沖縄にあるホームセキュリティ&警備会社をまとめました。

沖縄県内で利用できるオススメのホームセキュリティをご紹介します!

ホームセキュリティは、緊急時や不在のときに異変に駆けつけてくれるサービスです。

ゆうな

ホームセキュリティって

どうやって選んだらいいのかな~?

ズバリ!

「値段」と「拠点の近さ」じゃ!

防犯博士

ホームセキュリティは保険と同じ。トラブルが合った時に役に立つサービスです。月々の支払いに無理がないこと、緊急時にすぐ駆けつけてくれるように近くに拠点があること、を意識しましょう。

ホームセキュリティ2つのポイント
  1. 予算内に収まるプランがあること
  2. 近くに拠点があり、駆けつけやすいこと

また、ホームセキュリティを選ぶ流れは以下のとおりです。

手順1
予算で候補を絞る
家庭の予算に合わせて、プランを把握し、会社を絞りましょう。
手順2
資料請求をする
資料請求をして、じっくりと比較、最新の割引情報を把握する
手順3
最寄りの拠点を確認
家から最寄りの拠点を確認。巡回についてもチェック。

まずは沖縄で契約できるホームセキュリティ会社の一覧とプランを確認しましょう♪

沖縄でオススメのホームセキュリティ

沖縄県内で利用できるホームセキュリティの料金をご紹介します。

オススメの対象地域は以下のみです

那覇市、宜野湾市、石垣市、浦添市、名護市、糸満市、うるま市、豊見城市、沖縄市、南城市、都島氏、国頭郡、中頭郡、島尻郡、宮古郡、八重山郡

1.SECOM(セコム)

業界最大手のホームセキュリティサービス。在宅時・外出時の防犯、火災監視、非常時の通報サービスといった基本サービスの他にも、救急時の通報サービスや見守りサービスといった利用者のニーズに応じたサービスが充実しています。

戸建てプラン
初期費用月額料金
買取り427,300円月額4,500円
レンタル78,000円月額6,800円
マンション、戸建て小規模プラン
初期費用月額料金
買取り152,500円月額3,000円
レンタル63,000円月額4,300円

2.ALSOK(アルソック)

ホームセキュリティサービス大手でセコムに続いて利用者の多いALSOK。在宅時・外出時の防犯、火災監視、非常時の通報サービスといった基本サービスの他に、ガス漏れ検知や救急時の通報サービスといった利用者のニーズに応じたサービスが充実しています。

戸建てプラン
初期費用月額料金
買取り247,600
月額3,500円
レンタル53,000
月額6,870円
ゼロプラン初期費用なし月額7,760円
マンションプラン
初期費用月額料金
買取り174,800
月額3,000円
レンタル35,000月額5,420円
ゼロプラン初期費用なし月額6,010円

3.全日警

全日警は、利用者のニーズに合わせてプランが細かく分けられている点が特徴です。

いつでもプラン
初期費用月額料金
買取り286,000
月額3,200円
レンタル104,000月額6,500円

4.セントラル警備保障

セントラル警備保障では、防犯、火災監視、見守りのプランで利用者のニーズに合わせてサービス展開を行っています。

戸建てプラン
初期費用月額料金
買取り246,900
月額3,300円
レンタル62,400月額6,000円
マンション、戸建て小規模プラン
初期費用月額料金
買取り152,300円月額3,300円
レンタル50,000円月額4,800円

オススメのホームセキュリティ まとめ

買取とレンタルで月額費用が大きく異なります。

また、アルソックの初期費用が要らないゼロプランが特徴的です。

しかし、それ以外で大きな差がないことがわかりました。

ゆうな

値段で大きな差がつかないなら、どうやって決めればいいの??

トラブル時にどれだけ早く駆けつけてくれるのか?

つまり、「家から拠点の近さ」と「巡回のコース」が重要なんじゃ!

防犯博士

しかし、拠点や巡回はネット上で公開されておりません。

MEMO

各ホームセキュリティの緊急出動拠点や巡回コースは、公開されてません。

空き巣が情報を仕入れ、警備の薄いところを狙うことを避けるためです。

拠点を確認する方法

手順1
まずは資料作成をする
ホームセキュリティの契約を検討している意思を伝える必要があります。

ある意味、拠点や巡回コースは空き巣も知りたい情報です。

資料請求をして、住所もホームセキュリティ側が把握した上でしか教えてくれません。

手順2
担当支店や連絡を確認
資料は1~2日ですぐ届きます。

パンフレットには必ず電話先が書いてあります。
※SECOMなら担当者の名刺が1ページ目に入っています。

電話先をメモしてください。

手順3
電話する
パンフレットの連絡先に電話をします。

以下の3STEPで確認

「ホームセキュリティの契約を複数社、検討している。」

「あとは緊急時の駆けつけスピードで決めたい」

「自宅は〇〇(資料請求した先)。イチバン遅くて何分かかるか?」

※可能であれば、緊急出動拠点の場所と巡回コースも確認したいところです。しかし、ホームセキュリティの最重要事項なので断られることも多いです。時間だけは把握しましょう。

