マンションの防犯対策は何が大事?実践ポイントを調べてみました

マンションに入居されている方にとって、防犯設備が整っているマンションは安心感があり、防犯対策はバッチリ!と自宅が守られているように感じるので安心して暮らせますよね。

近年はオートロックや防犯カメラといった防犯設備がしっかり整ったマンションが増えていることから「防犯設備があるから」と安心感を持ちがちですが、実はマンションでも玄関ドアやベランダ、窓からの侵入被害がとても多いんです。

マンションに住んでいても自宅を守るにはどうしたら良いのでしょうか。

ここではマンションで気を付けたい防犯対策について詳しくご紹介していきます。

オートロックがついていてもしっかり防犯対策

マンションでも空き巣被害や玄関ドア、ベランダからの侵入被害に遭うこともあり、オートロックがついているから安心とは言い切れなくなっています。

オートロックは防犯カメラがついていることが多く、不審者が入りづらいシステムになっていますが、それでも住人のフリをして一緒に入ってしまうこともできます。

オートロックがあっても入ってきた人が住人かどうか見分けがつきにくい点が注意したいポイントです。

防犯設備のあるマンションで特に気を付けたい注意点には大きく2つあります。

1.防犯システムが充実したマンションほど意識しよう

新築マンションでは最新の防犯システムが整った物件が多くありますが、防犯設備がしっかりしている物件ほど自宅の防犯対策を意識したいところです。

なぜかというと、防犯設備の整ったマンションに住んでいると「防犯対策はしっかり取れているから」と安心感から自宅の玄関や窓の施錠をうっかり忘れたり、普段の防犯意識が薄れやすくなるといった面もあります。

空き巣や侵入者はこういった点をよく知っているので、新築マンションなどは狙われやすい物件の1つでもあります。

日ごろから自主的に防犯意識をしっかり持つようにしましょう。

2.施錠の習慣をつけよう

初めての一人暮らし、マンションだからと安心感から玄関ドアや窓の施錠を忘れてしまうといったことは多く、施錠の習慣は防犯面でまず意識したいポイントの1つです。

特に初めての一人暮らしの方の場合、実家では施錠の習慣がなかったという方も多いかもしれませんが、一人暮らし世帯は空き巣や侵入被害に遭いやすい傾向があります。

在宅中に玄関ドアから不審者が侵入するケースもあるため、玄関ドアや窓は施錠する習慣をつけるようにしましょう。

防犯設備が整ったマンションでも防犯対策

マンションでは玄関ドアの施錠を忘れがち、2階以上の物件では窓を開けっぱなしにしてしまう、といったことも多く、こういったすき間を狙われることもあるので注意したいですね。

オートロックや防犯設備のあるマンションでも玄関ドアの施錠、窓の戸締りといった基本的な防犯対策は習慣づけておきましょう。

マンションで気を付けたい防犯対策:8つのポイント

マンションでは戸建て住宅よりも防犯設備が整っていることがあり空き巣や侵入といった被害に遭いにくいイメージがありますが、マンションに住んでいる場合でも空き巣や侵入被害に遭うケースも多くあります。

共有部分の防犯対策がしっかりしている場合でも、入居者自身で自宅の防犯対策をしっかり行うことで万が一のときも自宅や家族を守ることができるので対策をとっておきたいですね。

マンションで気を付けたい防犯対策にはこういったものがあります。

マンションで気を付けたい防犯対策
  • 帰宅後はすぐにドアをロックする。
  • 2階以上のお部屋でも窓を閉めて就寝する。
  • ちょっとした外出でもきちんと施錠を行う。
  • マンションに入るときは周りに人がいないか確認して入る。
  • ポストに郵便物を溜めない。
  • 入居時は鍵交換を行う。
  • ネットワークカメラ(監視カメラ)を設置する。

1.入居時は鍵交換

入居申し込みが完了し引っ越しが決まると、入居手続きの段階で鍵交換を行うことが多く、防犯面から交換することが前提条件になっていることもあります。

ですが、鍵交換費は2万円前後するので、初期費用を抑えるために鍵交換をしないという方もいるかもしれませんが前に住んでいた人と同じ鍵を使うのは防犯上避けたいことです。

入居時は初期費用を抑えたいところですが、空き巣被害に遭うと現金や貴重品、パソコンの盗難など大きな被害に繋がることもあります。

鍵交換は必ず行っておきましょう。

2.玄関ドアからの侵入も多い、特に女性は注意!

