ベランダの防犯対策、2階以上でも注意!空き巣から守る方法とは?

マンションに住んでいる方、戸建てで2階建て以上の建物に住んでいる方の中には、「2階以上は空き巣被害に遭いにくい」と思う方も多いと思いますが、実際には2階以上でも窓からの侵入に遭うことがあります。

特に、ベランダからの侵入が多くベランダの防犯対策を考える方もたくさんいらっしゃいます。

ここでは、ベランダからの侵入被害を防ぐための防犯対策について詳しくご紹介していきます。

2階以上でも注意!ベランダからの侵入は意外と多い

マンションや戸建て物件に住んでいる方でも「2階なら窓を開けてても大丈夫」と思いがちですが、実際には2階以上でもベランダから侵入されるケースが多いんです。

特に夜間に侵入被害に遭うことが多いため、窓を開けたまま就寝、というのはマンションでも戸建てでも気を付けたいですね。

ベランダから侵入されやすい例にはこういったことがあります。

ベランダから侵入されやすい例
  • 周りから見えにくく死角になりやすい場所にある
  • 隣家との距離が近い
  • 1階に足場になりそうなものが置いてある
  • 旅行や出張などで留守にしていることが多い
  • 深夜の外出が多い

ベランダは2階以上に設置されていることが多いため、侵入被害に遭いにくいイメージがありますが実際には侵入しやすい要素が多く注意したいポイントなんですね。

ベランダからの侵入は窓やぶりによるものが多い

ベランダからの侵入はベランダ→窓からの侵入といったルートを辿るため、空き巣や侵入被害は「窓やぶり」によるものが多くなっています。

窓やぶりという手口は、窓に手が入る分の穴をあけて施錠されている鍵を開けて侵入する手口で、空き巣や侵入被害に遭う場合はこの手口がとても多いといわれています。

窓やぶりには焼き破り、こじ破り、打ち破りがある

ガラスを火で加熱して割る「焼き破り」、ドライバーなどで窓を割って入る「こじ破り」といった手口は音が出にくく、特に焼き破りは音が出にくいことから多く使われている手口となっています。

中には音が出ても気にしない「打ち破り」という物を投げ込んで窓ガラスを割るといった手法を使う場合もあり、侵入できる場所があれば何らかの手法で侵入されることがあるので気を付けたいですね。

2階以上のお部屋でも足場があったり、人から見えにくい場所だとこういった何らかの手口を使って侵入されやすくなるので、防犯対策はぜひ行っておきましょう。

ベランダの防犯対策その1:ベランダへの侵入を防ぐ

ベランダからの侵入は窓やぶりによるものが多いことをご紹介しましたが、2階以上の侵入を防ぐにはまず「ベランダへの侵入を防ぐ」ことがポイントになります。

ベランダが人目につかない場所にある、物陰や死角になるなどベランダに入りやすいと侵入被害に遭いやすくなるので、まずはベランダへの侵入を防ぐようにしましょう。

ベランダへの侵入を防ぐ方法の例にはこういったものがあります。

ベランダへの侵入を防ぐ方法の例
  • 1階部分、ベランダにセンサーライトを取り付ける。
  • 1階部分、ベランダにダミーの防犯カメラを取り付ける。
  • ベランダに忍び返し金具を取り付ける。
  • 1階部分に砂利を敷いておく。

ベランダへの侵入は「強い光」と「音」と「警戒」でまずアプローチしてみると良いでしょう。
特に光や音というのは目立つため、侵入者にとっては避けたい要素となります。

戸建ての場合は1階部分に砂利を敷く、といった方法も防犯対策の1つになるのでぜひ取り入れてみましょう。

ベランダへの侵入を防ぐ:戸建ての場合

戸建てとマンションではベランダの防犯対策に大きな差はありませんが、戸建て物件では賃貸マンションに比べて壁に穴をあける、ライトを取り付けるなど防犯対策の自由度が高くなる傾向があります。

戸建ての場合のベランダへの侵入対策例
  • 1階部分に砂利を敷く。
  • 1階、ベランダ部分にセンサーライトを取り付ける。
  • 1階、ベランダ部分に人感センサーつきのチャイムを取り付ける。
  • 忍び返しを取り付ける。

