アルソックのホームセキュリティは解約できる?解約方法や解約金について調査しました!

アルソックは綜合警備保障株式会社が提供する個人宅向けのホームセキュリティです。

せっかくアルソックのホームセキュリティを契約したのに、転勤などの引越しや、予算の都合など事情があって解約しなければならないこともありますよね。

また、契約前に解約のことをしっかり調べておきたいということもあると思います。

アルソックのホームセキュリティは解約ができるのか?また解約時の手続きや必要なお金(解約金)についても調査してみました!

参考 アルソックのホームセキュリティの評判は良い?悪い?口コミを調べてみた!Select-Point

アルソックのホームセキュリティの契約期間や縛り

アルソックのホームセキュリティには、5つのプランがあります。

これらのプランごとに契約期間や縛りがあるのかを調査してみました!

すると、以下のようにそれぞれ契約期間が設定されていることがわかりました。

■アルソックのホームセキュリティ各プランの契約期間

ホームセキュリティBasicHOME ALSOK Premiumアパート・マンションプランみまもりサポートるすたくサービス
サービス概要基本的なホームセキュリティプランより高度なホームセキュリティアパートやマンションに特化したプランシニア世代のみまもりサービス留守宅や空き家のセキュリティプラン
契約期間5年5年5年2年1年単位の契約
更新1年単位で自動更新1年単位で自動更新1年単位で自動更新1年単位で自動更新

各プランの契約期間については公式サイトに以下の記載がありました。

【ホームセキュリティBasic、HOME ALSOK Premium】
5年契約です。その後、1年単位での自動更新となります。
【HOME ALSOK みまもりサポート】
2年契約です。その後、1年単位での自動更新となります。

引用元:よくある質問│ホームセキュリティ・みまもりのALSOK

また、公式サイトに記載の無かった【るすたくサービス】についてはコールセンターへ確認してみました!

るすたくサービスは契約期間は決まっていますか?
るすたくサービスについては縛りと言いますか、1年単位で契約をしていただくものになります。

アルソック担当者

るすたくサービスに関しては1年ごとに契約をしていくようですね!

アルソックのホームセキュリティの解約方法・解約費用

ここからは、アルソックのホームセキュリティの解約について詳しく説明していきます!

アルソックのホームセキュリティの解約に必要な手続きは?

アルソックのホームセキュリティの解約は書面での手続きとなるようです。

解約希望の意思表示と、解約日を記載した書面の提出が必要とのことです。

また、アルソックの法人契約では3ヵ月前に解約希望の旨を申請するよう公式サイトに記載がありました。

個人宅のホームセキュリティの契約については申請期限などについての記載はありませんでしたが、恐らくこの条件は大きく変わらないと思われます。

基本的には早めに解約申請を進めたり、早い段階でコールセンターなどへ相談するのがお勧めです。

解約の意思を3ヵ月前までにALSOKへご連絡ください。

引用元:法人のお客様|防犯対策のアルソック【ALSOK 東海綜合警備保障】

アルソックの解約にはお金(解約金/違約金/機器撤去費用)がかかる?

アルソックのホームセキュリティ解約時にかかるお金を調べてみた!

ホームセキュリティの解約時には、解約金や機器撤去費用などがかかることが多いです。

アルソックのホームセキュリティの解約金・違約金について調査してみたところ、公式サイトに以下のような記載がありました。

契約期間中の途中解約については、解約金をお客様にご負担いただく場合がございます。

引用元:よくある質問│ホームセキュリティ・みまもりのALSOK

各プランの契約期間の途中で解約する場合は、解約金や違約金がかかるようです。

また、機器撤去費用についても確認してみたところ、こちらも解約時に必要になるようです!

以下はアルソックの法人契約についての決まりです。

撤去費用がかかることが記載されています。

個人向けのホームセキュリティ契約でもこの条件は大きく変わることはないと思われます。

契約期間満了による解約については、解約金は必要ありません。

契約期間中(5年未満)の中途解約については、解約金をお客様にご負担いただきます。

なお、いずれの場合も機器撤去費用がかかります。

引用元:法人のお客様|防犯対策のアルソック【ALSOK 東海綜合警備保障】

アルソックのホームセキュリティ解約時にかかる費用は以下のようになります。

解約時にかかるお金まとめ

■契約期間途中での解約

 解約金(違約金)+機器撤去費用

■契約期間を満了している場合の解約

 機器撤去費用のみ

解約時にお金(解約金/違約金/機器撤去費用)はなぜかかるの?

解約金・違約金はなぜかかるの?

アルソックのホームセキュリティ解約について、契約途中の解約は解約金(違約金)がかかると説明しました。

そもそもなぜ、ホームセキュリティの解約時に解約金(違約金)が必要なの?と思いますよね。

その理由について説明します!

まず、ホームセキュリティには警備を操作するコントローラーやセンサーなど様々な機器が必要です。

レンタルしている場合などは、これらの機器のレンタル代金を月額費用に含んでいることが多いのです。

そうなると、契約期間内に解約される場合、機器代金などを回収することができなくなってしまいます。

そのため、中途解約の場合には残りの契約期間から解約金(違約金)を計算して請求されることが多いのです。

なお、機器を購入していた場合、月額料金はその分安くなっていますが、中途解約の場合はそもそも途中で契約を破棄する形になってしまうので、こちらも解約金(違約金)という形で費用がかかることが多いです。

機器撤去費用はなぜかかるの?

