賃貸でもできる防犯対策!侵入・空き巣対策におすすめの賃貸防犯対策とは

近年、賃貸向けの防犯アイテムが急増しています。

その理由は「賃貸マンション、賃貸物件の防犯対策をしっかりしたい」という意識が高まっていることが理由の1つとして挙げられます。

ここでは、賃貸物件での防犯対策の必要性、防犯対策について詳しくご紹介していきたいと思います。

賃貸マンション・アパートでも防犯対策は必要

賃貸マンションやアパートといった物件では防犯面を考慮された物件が多く広まっていることから、オートロックやエントランス部分に防犯カメラがついている物件が増えています。

オートロックや防犯カメラがついていると不審者対策に効果的というイメージから安心しがちですが、最近ではオートロックがついているからといって安心ではないという意識が高まっています。

それはなぜなのかについてここで見ていきたいと思います。

オートロック、防犯カメラがあっても侵入被害に遭うこともある

賃貸マンションでオートロック、防犯カメラがあれば安心ではないということはどういうことなのでしょうか。

その理由にはこういったことが挙げられます。

オートロック、防犯カメラがあっても防犯対策が必要な理由
  • オートロックは「すり抜け」されてしまうこともある。
  • 防犯カメラは24時間監視でない、共用部分のみの場合が多い。

オートロックは共有部分のドアを通過するときに開錠しないといけないので、物件に住んでいる方以外は入れない仕組みになっていますが、ドアが開いている時間内であれば関係者以外の人も簡単に入ることができてしまいます。

また、防犯カメラは24時間監視体制のところばかりではなく、共用部分のみで個々の住居部分までカバーされているわけではないので隙を見つけて侵入されることも考えられます。

賃貸マンション、アパートでオートロックや防犯カメラがあってもこういった理由から個々の入居住戸での防犯対策が必要ということなんです。

マンションの侵入は玄関、窓からの侵入が多い

マンションでの侵入被害は施錠していない玄関や窓からの侵入が多いと言われています。

賃貸マンションで侵入されやすい場所にはこういった特徴があります。

賃貸マンションで侵入されやすい場所
  • 施錠していない玄関、窓
  • 人通りの少ない夜間、死角になりやすい場所にある玄関、窓
  • ベランダづたいによる侵入

オートロックや防犯カメラなどの防犯設備が整っている物件だと「マンションの防犯対策ができているから」と安心しがちですが、そういった隙を侵入者に狙われることもあるので気を付ける必要があります。

オートロックや防犯カメラといった設備がある物件でも、居住者自身が防犯対策をしていないと玄関ドアや窓からの侵入被害に遭うこともあるので、賃貸マンション・アパートでも防犯対策をすることが大切なんですね。

最上階の物件でも侵入被害に遭うケースもあるので要注意!

賃貸マンションに入居している方の中でも、最上階に住んでいるから大丈夫、と安心している方も多いかもしれませんが、実は最上階の物件に窓から侵入されたという事例もあるため注意が必要なんです。

なぜ侵入できるかというと侵入する方法は、屋上から侵入する方法で、エントランスを抜けて誰でも屋上に入れる物件の場合は最上階でも入居者自身の防犯意識や防犯対策が必要ということなんですね。

屋上階に住んでいる場合は屋上への入り口がどこにあるか、施錠の有無を確認しておくことも防犯ポイントになります。

2階以上の物件では一度に複数の入居者が被害に遭うこともあるので要注意!

最上階でも屋上から侵入されることがあることをお話ししましたが、2階以上の場合も防犯対策をしておくことが大切です。

2階以上でも玄関の施錠をしていない家に侵入し、さらにベランダから隣接した入居者宅に侵入し一度に複数の入居者が侵入被害に遭うといったケースもあります。

マンションは2階以上であれば窓からの侵入被害に遭いにくいといわれていますが、他の住戸が玄関の施錠をしていないことで窓からの侵入被害に遭ってしまうこともあるので注意が必要なんですね。

2階以上の物件でも防犯対策をしっかりしよう!
2階以上の物件でも玄関ドアの未施錠による侵入や屋上からの侵入といったケースもあるので注意が必要なんですね。
賃貸マンションで2階以上に住んでいる場合でも入居者自身で防犯対策をしっかり行って侵入被害を未然に防ぎましょう。