マンションの場合、1フロアに複数の住居があるため、短時間で施錠していないドアをチェックしやすいといった面があります。

そのため、玄関ドアの施錠忘れによる侵入被害が多く、マンションだから大丈夫、と玄関ドアの施錠を忘れがちですが、実はマンションだからこそ気を付けたい点なんですね。

特に女性の一人暮らしでは玄関に置いてある靴や溜まった郵便物で女性の一人暮らしだということが分かるので、玄関の施錠をしていないと空き巣被害だけでなく在宅中にその他の被害に遭うケースもあります。

帰宅したらすぐに鍵を閉める、郵便物を溜めないということを特に女性は注意するようにしましょう。

3.ちょっとした外出でも施錠をしっかりと行う

ちょっと近くのコンビニに、ごみ捨てに行くだけの時間だけ、など日ごろの「ちょっとした外出」で玄関ドアの施錠をしていないという方も多いのではないでしょうか。

マンションの場合、玄関の施錠をしていなくても何となく安心と思いがちですがそのちょっとした時間を狙って侵入されることもあるので気を付けたいですね。

ちょっとした外出時でも玄関ドアの施錠をする習慣をつけておきましょう。

4.就寝時は窓の施錠を忘れずに行う

2階以上の物件の場合、特に夏の暑い時期には窓を開けたまま寝ている、という方も多いかもしれませんが、これも気を付けたいポイントです。

夜間は人目がつきにくくなることから侵入被害に遭いやすいといわれています。

他の住居に侵入した空き巣がベランダ伝いに侵入してくるといったケースや、誰もいない部屋だけでなく、就寝中の部屋に侵入されることもあるため2階以上のお部屋でもしっかり戸締りをしておくことが大切です。

5.エントランスで一緒に入ってくる人に警戒する

マンションはエントランスからオートロックで入る建物が多いですが、オートロックがある、ないに限らず一緒に入ってくる人がいる場合は警戒しておく方が良いでしょう。

侵入者が建物内に入るタイミングをどこかで見ている可能性もあるため、入るときに一緒についてくる人がいる場合はすぐに自宅に入らない、一度外に出るといった対策を取っておくと安心です。

特に女性の一人暮らしでは気をつけましょう。

6.エレベーターでは不審者に気を付ける

エントランスの部分と続きますが、一緒に入ってくる人がいる場合、すぐに家に向かわないということと、エレベーターを使う場合はすぐにエレベーターに乗らないといった対策を取っておくと安心です。

特に女性や学校帰りのお子さんが狙われることが多く、住人のフリをして一緒に入ってきた人に狙われることもあるため一緒に入ってきた人には日ごろから注意しておきたいですね。

お子さんがいるご家庭ではマンションに入るときに気を付けたいポイントについてお子さんと一緒に話し合ってみるのも防犯対策になるので気を付けたいポイントについて親子で共有してみましょう。