ホームセキュリティを解約する際には、センサーやコントローラーなど、壁や天井に設置した機器の取り外しが必要になります。

そのため、契約途中の解約でも、契約期間を満了している場合の解約でも、機器の撤去作業が必要な場合は機器撤去費用がかかってしまうのです。

解約時にかかるお金の金額を確認する方法は?

解約金にかかるお金(解約金・違約金・機器撤去費用)の金額をあらかじめ確認しておきたい…なんてこともありますよね。

 

詳しい金額について確認する方法があるのかを調べてみました!

主に以下の2つの方法で金額を確認できることがあるようです!

  1. 重要事項説明書を確認する
  2. 見積時に担当者に確認する
確認方法1:重要事項説明書を読む

重要事項説明書とは、契約時にかならず渡される書類です。

公式サイトなどを調べていたところ、アルソックで以前提供されていた別の見守りサービスの重要事項説明書を確認することができました!

以下のように解約金・違約金の計算方法についても記載がされていました。

ご契約者様がサービス提供期間(更新後のまもるっくサービスの提供期間を除きます。)満了より前の
日を解約日として本契約を解約したときまたはALSOKがサービス提供期間の中途をもって本契約を解
約したときには、次の算式により算出した額を解約金としてALSOKに支払うものとします。

月額サービス料金(消費税を除く)×解約日が属する月の翌月から起算して契約満了月までの月数×
0.33”

引用元:まもるっく 規約 重要事項説明書 (Web申込用)

重要事項説明書には契約に関する事項全てが記載されています。

つまり、アルソックのホームセキュリティの重要事項説明書にも、上記のように必ず解約金・違約金について記載されています。

契約時にしっかりと重要事項説明書に目を通すようにしましょう。

確認方法2:見積時に確認する

契約前にあらかじめ解約時にかかる費用を確認しておきたい場合は、見積時に担当者へ確認してみましょう。

解約金・違約金・機器撤去費用については、

・設置されている機器

・契約するプラン

・解約時に契約期間がどれくらい残っているか

がポイントになるため、あらかじめ明確な金額を調べておくことは難しいでしょう。

しかし、ある程度の金額の幅は提示してもらえる可能性もあります。

見積時は少しでも不安がある場合はしっかり解消できるように担当者に質問をしておくのがおすすめです。

解約時にトラブルにならないようにするには?

ホームセキュリティの解約の際には解約金や解約のタイミングなどでトラブルが起きやすいことがわかりました。

これらのトラブルを避けるためにはどのような点に注意しておけば良いのでしょうか。

ホームセキュリティの解約トラブルを避けるポイントを紹介します♪

見積時・契約時には解約に関することもしっかり質問しておく

見積を依頼する時や契約時には解約のことなんてあまり考えていませんよね。

でも、アルソックのホームセキュリティは複数年契約となるプランも多く基本的には長期間利用していくものになります。

そのため、引っ越しなどの可能性についても考えておいた方が良いのです。

  • 解約はどのような手続きが必要か
  • 解約はどれくらい前に申請しなければいけないのか
  • 解約時にかかる費用について

解約することになって「知らなかった!」「聞いていなかった!」とならないためにもこの3点については必ず確認しておくようにしましょう。

見積時・契約時に担当者の話をメモしておく

見積時や契約時などに解約について担当者へ質問したら、その回答はメモを取っておくと良いでしょう。

メモを取っておけば、忘れてしまったり、記憶していたことと違う…というトラブルを防ぐこともできます。

担当者の説明や回答のメモはしっかり契約時の書類と一緒にしまっておくことをおススメします♪

重要事項説明書をしっかりと確認する

重要事項説明書には、契約に関する取り決めが全て記載されています。

もちろん解約に関する事柄も全てです。

そのため、契約時には必ずこの重要事項説明書で解約時の手続きや費用についての項目を読んでおくようにしましょう。

解約が決まった場合は早めに相談する

解約をすることが決まった場合、できるだけ早く手続きを進めることをおススメします。

手続きがわからなかったり、解約の可能性はあるけれど具体的な日にちまでは決まっていない…という時にはアルソックのコールセンターへ相談しておくのも良いでしょう。

アルソックのコールセンター

0120-39-2413

※年中無休24時間365日受付

解約金を提示されたらしっかり詳細(内訳)を確認する

解約の手続きを進めて、解約金や違約金、機器撤去費用についての請求があった場合はかならずその内訳を確認しましょう。

解約金や違約金は、プランの利用料金と残存契約期間をもとに計算されることも多いです。

どのようにその金額が算出されたのか確認しておくことで納得して解約金を支払うことができます。

アルソックのホームセキュリティの解約まとめ

アルソックのホームセキュリティはプランによって契約期間が決められています。

そのため、中途解約をする場合は解約金(違約金)が必要になることがわかりました。

また、契約期間を満了していても、機器撤去費用は必要になるようです。

解約手続きの方法や、解約時にかかる金額をしっかり把握しておくことで、解約時の思わぬトラブルを防ぐことができます。

ホームセキュリティは長期にわたって家族や家を守ってくれるサービスです。

すぐに解約する可能性が無かったとしても、解約の時のことをふまえて見積や契約時に確認をしておくことがとても大切になります。

解約についての情報をしっかりと確認しておけば、より安心してホームセキュリティを利用することができますよ♪