賃貸マンション・アパートでできる防犯対策

賃貸マンションやアパートでオートロックや防犯カメラといった防犯設備が整っている物件でも、入居者自身で防犯意識を持って対策を取ることが大切であることをお話ししてきました。

では、どういった防犯対策を行えばよいのか知りたい!と具体的な防犯対策が分からないという面もありますよね。
ここでは、賃貸マンション・アパートでできる防犯対策についてご紹介します。

1.補助錠を付ける

賃貸マンションでは1ドア2ロックを基本にしておくと安心です。

留守中に玄関ドアをピッキングされた場合でもロックを2重にしておけば安心ですし、窓からの侵入もロックを2重にしておけば侵入されにくくなります。

2.防犯フィルム、窓やぶり防止フィルムを貼る

窓からの侵入は、窓を割って鍵を開錠して侵入するケースが多いといわれていますが、窓ガラスには防犯フィルムや窓やぶり防止フィルムといった窓を割れにくくするフィルムが効果的です。

窓からの侵入は侵入者にとって時間がかかればかかるほど諦めやすいといわれているので、窓ガラスを割れにくくすることは防犯対策にとても効果が高いです。

ポイントは一部分だけでなく全面に貼ることで窓やぶりを防止できるので、貼る場合は全面に貼るようにしましょう。

防犯フィルム製品一例:
3M(スリーエム)取り扱い防犯フィルム(CPマークつき)
サイバーレップス取り扱い防犯フィルム(CPマークつき)
リケンテクノス取り扱い防犯フィルム(CPマークつき)

施工は業者に依頼することも可能

防犯フィルムの貼り付けは自分で行うこともできますが、どうやって貼り付けたら良いか分からない、失敗したくない、と慣れない作業に不安を感じることもありますよね。

防犯フィルムの貼り付けを施工してくれる業者もあるので、気になる方は一度管理会社に防犯フィルムの貼り付けを検討していることを相談してみると良いでしょう。

防犯フィルムメーカー、施工店の例:
3M(スリーエム)取り扱い防犯フィルム(CPマークつき)、施工店

防犯フィルム、窓やぶり防止フィルムの取り付けポイント

自分で貼り付ける場合のポイントにはこういった点を押さえて作業すると良いでしょう。

作業のポイント

  • 貼る前に中性洗剤(※)でガラスの汚れをしっかりふき取る。
  • 上からゴムベラで上下・左右に空気を押し出すように貼り付ける。
  • 気泡が入ってしまった場合は針などで小さく穴をあけて気泡を押し出す。
  • 貼った後は密着するまでしばらく放置しておく。

※水道水に中性洗剤を2~3滴入れた洗浄液を作り、ガラスの汚れをしっかりふき取ります。

フィルムを貼る前に軽くフィルム面に吹き付けると空気が入りにくくなり貼り付けやすくなります。
(フィルムによっては水滴を吹き付けることが適さない場合もありますので、購入時に確認してみる、説明書を確認してから行ってください。)

3.開閉センサーを取り付ける

玄関ドア、窓の開閉センサーを取り付けることで窓が開いたときにブザーで警告音を鳴らし不審者に侵入を諦めさせることができます。

侵入者にとって避けたいことには「明るい光(強い光)」と「大きな音」があると言われています。

大きな音がすると周りに気づかれる、姿を見られる可能性が高くなるので侵入を諦めやすくなります。
開閉センサーで警告音を出すことで侵入を防ぐことができるのでぜひ使いたい防犯対策です。

4.防犯ブザーを身近なところに置いておく

防犯ブザーは防犯対策の中でもコストをかけずに取り入れやすい防犯対策の1つで、日ごろから外出時に持ち歩いておくと安心です。
大きな音を出すことで不審者を寄せ付けない、LEDライトつきの防犯ブザーであれば強い光で警戒させることができるのでぜひ常備しておきたいですね。

