ルーバー窓は防犯対策が必要!空き巣、侵入被害に遭わないための注意ポイントとは?

自宅の浴室、洗面所、キッチン(台所)の換気にルーバー窓を取り付けている世帯が多くありますが、換気や外の空気を取り入れたいときに簡単に窓の開け閉めができるのでとても便利ですよね。

ルーバー窓は窓を開閉しなくても小さな板(ルーバー)を開閉するだけで窓の開け閉めができるので人が侵入するスペースができないので安全というイメージがあります。

ですが、意外なことにルーバー窓は一見防犯面で安全なように見えて実は、空き巣、侵入被害に遭いやすい構造になっているので注意が必要なんです。

ここではルーバー窓のメリット、デメリット、気を付けたい防犯対策についてご紹介していきます。

ルーバー窓の構造とメリット・デメリット

ルーバー窓とはどんな窓なのか、ルーバー窓のメリット、デメリット面についてここでご紹介していきます。

ルーバー窓はブラインド状のガラスプレート窓

先ほども少し触れましたが、ここでルーバー窓とは何か?について触れておくと、

ルーバー窓は小さなプレート状のガラス板が複数ついており、窓枠についているハンドルをクルクルと回すだけで開閉することができる窓です。

画像引用:三和シャッター「明治ジャロジー」商品カタログ

浴室、水回りなどの室内換気に

浴室、キッチン、台所といった水回りなど室内の換気したい場所に取り付けることが多く、窓に取り付けられたハンドルを回して角度調整することができるので多くの家庭・施設で利用されています。

高い場所にある窓(高窓)に

高い場所にある窓の開閉も簡単にできるので玄関やお部屋の高い場所にある窓に利用する方も多いです。

窓枠の小さい省スペースに

クローゼットや物置など、省スペースでも窓枠が小さいので取り付けやすく採光が取れる、換気しやすいといったことから利用されることも多いです。

ルーバー窓を取り付ける場合は防犯対策が必要

換気したいときはルーバー窓を開けておき、ハンドルを回せば簡単に閉められるので多くの家庭にルーバー窓が取り付けられていますが、実はルーバー窓は防犯対策が必要なポイントと言われています。

どんなポイントに気をつけたら良いのか分からないという方も多いですよね。

ここからメリット、デメリット面を含めて防犯対策について見ていきたいと思います。

ルーバー窓のメリット

ルーバー窓を利用するメリットにはこういったものがあります。

ルーバー窓のメリット
  • 窓枠の小さい省スペースに設置できる。
  • 雨の日でも窓を開けて換気ができる。
  • ガラスプレートの角度を調整して換気中も外からの目隠しができる。
  • ガラスプレートが破損しても修理しやすい。
  • 室内からガラスプレートのお手入れが簡単にできる。

引き戸式の窓を取り付けられない場所にも

ルーバー窓は引き戸式の窓が取り付けられない省スペースにも取り付けやすく、雨の日でもガラスプレートの角度を調整することで外の風を取り入れることができます。

人目が気になる換気中も目隠しができる

また、換気中でも外からの目隠しができるので、人通りの多い道路や隣家に面している場所でも利用しやすい面があります。

ガラスプレートは破損しても修理が簡単にできる

万が一ガラスプレートが破損しても破損したプレートだけを簡単に交換でき、プレートの角度を調整して表・裏面のお手入れができるので、お手入れしやすいこともメリットです。

このように省スペースでも換気に利用しやすい、換気しながら目隠しもできるといったメリット面があり多くの家庭や施設で使われているルーバー窓ですが、ルーバー窓の構造面で気を付けたいデメリット面もあります。

ルーバー窓のデメリット

ルーバー窓を利用するデメリットにはこういったものがあります。

ルーバー窓のデメリット
  • 完全に窓を閉めるわけではないので気密性が強くない。
  • 断熱性に強くないので寒い季節や寒い地域は室内が冷えやすい。
  • 防犯対策をしていないとガラスプレートが簡単に取り外せてしまう。
  • 衝撃に弱い。

