防犯フィルムは侵入防止に効果的!メリット・デメリットとおすすめ防犯用品をご紹介

防犯意識が高まる中、窓からの侵入が多いことから窓に「防犯フィルムを取り付けたい」と考えている方も多いと思います。

防犯フィルムは知っているけど、実際にはどのくらい防犯効果があるのか、どんな特徴があるのか分からないという面もありますよね。

ここでは、セルフでも施工可能な防犯対策「防犯フィルム」の特徴、メリット・デメリット、おすすめの製品についてご紹介していきます。

防犯フィルムは窓ガラスに直接貼り付ける防犯用品

防犯フィルムの仕組みについてですが、防犯フィルムは耐衝撃性に優れたフィルムを窓ガラスに直接貼り付ける製品で、窓やぶりによる侵入が増えていることから窓やぶり防止対策に利用されています。

防犯フィルムを貼り付けるとこんな万が一の事態に効果的と言われています。

1.窓やぶりによる侵入

窓やぶりによる窓からの侵入被害が増えていることから、窓ガラスを割れにくくするために防犯フィルムが使われています。

窓やぶりと一言にいっても、「打ち破り」「こじ破り」「焼き破り」といった手口がありますが、中でも大きな音が出にくい「焼き破り」による侵入被害が多くなっています。

こうした窓からの侵入を防ぐ対策として「防犯フィルム」が利用されています。

防犯フィルムの強度は侵入まで5分以上かかるものが優良

侵入までの時間が5分以上かかると諦めやすいといわれていることから、侵入作業開始から5分以上かかる防犯フィルムがCP認定防犯フィルムとして認定されています。

官民合同で構成されている日本ウィンドウ・フィルム工業会では「防犯性能が高い建物部品の定義」として、「侵入者が作業を開始して建物内部に侵入するまで5分以上かかると確認された製品」ということを定義として掲げています。

参考文献:日本ウィンドウ・フィルム工業会「防犯性能が高い建物部品の定義」

窓やぶり防止フィルムは多くの製品が販売されていますが、せっかく貼っても防犯効果がないと意味がないですよね。

防犯フィルムを選ぶときはこういったCP認定マーク付きの製品を選ぶと良いでしょう。

CPマーク付き防犯フィルムの製品一例:
リケンテクノス社製「CP認定防犯フィルム RIVEX SS1490C」

その他の製品については後ほどまとめてご紹介します。

2.万が一の火災時も窓の強度が守られる

特に、防犯フィルムを貼る理由としては1つ目の「窓やぶりによる侵入」の防止を目的に貼り付ける方が多くなっています。

近隣の建物との距離が近い、万が一の火災時に周囲の住宅に迷惑をかけたくない、ケガの防止に、といった目的で防犯フィルムを利用されることもあります。

防犯フィルムが防犯(侵入)対策に効果的な理由

防犯フィルムが窓からの侵入(窓やぶり)の対策に効果が高いと言われていますが、その理由についてここで見ていきたいと思います。

1.主な侵入の手口は窓からの侵入が多い

先ほどご紹介したように、侵入被害の主な手口として使われるのが「窓からの侵入」で、何らかの方法で窓ガラスを割って侵入する「窓やぶり」によるものが多いということをお話ししました。

防犯フィルムを貼ることでこういった「窓やぶり」の手口から窓ガラスを保護する効果が高いことから防犯フィルムが使われています。

2.侵入までに時間がかかる

防犯フィルムを貼ることで窓ガラスが割れにくくなり、作業開始から人が入れる程度の大きさまでガラスを割るまでに時間をかけることができます。

CPマーク認定の防犯フィルムは、実証実験で作業開始から侵入するまで5分以上かかることが認められているため、防犯フィルムを使う場合はCPマークつきの製品を選ぶと良いでしょう。

3.防犯フィルムを破ろうとすると大きな音が出る

防犯フィルムを貼った窓ガラスを万が一割られた場合でも、通常よりも大きな音が出るような仕組みになっている製品が多く、こういったことから防犯フィルムを貼ることは、割れにくくするだけでなく、割られた場合も「大きな音」で周囲に知らせることができます。

こういった大きく分けて3つの特徴から、防犯フィルムが窓からの侵入対策に効果的といわれているんですね。

CPマーク付きのおすすめ防犯フィルム6選

防犯フィルムは「窓ガラスを割りにくくする」「割ると大きな音が出る」といった特徴があること、高い防犯効果が認められた「CPマーク付き」の防犯フィルムがおすすめです。

ここでは、CPマーク付きのおすすめ防犯フィルムをご紹介します。

1.リケンテクノス「RIVEX SS1490C」

警察庁のホームページでも推奨されている防犯フィルムで、国内大手フィルムメーカーの製品ということもあり信頼度の高い製品です。

RIVEX SS1490Cの特徴
  • ガラス飛散防止
  • 地震・突風対策
  • 紫外線カット
  • 透明度(可視光線透過率86%)