特に女性の通勤・通学や帰宅時には常備しておきたい防犯グッズです。

防犯ブザーは建物を傷つけることもなく、簡単に用意できるので各部屋に1つずつ常備しておく、就寝時にベッドの横に置いておくといったことも防犯対策になります。

防犯ブザー選びのポイント例:
公益財団法人全国防犯協会連合会
大阪府警察「防犯ブザーを持ちましょう」

防犯ブザーは一番手軽な防犯対策

賃貸マンションでは防犯フィルムや2重ロックといった防犯対策もできますが、管理会社の許可がないと施工できない面もあり、どの物件でもできるというわけではありません。

防犯ブザーは誰でも手軽に取り入れられる防犯グッズなのですぐにでも取り入れたい防犯対策の1つです。

5.モニターカメラ(防犯カメラ)を取り付ける

自宅の様子を監視できるモニターカメラを取り付けて外出先からも自宅の様子を見て異常を確認する方法もあります。

モニターカメラは建物に傷をつけない据え置きタイプのもので自分で設置できるものが多く販売されているため、賃貸マンションでも利用することができます。

外出先でもスマホから自宅の様子を見ることができるので、出張が多い一人暮らしの方や仕事で帰宅が遅い方、子どものお留守番時の見守りで利用する方も多い防犯グッズです。

モニターカメラってどんなもの?

モニターカメラについてはこちらの記事でご紹介しているので、どんな機能があるのかについて参考にしたい方はこちらの記事をぜひご覧ください。

自作ホームセキュリティをご紹介!お金をかけずに格安で防犯対策できる!

防犯対策用品はホームセンター、ネット通販、家電量販店で購入できる

ご紹介した補助錠、防犯フィルム、開閉センサー、防犯ブザー、モニターカメラ(監視カメラ)はホームセンター、ネットショップ(楽天市場、amazonなど)、家電量販店、施工業者などで購入することができます。

施工を依頼する場合は家電量販店や専門業者から購入する方が相談しながら購入、施工を依頼できるのでおすすめです。

防犯フィルムを貼る場合は管理会社に確認

先ほどご紹介した防犯フィルムや屋外に設置するセンサーライトといった防犯設備は建物や窓に直接施工するため、自身の判断で勝手に施工してしまうと退去時に管理会社とトラブルになることもあります。

賃貸マンションはあくまで管理会社が建物を管理しているため、防犯フィルムを貼りたい、センサーライトを取り付けたいなど、建物に取り付けるタイプの防犯グッズを利用する場合は自己判断で勝手に取り付けることは避けたいところです。

防犯フィルムなどを貼りたい場合は、施工する前に管理会社に相談して取り付けても良いかどうかを確認してから行いましょう。

賃貸マンションでも利用しやすい防犯対策

防犯フィルムのように建物や設備に施工するタイプの防犯グッズは賃貸マンションでは利用しづらい面もありますが、建物に傷をつけずに自分で設置できる防犯グッズにもいろんな種類があります。

自分で取り付けられる賃貸マンション向けの防犯グッズについてはこちらの記事でも詳しくご紹介しているのでぜひ参考にしてみてください

自作ホームセキュリティをご紹介!お金をかけずに格安で防犯対策できる!

賃貸物件で意識したい防犯ポイント~物件選びから入居後まで~

賃貸マンションの防犯対策についてご紹介してきましたが、入居後にできる対策だけでなく、入居前に知っておきたい防犯ポイントについて知っておくと物件選びの時点で防犯対策を意識して物件を探すことができます。

ここでは、物件を選ぶときの防犯対策ポイント、入居後の防犯対策ポイントについてご紹介していきます。

物件を選ぶとき

防犯対策はできれば物件を選ぶときから意識しておくと空き巣や侵入被害に遭いにくくなるため良いですね。

物件選びで見ておきたい防犯ポイントにはこういったポイントがあります。

物件選びで見ておきたい防犯ポイント
  • オートロックつき、監視カメラはついているかどうか。
  • 2階以上の物件を選ぶ。
  • どんな人が住んでいるか(学生、女性・男性など)。
  • 建物周りの隣家との距離はどのくらいあるか。
  • 玄関、ベランダが死角になる場所にないか。

オートロック、防犯カメラ、その他の防犯設備をチェック!

オートロックがついていても玄関先で死角になる場所はないか、防犯カメラは24時間監視体制か、万が一のときは駆けつけてくれる警備会社と提携しているか、といったことをチェックしておくとどんな防犯体制があるか分かるのでチェックしておきましょう。

侵入者にとって「入りやすい」物件、場所を避ける

2階以上、最上階よりも1階下を選ぶと侵入者に狙われにくくなるので良いでしょう。

ただし、玄関が未施錠で侵入された場合、2階以上でも他の入居者も被害に遭うこともあるため玄関の施錠はきちんとしておきましょう。

周りの建物との距離、死角になる場所がないかチェック!