ガラスプレート同士が重なるので気密性(密閉度)は低い

ルーバー窓はガラスプレートが複数ついており、窓を閉めた場合ガラスプレート同士が重なる形になるので完全に密着するわけではなく気密性に弱い面があります。

そのため、夏場はあまり気にならなくても寒い季節や寒冷地ではお部屋が冷えやすい、寒い風が入りやすいといったデメリット面があります。

寒暖差によるヒートショックに注意

洗面所、脱衣所、お風呂場(浴室)といった場所に設置されている場合、寒い時期にはお部屋の寒暖差で起こる「ヒートショック」を起こしやすいともいわれているため注意が必要です。

特に浴室は床面が冷えた状態のヒートショックを起こしやすいため気を付けましょう。

また、ルーバー窓を使う上で一番気を付けたいポイントがガラスプレートは簡単に外せる、衝撃に弱いという点です。

ガラスプレートは簡単に取り外せるので防犯対策が必要!

ルーバー窓に防犯対策が必要なポイントになりますが、ガラスプレートはスライドさせるだけで簡単に取り外せるので作業に慣れていれば一般的なサイズの窓枠全体のプレートを外すのに5分かからないといわれています。

また、外しやすい点だけでなく、ガラスプレートは衝撃に弱いため焼き破りといった侵入の手口に使われる可能性もあります。

実際にはルーバー窓からの侵入は音の出やすいプレートの破損の手口よりも、ガラスプレートを1枚1枚取り外して侵入する手口が多いので、ガラスプレートを簡単に取り外せない対策を取ることが大切です。

ルーバー窓はガラス窓を簡単に取り外せるので侵入被害に遭いやすい

ルーバー窓の構造やメリット、デメリット面についてご紹介してきましたが、ルーバー窓のデメリット面である「ガラスプレート1枚1枚が取り外しやすい」ということが侵入の手口に使われやすく侵入被害に遭いやすい注意ポイントなんですね。

ルーバー窓を利用する場合は防犯対策を取っておこう!

ガラスプレートは破損した場合でも1枚ずつ交換ができる構造になっているので、1枚ずつ取り外して交換できる便利な点がメリットですが、防犯面では簡単に1枚ずつ取り外しができるといった点が気を付けたい点です。

また、1枚1枚取り外す以外にもガラスプレートを破損して侵入される可能性もあるので、ルーバー窓を利用している家庭や施設ではしっかりと防犯対策をしておくと安心です。

次の項目ではルーバー窓の防犯対策について見ていきたいと思います。

ルーバー窓の防犯対策

ルーバー窓は人の入るスペースを作らずに換気ができるといった一見安全なイメージがありますが、実はガラスプレートを取り外すことが簡単で侵入の手口に使われることが多いためしっかり防犯対策を取っておくことが大切です。

ルーバー窓は戸建て(分譲)物件、賃貸物件のどちらにも利用できますが、実施できる防犯対策には戸建て(分譲)物件か、賃貸物件かで異なる面もあります。

ここでは、戸建て(分譲)物件と賃貸物件、それぞれでどういった防犯対策が取れるのかについてここでご紹介します。

戸建て(分譲)物件

戸建て(分譲)物件でできる防犯対策にはこういったものがあります。

戸建て(分譲)物件におすすめの防犯対策
  • 自宅の周りに砂利を敷く
  • 格子をつける
  • プロテクター
  • センサーライト
  • ネットワークカメラ
  • ホームセキュリティ

砂利や格子、プロテクターなど建物に施工する設備を利用

戸建てや分譲マンションといった購入物件では壁に穴を開けたり庭先に砂利を敷くといった防犯対策を取り入れやすいので、自身の好みに合わせて自由に防犯設備を取り付けられるといった利点があります。

自宅周りに砂利を敷く、格子やプロテクターといった音と物理的な対策を行うことで侵入被害に遭う可能性はぐんと低くなります。

プロテクターはガラスプレートを1枚ずつ固定する防犯用品

ルーバー窓に取り付けるプロテクターについてよく知らない、という方も多いと思いますが、プロテクターはガラスプレートの両サイドに取り付けてプレートを取り外せないようにする防犯用品(防犯グッズ)です。