7.ネットワークカメラ(監視カメラ)を利用する

自宅に設置したインターネット回線からWi-Fi接続して利用する「ネットワークカメラ」を利用するのも防犯対策の1つです。

ネットワークカメラ(防犯カメラ)はスマホで外出先からお部屋の様子を見られるので留守中の自宅の様子やお子さんの見守りなどに役立つので便利です。

ネットワークカメラの機種、価格は5,000円~30,000円前後と幅広く、1万円以内のものでも画質が良く高性能のネットワークカメラもあります。

ホームネットワークカメラの製品例
パナソニック「ホームネットワークカメラ」
日本ホームセキュリティ「防犯カメラ」

ネットワークカメラについてはこちらの記事で詳しくご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

自作ホームセキュリティをご紹介!お金をかけずに格安で防犯対策できる!
マンションの防犯対策は施錠・不審者対策が大切

マンションでは入居者自身が玄関、窓の施錠を行うこと、共有部分の不審者対策が大きなポイントになります。

特に、鍵の閉め忘れによる空き巣、侵入被害が多いため帰宅後はすぐに玄関ドアを施錠することを心がけましょう。

8.マンション向けのホームセキュリティを利用する

自宅にネットワークカメラを設置して自分で監視する方法もありますが、より安心できるシステムが「ホームセキュリティサービス」です。

ホームセキュリティというと戸建て物件しか利用できないイメージがあるかもしれませんが、マンション(賃貸でもOK)でも利用できる機器・サービスが用意されています。

ホームセキュリティの大きな特徴にはこういったものがあります。

ホームセキュリティの特徴
  • 24時間異常を自動検知、通報してくれる。
  • 警備員がすぐに駆け付け、対処してくれる。

こういった大きな2つのサービスで自宅の安全をサポートしてくれます。

もしものときも「駆けつけ」サービスがあるので外出中でも安心して過ごせる点が大きなメリットです。

ホームセキュリティ資料請求は一括請求が便利!

ホームセキュリティの資料請求は一括請求サービスがおすすめです。

一括請求サービスというと営業電話がたくさんかかってくるといったイメージがあるかもしれませんが、ホームセキュリティサービスでは営業電話や訪問営業が来るといったことはないので安心して利用できます。

大手各社はもちろん、ホームセキュリティについて各社のサービス内容を比較でき、対応エリアに絞って請求できるので各社のサービス内容をぜひ参考にしてみてください。

ホームセキュリティの資料請求は無料で使える一括請求が便利!

マンションで空き巣、侵入といった防犯対策を行いたい場合は、壁に傷をつけない、異常を自動で検知して通報してくれるホームセキュリティがおすすめです。
マンション向けのホームセキュリティについてはこちらの記事で詳しくご紹介しているのでぜひ参考にしてみてくださいね。

賃貸マンション・アパート向けのホームセキュリティ大手各社を比較!

専用庭がある場合はセンサーライトで防犯対策

マンションの1階の住戸に専用庭がついていることもありますが、専用庭からの侵入が心配という方も多いでしょう。

専用庭がある場合は、人感センサーがついたセンサーライトを設置しておくと夜間でも人の気配があるとすぐに気づくことができるので安心です。

空き巣や侵入者は明るい場所や目立つ場所を避ける傾向があるので、専用庭がある住戸ではセンサーライトの設置がおすすめです。

人感センサーつきのライト製品例
パナソニック「LEDセンサーライト」
リーベックス株式会社「パトロング」

玄関ドア・窓の防犯対策は防犯フィルム、開閉センサー

マンションでは入居者自身で自宅の防犯対策を行うことが大切だということについてご紹介してきましたが、玄関ドア、窓の施錠をしっかり行うことで空き巣や侵入被害に遭いにくくなります。

万が一、施錠忘れで窓から空き巣に侵入されそうになっても防犯対策を行っていれば被害を未然に防ぐことができるので安心です。

ここでは玄関ドア、窓の侵入対策に効果的な防犯対策を2つご紹介します。

窓に防犯フィルムを貼って窓やぶり防止対策

マンションだから窓からの侵入はないだろう・・・と思いがちですが、実はマンションでも窓からの侵入の被害に遭うケースが多いため、侵入されない対策を取っておくことが大切です。

