(保証金)
月額5,980円
セパレートモデルプラン

リモコン型の警備操作を屋内で自由に持ち運びができ、お子様のいってきます・ただいまをメールにてお知らせするあんしんモバイル機能がついています。

初期費用月額料金
買取り326,000円(機器・工事費)月額4,200円
レンタル61,000円(工事費)
20,000円(保証金)
月額7,900円
ユニットモデルプラン

お子様からご高齢の方まで使いやすいシンプルな操作端末でご自宅の異常検知、非常通報もボタン1つでできます。

初期費用月額料金
買取り297,600円(機器・工事費)
月額3,000円
レンタル59,000円(工事費)
20,000円(保証金)
月額5,940円

東急セキュリティのホームセキュリティ既存住宅向けサービス

東急沿線の駅・バスと連携したセキュリティ「エキッズ」

資料請求は一括請求が便利

資料請求は一括請求サービスがおすすめです。

一括請求サービスというと営業電話がたくさんかかってくるといったイメージがあるかもしれませんが、ホームセキュリティサービスではそういったことはないので安心です。
大手各社の見積りを設置場所の対応エリアに絞って請求できるので、ぜひ活用してくださいね。

ホームセキュリティの資料請求は無料で使える一括請求が便利!

初期費用ゼロで利用するなら「ALSOK」がおすすめ

ホームセキュリティサービスを利用する場合は、どの会社でもまず「初期費用」がかかります。
とにかくすぐに取り付けたいという方で初期費用の資金が用意できない場合は困りますよね。

そんな場合におすすめなのが初期費用をかけずにすぐ利用できるALSOKの「ゼロプラン」がおすすめです。

月額料金は少し高めになりますが、それでも月額6,000円前後で利用できるので、初期費用をかけずにすぐに利用したい方はぜひ検討してみましょう。

初期費用は数万円~20万円前後
初期費用は工事費、機器費といった利用するために必要な費用となりますが、初期費用だけで数万円~20万円前後かかるので大きな出費となります。
「初期費用をかけずにすぐに始めたい」という方は初期費用のかからないプランを検討してみましょう。

マンション・アパートに居住する方の自分で心がける防犯対策

マンション・アパートにはオートロック付き、防犯カメラがついているマンションも多いですが、防犯システムがないマンションの場合はやはり防犯対策がより気になると思います。
そういった場合でも後から設置できるマンション・アパート向けのホームセキュリティはとても便利で居住者にとってはとても助かるサービスです。

しかし、防犯対策ではホームセキュリティを設置することも安心のポイントですが、普段から防犯意識を持って過ごすことも大切です。

マンション・アパートで自分で心がける防犯対策についてここで見ていきたいと思います。

自分でできる防犯対策の例

自分でできる防犯対策
  • 常に防犯ブザーを持つ。
  • 携帯電話でいつでも通報できる体制にしておく。
  • マンション、建物に入る前に人がいないかチェックする。
  • エレベーターの乗降時は不審な人がいないかチェックする。

自分でできる防犯対策はホームセキュリティを導入している場合でもぜひ心がけたい習慣です。

警戒していることが分かるだけでも防犯対策になるので、夜間の帰宅時やマンションに入るとき、エレベーターに乗るときなど、周囲に注意を払うといった対策が大切です。

「怪しい」「ちょっと怖い」と不安を感じたら、マンションに入らずしばらく様子を見る、または近くの交番に避難するなどして、危険を回避するようにしましょう。

大きな音、光の出る防犯グッズが便利

自分でできる防犯対策では特に大きな音がする防犯グッズ光を発する防犯グッズがあると便利です。

万が一のときも不審者は大きな音に驚いてその場を立ち去る、光をあてられることに抵抗を感じやすいのでLEDライト付きの防犯ブザーなどを持ち歩くと良いでしょう。

まとめ:賃貸マンション、アパートでもホームセキュリティ防犯対策がおすすめ

マンションやアパートでも防犯意識の高まりから防犯カメラを設置しているところが増えていますが、防犯カメラがあるから、オートロックがあるから安心ではなく、自分で自宅の防犯対策をしておくとより安心です。

ご紹介したように、賃貸マンションやアパートでも壁に傷をつけずに設置できる「据え置きタイプ」の機器もあるので、現状回復のことが気になる方はこういった機器を使うことでホームセキュリティを利用できます。

侵入検知、玄関先でのしつこい押し売り、緊急時の通報など、マンション・アパートでもホームセキュリティがあると防犯対策や緊急時でも「誰かが駆け付けてくれる」という安心感があるので、マンションだから設置しても意味がないということはありません。

賃貸マンション、アパートでもホームセキュリティでしっかり防犯対策を行い安全対策をとっておくことをおすすめします。

参考 初めてのホームセキュリティ比較!おすすめ会社ランキングSelect-Point