戸建ての場合はお庭に砂利を敷いたり、玄関、ベランダ部分にセンサーライトを取り付けたりといったことができるので防犯対策の自由度が広いことがメリットですね。

マンションではエントランス部分にオートロックがついていたり防犯カメラがついている、といった防犯設備が設置されていることも多いですが、戸建ての場合は自分で取り付けたい防犯対策方法を取り入れやすい面があります。

2階に子ども部屋や高齢の家族が過ごしているなど、ベランダの防犯が気になる場合はベランダの防犯対策をしておきましょう。

人感センサーつきのライト、チャイム

お庭やベランダといった特定の場所に人が侵入、センサーが感知したときにチャイムでお知らせしてくれるものもあります。

取り付け方法が簡単なものがあり、屋外でも両面テープで簡単に設置できる製品もあるので取り入れやすいのも良いですね。

人感センサーつきのライトやチャイムは戸建てだけでなくマンションでも利用しやすいのも特徴です。

人感センサーつきのライト製品例
パナソニック「LEDセンサーライト」
リーベックス株式会社「パトロング」

人感センサーつきのチャイム製品例
リーベックス株式会社「スポット人感チャイム」

忍び返しとは

忍び返しというのはどういったものかというと、建物の塀や柵によく取り付けられているトゲ状のものを忍び返しと呼ばれています。

素材はさまざまで木製、アルミ製、ステンレス製、金属製など設置する場所に合わせて選ぶことができます。

また、忍び返しの形状もさまざまなものがあり、目立たないタイプのものからしっかりアピールできる大きな形状のものまで幅広く用意されています。

忍び返しの製品例
四国化成「忍び返しラインナップ」

ベランダへの侵入を防ぐ:マンションなどの場合

戸建て物件でできる防犯対策をマンションでできる場合はぜひ取り入れるのもおすすめですが、マンションでできるベランダへの侵入対策にはこういったものがあります。

マンションの場合のベランダへの侵入対策例
  • ダミーの防犯カメラを取り付ける。
  • タイマーでライトがつくようにしておく。
  • センサーで音がなるものを設置する。
  • センサーで動くものを室内に置いておく。

賃貸物件やマンションの管理会社の方針で壁に穴を開けられないのでセンサーライトを取り付けられない、という場合でも、屋内にタイマー式のライトやセンサーライトを取り付ければ、夜間に人の気配があるとライトが点灯して警戒してくれるので良いですね。

センサーで音楽が流れたり音が出るものを置いておくのも防犯対策になるので、ベランダの防犯が気になる方は設置してみるのもおすすめです。

タイマー式のライト(シーリングライト)

タイマー式のライトやシーリングライトを活用すれば、夜間の外出時でもタイマーでお部屋を明るくできるので侵入者に狙われにくくなります。

お部屋の照明(シーリングライト)にはタイマー設定ができるものもあるので、夜間にベランダのあるお部屋の防犯対策をしておきたい場合はタイマー設定つきの照明を設置するのもおすすめです。

タイマー式シーリングライトの例
東芝ライテック株式会社「ホームライトLEDシーリングライト」

センサーで音が鳴るもの

外にセンサーライトや忍び返しを取り付けられない場合はセンサーで動くものや音が鳴るものを置いておくのも防犯対策では効果的です。

人の動きを検知するとアラームが鳴るだけでなく光を点灯させる、もしくはどちらか一方だけ、といったこともできる製品もあるので、人の動きを検知して音が鳴るものを置いておくと良いでしょう。

センサーで音が鳴る製品の例
リーベックス株式会社「パトロング」(屋内・屋外用)
リーベックス株式会社「スポット人感チャイム」

戸建て、マンションでベランダの防犯対策は若干異なる

戸建て物件の場合は忍び返しやセンサーライトといった建物に直接取り付ける防犯設備を取り付けやすいですが、賃貸物件の場合は原状回復の点から建物に直接設置できないものもあるため、戸建てとマンションでは若干異なる面があります。

賃貸物件でも設置可能な場合もあるので、賃貸物件の場合は一度管理会社に相談してみましょう。

ベランダの防犯対策その2:窓からの侵入を防ぐ

2階以上の侵入対策にはまず「ベランダからの侵入を防ぐ」ことをご紹介しましたが、万が一ベランダへ侵入された場合でも窓からの侵入を防ぐことで空き巣や侵入被害に遭いにくくすることができます。