ゆうな

でも、ホームセキュリティって沢山あるし、全部の拠点を確認するの大変かも…。

結局、ホームセキュリティで大切なのは「緊急時にどれだけ早く駆けつけてくれるか?」なんじゃ

拠点数と巡回している人数では大手2社のセコムとアルソックは、他社の10倍近く差をつけていることもあるんじゃ

セコム、アルソックの2社は必須

余力があるなら、あと1社を資料請求するのが効率よいぞ

防犯博士

セコムとアルソックの資料請求先

※タップ&クリックすると資料請求ページが表示されます。

セコムの公式サイトの資料請求ページ

アルソックの公式サイトの資料請求ページ

もちろん、セコムとアルソックの資料請求は無料じゃ

防犯博士

その他のホームセキュリティの公式ページ

セントラル警備保障の公式サイト

全日警の公式サイト

ここからは沖縄の治安情報を紹介するぞ

防犯博士

沖縄の治安情報まとめ

沖縄県の治安情報を調査しました。

調査項目

犯罪数から見る治安レベル

強盗・空き巣

放火

女性暴行

沖縄の治安

犯罪データ

人口:139万人

刑法犯認知件数:1万2千件

人口1千人あたりの犯罪発生件数:8件

沖縄は人口139万人に対して、年間の犯罪数は約1万2千件。これは47都道府県で27位とやや上位にランクインしています。

1日あたり、沖縄県内で32件の重い犯罪が起きています。

石垣市、座間味村、北谷町をはじめ11の市町村では犯罪率が全国平均0.9%を上回っています。

沖縄は基本的に住みやすいですが、犯罪率の高いエリアも多く注意が必要です。

また、犯罪の少ない地域では防犯対策が疎かになり、そこを狙った犯罪も増えてきているので、防犯を心がけてください。

沖縄の強盗情報

強盗の情報

強盗件数:36件

人口100万人あたりの犯罪発生件数:25件

沖縄は平均な犯罪率が都道府県では27位ですが、強盗件数では16位と更に上位にランクインしています。

沖縄では自転車等の窃盗や、空き巣なども被害が多く注意が必要です。

また、犯罪件数の少ない地域では防犯対策ができていない、施錠がされていない家も多いので強盗や侵入の対象とされやすいです。

鍵の施錠などは必須であり、窓も防犯グッズでしっかりと防犯対策を行う必要があります。

沖縄の放火情報

放火の情報

放火件数:15件

人口100万人あたりの犯罪発生件数:10件

沖縄は放火件数でいえば25位とやや上位にランクインしています。

しかし、人口100万人あたりの放火発生件数をみると、なんと全国10位。

沖縄は放火警戒区域であることがわかります。

放火は玄関や窓に防犯グッズなどで施しても止めることはできません。

放火対象はランダムに選ばれることも多く、また一歩間違えば家族全員の命を奪う大きな事件になることもあります。

1軒家を購入するのであれば、警察官の巡回コースにある家であること。

もしくはホームセキュリティと契約して巡回コースに入れてもらうことは必須であることがわかります。

沖縄の女性暴行

女性暴行の情報

女性暴行発生件数件数:8件

人口100万人あたりの犯罪発生件数:5件

沖縄は女性暴行の事件は全国で35位にランクインしています。

強盗や放火に比べるとやや少ない傾向にあるようです。

しかし、女性暴行は女性が泣き寝入りし、認知されない場合も多いので実際は数倍は見といたほうが良いでしょう。

特に女性ひとりで沖縄に一人暮らしをする場合は要注意です。

玄関に監視カメラ、もしくはボタン1つで駆けつけてくれるホームセキュリティの検討は必須と言えます。

また、女性暴行の事件は遭遇したときにスマホを取り出して110番を押している暇はありません。

ホームセキュリティを導入する場合はワンタッチで呼べる機材を導入しているホームセキュリティを検討しましょう。

セコムやアルソックには、ワンタッチの非常ボタンがあります。

沖縄のホームセキュリティまとめ

沖縄は治安の悪さランキングで全国25位です。

強盗や女性暴行、放火などの凶悪犯罪が1日に約32件起こっています。

沖縄では強盗や放火の発生率がやや高い傾向のため特に注意が必要です。

犯罪の少ない地域の場合でも、防犯対策が疎かになることが多いため、そこを狙った犯罪も増加しています。

そのため、防犯の意識は他県に住むのと同じように持ってください。

また、女性の一人暮らしを沖縄で行うなら、月5000円で加入できるアルソックのレディースサービスもおすすめです。

まずは資料請求をしてチェックしてみてください。

セコムとアルソックの資料請求先

※タップ&クリックすると資料請求ページが表示されます。

セコムの公式サイトの資料請求ページ

アルソックの公式サイトの資料請求ページ

もちろん、セコムとアルソックの資料請求は無料じゃ

防犯博士

その他のホームセキュリティの公式ページ

セントラル警備保障の公式サイト

全日警の公式サイト