製品例にはこういったものがあります。

画像引用:防犯グッズ・護身グッズ専門店有限会社リング「ルーバー窓専用ルーバープロテクター」

画像のガラスプレート横に取り付けられているシルバーの器具がプロテクターです。

このようにガラスプレート1枚1枚にプロテクターを取り付けることでプレートの取り外しを防止することができるので防犯対策に効果的です。

センサーライトを使って光で警戒、侵入を諦めさせる

また、センサーライトを取り付けるだけでも侵入者は光や目立つことを避けるといった特性から、夜間の侵入被害に効果が高いといわれています。

戸建ての1階部分、マンションでも共有部分にルーバー窓がある場合は防犯対策をしっかり行いたいですね。

砂利、格子やプロテクター、センサーライトといった音や物理的に遮るもの、光による対策は防犯効果が高いのでぜひ検討してみましょう。

賃貸物件

賃貸物件でできる防犯対策にはこういったものがあります。

賃貸物件におすすめの防犯対策
  • センサーライト
  • 振動検知器
  • ネットワークカメラ
  • ホームセキュリティ

格子・プロテクターは賃貸物件でも取り付け可能な場合もある

格子やプロテクターといった建物に直接施工するタイプの防犯対策は賃貸物件では使用できないこともありますが、管理会社に相談した上で利用できることもあります。

防犯面は管理会社側としても注意したいポイントなので、通路などの共有部分にルーバー窓がある物件や1階の物件など、ルーバー窓の防犯対策が気になる場合は管理会社に相談してみましょう。

センサーライトは固定式(壁に穴を開けるタイプ)は相談

賃貸物件でもセンサーライトを取り付けることが可能ですが、壁に穴を開けて取り付けるタイプのものが多いので、「賃貸物件は取り付けられない?」と思う方も多いと思います。

センサーライトは人の体温や熱を感知して点灯するものが多く、基本的に屋外に取り付けることになります。

トラブル防止のため相談してから取り付け

屋外に取り付ける場合、しっかり固定するために壁に穴を開けて設置することが多いので賃貸物件の場合は勝手に取り付けると退去時に管理会社とトラブルに発展することもあります。

センサーライトに関しても屋外に取り付ける固定タイプのものなど種類もさまざまで利用できるかどうかは管理会社の判断によるので一度管理会社に相談してみると良いでしょう。

ルーバー窓は防犯対策を行えば被害に遭いにくくなる

2階以上の窓の取り付けではあまり意識しない方も多いかもしれませんが、2階でも死角になる場所であればはしごを使って侵入される可能性もあります。

ルーバー窓自体はとても便利な窓なので、すでに自宅にある、これから取り付けたいと考えている方も防犯対策を行っておくことで侵入に使われる可能性はぐんと低くなるでしょう。

ルーバー窓を取り付ける場合は先ほどご紹介した格子やプロテクターの取り付けも一緒に行っておくと安心です。

複数侵入被害に遭っている場合はルーバー窓に注意

ルーバー窓の構造を知っている侵入者にとって、ルーバー窓は「侵入しやすい窓」の1つで、侵入しやすい場所は続けて侵入者に狙われやすいので注意したいところです。

侵入被害は1回だけ、という方の他にも、2回以上侵入被害に遭ったことがある方の場合、侵入者が狙いやすいポイントがあることが原因として挙げられます。

侵入で狙われやすいポイント
  • 出張で家を空けることが多い。
  • 旅行や実家への帰省など長期間家を空けることがある。
  • 夜間、建物周辺が真っ暗になる、人目につかない死角がある。
  • ルーバー窓の防犯対策をしていない。