窓からの侵入を防ぐ方法にはこういったものがあります。

窓からの侵入を防ぐ方法の例
  • 補助錠を取り付ける。
  • ブザーつき開閉センサーを取り付ける。
  • 窓やぶり防止フィルムを貼る。

空き巣、侵入者は窓から侵入しようとした際、作業に5分以上かかると侵入をやめることが多いといわれています。

窓やぶり防止フィルムで窓が割れにくくしておく、補助錠をつけておくことも防犯対策になります。

また、空き巣は大きな音や目立つ状況を避ける傾向があるため、ブザーつきの開閉センサーを付けておくとより良いですね。

開閉センサー製品例
パナソニック「開閉センサー」
リーベックス株式会社「音鳴りくん」

ホームネットワークカメラで外出先でも自宅を監視する

自宅の様子を監視、見守りをしたい方には、インターネット回線を利用したホームネットワークカメラ(監視カメラ)を利用するのもおすすめです。
取り付け、設置も簡単でインターネット回線(※無線接続)があれば簡単に使えます。

ホームネットワークカメラ(監視カメラ)の特徴は、

  • 外出先でもスマホから自宅の様子をチェックできる。
  • 異常があった場合はスマホに通知してくれる。

といった機能があり、外からの侵入を監視するのにおすすめです。

※自宅でインターネット回線を使った防犯カメラを利用する場合は、無線ルーターという無線(Wi-Fi)接続できる機器が必要になります。
無線ルーターはWi-Fi接続するために必要になります。無線ルーターがない場合は家電量販店で5,000円~1万円前後で購入して簡単に接続できるので、設置を検討する場合は一緒に購入しましょう。

インターネット回線、無線接続は難しくない
インターネット回線(無線接続が必要)というと難しいイメージがありますが、実際には無線ルーターの接続はボタン1つでできることが多く、設定は初心者でも簡単にできるので外出先から自宅の様子を監視したい方はぜひ参考にしてみてくださいね。

ホームネットワークカメラの製品例
パナソニック「ホームネットワークカメラ」
日本ホームセキュリティ「防犯カメラ」

在宅中に空き巣被害に気づいたときの対策法

家にいれば空き巣に入られることはない、あまり留守にすることはないから空き巣に入られることはない、と「家に誰かいれば安心」と思われがちですが、実際には在宅中に別の部屋にいた侵入者と遭遇してしまった、というケースもあるので注意が必要です。

「家にいるから安心」ということはなく、家に人がいるときでも人がいない部屋を狙って侵入・空き巣被害に遭うケースも増えているので気を付けたいですね。

在宅中でも特に注意したい状況

  • お子さんのお留守番中
  • 高齢者が一人で過ごしているとき
  • 一人暮らしで入浴中のとき

このようにお子さんや高齢者の方が一人で過ごしているときや一人暮らしでお部屋にいない間に被害に遭い侵入者と遭遇してしまうことも考えられます。

一人で過ごしている間にもしものことを考えるとどうしたら良いか分からないのでちょっと怖いですよね。

そういったときのためにこのような対策を取っておくと安心です。

侵入者に遭遇した場合の対策例
  • 防犯ブザーを常備しておく。
  • 防犯スプレーを常備しておく(熊撃退用のスプレーなど)。
  • 防犯ブザーつきのキッズケータイを携帯しておく。

防犯ブザー、防犯スプレーを活用する

侵入者は大きな音を避ける傾向があるので、防犯ブザーを常備しておく方法は手軽に取り入れやすいのでおすすめです。
外出用に1つ、在宅中でもすぐに使えるようにお部屋の数や住環境に合わせて用意しておくと良いですね。

また、あまり馴染みがないので使いづらい、と感じる方も多いかもしれませんが、防犯スプレーを常備しておくのも1つの方法です。
いざというときに身を守る手段として役立つこともあるので、防犯スプレーを用意しておくとより安心です。

小さいお子さん、子供のお留守番時はキッズケータイを常備する

大人であれば防犯ブザーを鳴らしたり、防犯スプレーを使うことができてもお子さんの場合はいざというとき防犯ブザーや防犯スプレーといった行動をすぐに取れるとは限りません。

お子さんが外出するときに防犯ブザーつきのキッズケータイを携帯することも多くなってきましたが、自宅でお留守番中にもキッズケータイを携帯し、異変を感じたらすぐに誰かにSOSを出せるようにしておくと良いですね。