マンション周りの建物との距離が近い、周りに高層階のビルや建物があってマンション周りに隠れる場所や死角ができやすいといった場合は、侵入被害に遭いやすくなります。

隠れる場所があると、侵入するための作業をしやすくなるだけでなく、オートロックのすり抜けや待ち伏せをされるといったこともあるので、周りの建物との距離、死角になる暗い場所がないかといったことも見ておきましょう。

物件に住んでいるとき

物件選びで防犯ポイントを意識して物件を選んだ後でも、入居中に自分で防犯対策を意識して過ごすことも大切なポイントです。

入居後に意識しておきたい防犯ポイントにはこういったポイントがあります。

入居後に意識したい防犯ポイント
  • 郵便ポストには鍵をつけておく。(郵便物を溜めない)
  • 表札に名前を書かない。
  • 帰宅したらすぐに施錠する。
  • インターホンが鳴っても外の様子まず確認する。
  • 建物に入る前に不審者がいないか確認する。

郵便物、表札で個人名・性別を特定される場合もある

郵便ポストは勝手に開けられないように鍵をつけておく、郵便ポスト、玄関先には表札をつけないといったことで個人名、性別が特定されないようにすることも大切です。

特に女性の一人暮らしだということが分かると侵入被害のターゲットになることもあるので、一人暮らしの場合は郵便ポストに鍵を付ける、郵便物を溜めない、表札はつけないといったことに気をつけましょう。

施錠する習慣をつける(玄関、窓)

特に多いのは玄関、窓の未施錠による侵入被害なので、鍵をかける習慣をつけておくことが大切です。

実家暮らしのときに玄関や窓に施錠する習慣がなかったという方も多いかもしれませんが、一人暮らしを始めたらすぐに施錠する習慣をつけることが防犯対策では大事です。

一人暮らし世帯は侵入被害のターゲットになりやすいので、学生マンション、単身者専用マンションでは特に注意しておきましょう。

普段から気を付けたい行動

マンションや建物に入るとき、在宅中に気を付けたい防犯ポイントについてご紹介しましたが、このこと以外にも外出時や帰宅時で普段から気を付けたいことがあります。

不審者、侵入者は普段からターゲットにする物件(入居者宅)を探しているので普段の行動でも防犯意識を持っておきたいですね。

普段から気を付けたい行動
  • 夜間は暗い道や人通りの少ない道は避ける。
  • イヤホンで音楽を聴きながら、スマホを操作しながら歩かない。
  • 建物に入る前に不審者がいないか確認して入る。
  • 夜間の不要な外出は控える。

周りに無防備にならない

イヤホンで周りの状況が分かりにくくなっていたり、通話しながら帰宅するなど、周りの状況に無防備になっていると狙われやすくなるため後をつけられるといった被害に遭いやすくなります。

玄関先まで人の気配に気づかず侵入被害に遭うといったこともないとはいえないため、音楽を聴きながら、通話しながら、といった周りの気配に無防備になる状況は避けましょう。

建物に入るときは一人で入る

建物に入る前に一緒に入る人がいる場合は入る前に少し時間を空ける、周りを警戒しながら歩くだけでも防犯対策になるので普段から意識しておくと良いでしょう。

もし一緒に入った人がいる場合で不審者と感じた場合はエレベーターは使わず、一度マンションの外に出て様子を見るといったことも1つの方法です。

オートロックで一緒に入ってきた人を不審者だと思って管理人さんに知らせようとしたら、実はその人が管理人さんだった、ということもありますが、防犯面ではそのくらい警戒しておくと良いでしょう。

夜間の外出はできるだけ控える

夜間に出かけることが多いと夜間の不在時間が長くなり、侵入被害のターゲットになりやすくなるため夜間の外出はできるだけ控えることも大切です。

夜間に外出することが多いという方は、テレビをつけておく、タイマーで音楽が流れるようにする、ライトをつけるなど人の気配がある状況を作るのも効果的です。

夜間は侵入被害に遭いやすい時間帯なので、不在時間をできるだけ少なくする、人の気配があるようにしておくといった対策を取っておくと良いでしょう。

賃貸物件向けのホームセキュリティサービスを利用する

ホームセキュリティサービスでは契約期間が基本的に5年契約となりますが、利用目的に応じて2年、4年など短期利用も可能な警備会社があります。

学生の間だけ、留学する予定がある、など2年~4年の短期間で利用したいという方にとっては利用しやすいので良いですね。

ホームセキュリティサービスでは、侵入の自動検知、通報、駆けつけといったサービスがあり、在宅中・外出中の自宅の異変を自動で検知してくれるので、賃貸マンションでもぜひ利用したいサービスです。