中でも施錠していても侵入される「窓やぶり」による被害も多く、施錠していても安心とは言えないこともあります。

窓やぶり対策には、窓に防犯フィルムを貼って窓やぶり防止対策を行っておくと良いでしょう。

また、隣の部屋の玄関が無施錠で侵入されベランダづたいに窓から侵入されることも考えられます。
このように周りの住戸から侵入される可能性もあるので、窓からの侵入対策として窓やぶり防止フィルムを貼っておくと安心です。

防犯フィルム製品一例:
3M(スリーエム)取り扱い防犯フィルム(CPマークつき)
サイバーレップス取り扱い防犯フィルム(CPマークつき)
リケンテクノス取り扱い防犯フィルム(CPマークつき)

ブザーが鳴る開閉センサーで玄関ドア、窓の防犯対策

施錠していても玄関ドアをピッキングされて侵入されたり、窓やぶりによる侵入もあるため、ブザーが鳴る開閉センサーを設置しておくとより安心です。

開閉センサーを取り付けていれば窓の施錠忘れがあったときでも、異常をブザーで周りに知らせてくれるので防犯対策に効果的です。

開閉センサー製品一例:
パナソニック「開閉センサー」

空き巣・侵入の防犯対策、ホームセキュリティなら安心カバー
玄関ドア、窓からの侵入には防犯フィルム、開閉センサーが取り付けやすい方法ですが、自分で取り付けるのに自信がない、もしも被害に遭ったらどうしよう、と心配な方も多いと思います。

そんな場合は、ホームセキュリティなら気になる防犯対策を全面的にカバーしてくれるのでおすすめです。

空き巣や侵入被害を24時間検知、異常が発生したときは駆けつけサービスもあるので在宅中、外出中のどんなときでも安心して過ごすことができます。
興味のある方はどんなサービス内容があるのかぜひ見てみてくださいね。

ホームセキュリティの資料請求は無料で使える一括請求が便利!

窓やドアに防犯対策を行う場合は管理会社に確認しておく

マンションでも防犯対策をしておくと空き巣や侵入被害に遭いにくくなるのでぜひ防犯対策は行いたいところです。

しかし、窓やドア、共用部分に接する部分に防犯フィルムやブザー付きの防犯機器、センサーライトなどを取り付ける場合は念のため管理会社に確認しておくと良いでしょう。

特に賃貸マンションでは原状回復、管理会社の運営・管理上による事情で相談が必要な場合もあります。

施工前に管理会社に相談しておこう!

賃貸マンションの場合はこのように原状回復の点で管理会社に懸念されることもあるかもしれませんが、防犯対策は大切なことなのできっと相談に乗ってくれるでしょう。

管理会社から提案をいただくこともあるため、まずは気になる防犯対策について相談してみましょう。

後々で退去時のトラブルや建物のキズ・損傷などでトラブルにならないためにも念のため確認しておくことをおすすめします。

まとめ:マンションの防犯対策は玄関ドア、窓からの侵入に備えよう

マンションは共用部分の防犯対策は充実している傾向がありますが、一戸一戸の防犯対策については自主的に行わないといけない点は戸建て住宅と変わりません。

防犯対策は戸建て住宅と同じように気を付けたいという方、一度侵入被害に遭った方はホームセキュリティを検討し導入したという方もたくさんいます。

マンションでの侵入被害は玄関ドアの無施錠、窓の無施錠、ベランダからの侵入といったケースもあるので、マンションに住んでいても玄関ドアや窓の防犯対策はしっかり行いたいですね。

特に施錠については「マンションだから」と玄関や窓の施錠を忘れても安心しがちですが、1つのフロアで複数の住居があるので空き巣にとっては効率よく回れて都合が良いという面もあります。

マンションだからこそ狙われることもあるということをぜひ知っておきましょう。

自作ホームセキュリティをご紹介!お金をかけずに格安で防犯対策できる! 賃貸マンション・アパート向けのホームセキュリティ大手各社を比較!