日ごろから防犯対策について親子で家族で話しておくのも防犯対策になるので、お子さんと一緒に家の防犯について話し合ってみましょう。

自宅に誰かいるときも防犯対策
玄関、窓を施錠していても誰もいない部屋に人が侵入してしまうケースもあるので、家に人がいるときも防犯対策をしておくことが大切です。

防犯ブザーや防犯スプレーの使い方、お子さんのお留守番時の防犯対策について一度話し合ってみましょう。

ベランダからの侵入を防ぐ!物件選びのときのポイント

ベランダからの侵入は2階以上のお部屋で起こるため、2階以上のお部屋を探す場合でも物件選びの段階で「ベランダからの侵入防止」を意識できると被害に遭いにくくなるので良いですね。

一般的に2階以上であれば安心、と言われがちですが、物陰や死角になる場所、特に夜間人目につかない場所は狙われやすいため気を付けたいポイントです。

ベランダからの侵入を防止する物件選びのポイントについてはこういったことがあります。

ベランダからの侵入防止!物件選びのポイント
  • 隣家との距離が離れているかどうか。
  • 物陰や死角になりやすい場所かどうか。
  • 足場になりそうなものはないか。(エアコンの室外機、物置など)

人が入るすき間があれば侵入対策が必要

物件の建物と周辺のビル、隣家との距離が狭い場合は建物づたいに侵入被害に遭う可能性があるためできるだけ避けたいポイントです。

また、狭いすき間は人目につかないことも多く、狙われやすいポイントでもあるので人が入るすき間があれば侵入対策を行うようにしましょう。

ベランダが夜間真っ暗になる、人目につかない場所にある場合は防犯対策

侵入被害は人の動きが少ない夜間に遭うことが多く、ベランダが夜間真っ暗になる、人目につかない位置にあるかどうかもチェックしておきたいポイントです。

センサーライトや忍び返し、開閉センサーといった防犯対策を取ることで侵入対策を行うことができますが、ベランダからの侵入を防ぎたい場合は夜間暗くなる、人目につかないベランダは避けた方が良いでしょう。

2階ははしごがあれば侵入可能な場合もあるので防犯対策

2階の物件なら1階の物件よりも侵入被害に遭いにくい面がありますが、2階ははしごがあればベランダに侵入することも可能なので、ベランダからの侵入を避けたい場合は3階以上の物件を選ぶと良いでしょう。

人目につかない場所、ベランダ周りにはしごを立てるスペースがある場合は2階の物件は避けた方が安心です。

3階以上でも他の入居者宅からベランダづたいで被害にある場合もある

ベランダからの侵入は基本的に1階部分から足場を使ったり何らかの方法で侵入されることを想定しているため、3階以上の物件なら比較的被害に遭いにくいという面がありますが、3階以上の物件でもベランダづたいに侵入されることもあります。

マンションで多いケースですが、玄関ドアの未施錠による侵入被害に遭った家からベランダづたいに他の家に侵入するケースもあり、3階以上の物件でも防犯対策を行っておいた方が良いと言われています。

3階以上なら基本的に被害に遭いにくいですが、万が一のことを想定して忍び返しを取り付ける、開閉センサーを取り付ける、センサーライトを取り付けるなど、侵入を防ぐ防犯対策を行っておくと安心です。

3階以上の物件を選ぶ、3階以上でも防犯対策をすると◎
物件選びでは2階の物件よりも3階以上の物件を選ぶと良いですが、3階以上の場合でもベランダから侵入されるケースもあるため防犯対策を取っておくとより安心です。

まとめ:ベランダの防犯対策は「ベランダ」と「窓」両方の対策を行う

ベランダからの侵入を防ぐ、万が一ベランダに侵入されても窓から侵入できなければ被害に遭うこともないので、ベランダの防犯対策は「ベランダ」と「窓」の両方行っておくと良いということなんですね。

ベランダの防犯対策には「光」と「音」、「物理的なもの」があり、センサーライト(光)やブザー(音)、忍び返しや防犯フィルムなど(物理的なもの)で侵入対策を行うことができます。

戸建て物件か賃貸物件かによって設置できる防犯設備は若干異なりますが、賃貸物件でも防犯フィルムやセンサーライトの取り付けが可能な場合もあるので管理会社に一度相談してみると良いでしょう。

また、2階でもベランダからの侵入は全くないとは言えないため、物件選びの段階で意識してチェックできると被害に遭いにくくなるので物件選びのポイントもぜひ参考にしてみてくださいね。

自作ホームセキュリティをご紹介!お金をかけずに格安で防犯対策できる!