賃貸物件でもホームセキュリティは利用可能

ホームセキュリティの使用機器にはいろんな種類があり、賃貸マンションでも利用しやすい「据え置きタイプ」の機器も用意されているので賃貸マンションでもホームセキュリティを利用することができます。

据え置きタイプの機器なら入居後に後付けで設置でき、建物や壁に傷をつけずに設置できるので、賃貸マンションでも利用しやすいといった点があります。

駆けつけサービスについても、オートロックに対応した駆けつけサービスを受けられるので、賃貸マンションでも利用する方が多くなっています。

賃貸物件のホームセキュリティの特徴

ホームセキュリティサービスは戸建て物件にしか設置できない、といったイメージを持っている方も多いかもしれませんが、先ほどご紹介したように賃貸マンションでも利用できるので、ぜひ利用したい防犯対策です。

賃貸物件でも利用できるホームセキュリティサービスにはこういった特徴があります。

賃貸物件のホームセキュリティの特徴
  • 据え置きタイプの機器でホームセキュリティを導入できる。
  • 玄関、窓からの侵入を24時間自動で検知・通報してくれる。
  • オートロックにも対応した駆けつけが利用できる。
  • 共用部分だけでなく自宅の防犯対策ができる。

エントランス部分のオートロックや監視カメラといった共用部分だけの防犯だけでなく、常に自宅の防犯対策ができる点が大きなポイントです。

外出中に自宅に異変があると自動で検知して通報、駆けつけてくれるのは大きな安心ポイントですね。

オートロックや監視カメラがあるから安心とはいえないという意識が広まってきており、賃貸マンションでもホームセキュリティを導入したいという方が増えています。

侵入被害対策にはホームセキュリティがあると安心

侵入被害が最も多いのは戸建て物件と言われていますが、賃貸物件、マンションでも侵入、後をつけられるといった被害に遭うケースもあるため、侵入対策は賃貸物件でもぜひとっておきたい対策です。

オートロックがあるから、防犯カメラが設置されているから安心、ということではなく、特に一人暮らしの方、女性の方、小さいお子さんや高齢者が一人で過ごすことが多い方はホームセキュリティがあると安心です。

ぜひ検討してみましょう。

ホームセキュリティ資料請求は一括請求が便利!

ホームセキュリティの資料請求は一括請求サービスがおすすめです。

一括請求サービスというと営業電話がたくさんかかってくるといったイメージがあるかもしれませんが、ホームセキュリティサービスでは営業電話や訪問営業が来るといったことはないので安心して利用できます。

大手各社はもちろん、ホームセキュリティについて各社のサービス内容を比較でき、対応エリアに絞って請求できるので各社のサービス内容をぜひ参考にしてみてください。

ホームセキュリティの資料請求は無料で使える一括請求が便利!

まとめ:賃貸マンションでも自主的な防犯対策が大切

賃貸マンションの場合、オートロックや防犯カメラなど防犯設備が整っていることが多く、「うちはマンションで防犯対策もできているから大丈夫」と安心しがちですが、実は戸別の住居で侵入被害に遭うこともあるため、防犯対策が大切なんですね。

物件選びの段階で周囲の環境や防犯面をチェックする、入居後も玄関・窓は施錠する、周りに不審者がいないか確認してから入る、など普段から防犯意識を持って備えておくことが大切です。

お部屋では防犯グッズを活用して侵入を防止、インターホンが鳴ってもすぐに出ない、外では郵便ポストに鍵をつける、表札をつけないといった対策を取ることが簡単にできる防犯対策になります。

また、賃貸マンション向けのホームセキュリティサービスを利用することで侵入被害に遭った場合でも、自動で検知して駆けつけてくれるので安心して過ごすことができるのでおすすめです。

興味がある方はぜひホームセキュリティの導入を検討してみましょう。

賃貸マンション・アパート向けのホームセキュリティ大手各社を比較!