2回以上侵入被害に遭っている場合は、以上のポイントも含め侵入者に狙われやすいポイントがあることが考えられます。

特に、侵入の手口がルーバー窓ということに気づかないこともあるため、ルーバー窓がある場合は防犯対策をしっかり行っておくことをおすすめします。

侵入は5分以上かかると諦めやすい

ルーバー窓の防犯ポイントの1つに、「侵入しにくい状況を作る」こともポイントです。

先ほどご紹介した、ルーバープロテクターを使うことでガラスプレートを取り外すことができず、万が一侵入されそうになっても被害を未然に防ぐことができます。

侵入は窓を開ける作業に5分以上かかると侵入者は諦めやすいと言われているので、「入りにくくする」ということを防犯対策では意識しておきましょう。

1度でも侵入被害に遭ったら対策をしっかり取っておく

1回でも侵入被害に遭っている場合は防犯対策をしっかり取っておくことで再び被害に遭うといった事態を避けることができます。

特にルーバー窓は「便利で安全」といったイメージから防犯ポイントとして見落としがちですが、実は安全そうに見えるルーバー窓から侵入されている、ということもあるんですね。

侵入を防ぐためにはルーバー窓に防犯対策を行うのも1つの方法ですが、「ホームセキュリティを利用する」というのも防犯対策には効果が高いため最近では導入する方が増えています。

ホームセキュリティについては後ほどの項目でサービスや特徴についてご紹介します。

ルーバー窓からの侵入対策はホームセキュリティがあると安心

ルーバー窓がある場合、今までご紹介してきたように防犯対策を行うことで空き巣や侵入の被害に遭いにくくなるので効果的です。

しかし、防犯対策をしても100%安心ということはないので心配という方も多いでしょう。

セルフだけでは不安なのでしっかり防犯対策をしたい、プロに相談したい、警備会社のサービスを利用したい、そんな方におすすめなのが「ホームセキュリティ」です。

今すぐリフォームできない方にもホームセキュリティがおすすめ

「ルーバー窓のリフォームを考えたいけど今すぐは難しい・・・」という方もホームセキュリティがあれば警備会社によるサービスで防犯面をカバーして過ごせるので安心です。

初期費用ゼロから始められるプランもある

リフォームする場合は、一度にまとまったお金が必要になりますがホームセキュリティではALSOKのゼロプランのような初期費用ゼロで利用できるプランもあるためすぐに導入して利用できます。

異常を検知、通報、警備員が駆け付けてくれる

ホームセキュリティがあれば自宅への侵入を自動で検知して自動で通報してくれるので、万が一侵入被害に遭ってもすぐにお知らせ、駆けつけてくれるので安心です。

異常発生時は警備員が駆け付けてくれるので外出中に被害に遭った場合でも被害を最小限に抑えられるといったメリットがあります。

このように自分の代わりに自宅の異常を検知、通報、駆けつけてくれるのはとても助かりますね。

セルフ防犯よりも安心して過ごせる

ルーバー窓がある場合で「セルフ防犯だけでは心配」「今すぐリフォームができない」という方はホームセキュリティを検討してみるのもおすすめです。

ホームセキュリティの警備会社各社のサービスについてはこちらの記事で詳しくご紹介しているので、ぜひご覧ください。

初めてのホームセキュリティ比較!おすすめ会社ランキング

まとめ:ルーバー窓の注意ポイントは「侵入を防ぐ、検知すること」

ルーバー窓は一見安全に見えますが実は侵入の手口に使われることが多いポイントなので防犯対策が必要なんですね。

対策例にはルーバープロテクターといった防犯用品を使うことで効果的であること、セルフ防犯で心配な方はホームセキュリティを利用する方法もおすすめということをご紹介しました。

防犯用品で侵入を防ぐ、ホームセキュリティがあれば侵入を自動で検知できるのでできれば両方あると安心です。

賃貸物件の場合は、ネットワークカメラなどの建物に傷をつけないタイプの防犯用品がおすすめですが、管理会社に相談することで利用できるものもあるので、取り付け時は一度相談してみると良いでしょう。

防犯意識が高まっている中、ルーバー窓の防犯については知らない方も多いと思いますが、自宅にルーバー窓がある方はここで一度ルーバー窓の防犯対策についてぜひ考えてみる機会にしてくださいね。

初めてのホームセキュリティ比較!おすすめ会社ランキング