RIVEX SS1490Cは耐衝撃性、透明度が高く、貼っても見た目では貼っていることが分かりにくいため、外観にも影響を及ぼさないのでデザイン性にも優れています。

リケンテクノス社製「CP認定防犯フィルム RIVEX SS1490C」

2.スリーエム「NANO80CP」

日本初のCPマーク認定の防犯フィルムとして2012年に発売が発表されたスリーエムの「NANO80CP」は、高い透明度を保ちながら防犯性に優れた製品として信頼度の高い製品です。

NANO80CPの構造

画像引用:NANO80CP製品説明書

NANO80CPの特徴
  • ガラス飛散防止
  • 耐摩耗性
  • 赤外線、紫外線カット
  • 高い透明度
  • 高い防犯性
  • 耐用年数:最長15年

特殊なポリエステルフィルムを使用し熱線を遮蔽する効果が高い防犯フィルムで、メタリックは反射がなく透明度の高い防犯効果の高い防犯フィルムです。

スリーエムジャパン株式会社「NANO80CP」

3.スリーエム「ULTRA S2200」

薄い膜を何層にも重ねることで厚みのあるフィルム構造で高い防犯性が認められた防犯フィルムです。

ULTRA S2200の構造

画像引用:ULTRA S2200

ULTRA2200の特徴
  • ガラス飛散防止
  • 耐摩耗性
  • 紫外線カット
  • 高い透明度
  • 高い防犯性

耐摩耗性ハードコート、特殊積層の厚手ポリエステルフィルム、アクリル系感圧型粘着剤、剥離処理ポリエステルフィルム、といった構造でできており、高い耐摩耗性を保持しながら防犯効果が高く、透明度も高いためデザイン性にも優れています。

スリーエムジャパン株式会社「ULTRA2200」

4.株式会社FNC「SSP1218CL」

高い耐久性と耐摩耗性、ガラス飛散防止といった高い防犯効果を保持しながら透明度の高さも保持した防犯フィルムです。

SSP1218CLの特徴
  • ガラス飛散防止
  • 耐久性、耐摩耗性
  • 透明度(可視光線透過率70%以上)
  • 高い防犯性

SSP1218CLは1㎡あたり20,000円前後の製品が多い中、1㎡あたり15,000円前後とコスト面を抑えられる点も大きな特徴です。
施工箇所が多い方におすすめです。

株式会社FNC「SSP1218CL」

5.株式会社ユタカ「ウインドバリアSEC-1260」

8層構造で作られている高い防犯性を持った防犯フィルムですが、防犯性だけでなく高い透明度を保持し外観を損ねず防犯対策ができる防犯フィルムとして認定されている製品です。

ウインドバリアSEC-1260の構造

画像引用:防犯フィルム「ウインドバリア」

ウインドバリアSEC-1260の特徴
  • ガラス飛散防止
  • 紫外線カット
  • 高い透明度
  • 高い防犯性

8層構造で防犯対策だけでなくガラスの飛散防止や紫外線カットといった万が一の防犯対策と家具などの日焼け防止にも効果的です。

株式会社ユタカ「ウインドバリアSEC-1260」

6.リンテック「WINCOS 1561UH」

リンテックは多くの防犯フィルム製品を開発しており、ガラスの飛散・落下防止、防虫対策、紫外線カット、日射調整、装飾・目隠しといった様々な種類の建物用ウインドーフィルム(防犯フィルム)を開発しています。

中でも、防犯対策に効果が高い製品が「WINCOS 1561UH」です。

WINCOS 1561UHの構造

画像引用:防犯対策 建物用ウインドーフィルム

リンテックWINCOS 1561UHの特徴
  • ガラス飛散防止
  • 高い引張性、耐貫通性
  • 高い透明度(可視光線透過率88%以上)
  • 紫外線カット(99%以上)
  • 高い防犯性

3層構造の高透明PETフィルムで通常の飛散防止フィルムの6倍の引張強さと透明度を保持した防犯フィルムなので、防犯対策に使うならこちらの製品がおすすめです。

リンテック「WINCOS 1561UH」

防犯フィルムのメリット・デメリット

CPマーク付きの防犯フィルムをご紹介しましたが、ここで防犯フィルムのメリット、デメリット面について見てみたいと思います。

防犯フィルムのメリット
  • 今使っている窓ガラスに後付けで取り付けられる。
  • セルフでも施工できるので簡単。
  • 比較的安価で防犯対策ができる。
  • 施工業者に依頼して取り付けができる。
  • 万が一の火災時でも窓の強度が高くなり安全。

防犯ガラスは窓ガラス自体を交換しないといけませんが、防犯フィルムは今使っている窓に貼り付けるだけで使えるので手軽さと費用面でもメリットがあります。

また、窓の強度が高くなるので万が一の火災時でも近隣への窓ガラスの飛散やケガの防止にも効果的です。

防犯フィルムのデメリット
  • セルフで施工すると見た目や仕上がりに満足しないこともある。
  • 窓の一部だけに施工しても効果がないこともある。
  • 耐用年数に合わせて貼り換えが必要。

一部だけだと貼り付けていない箇所から窓やぶりの被害に遭うことがあるので、全面に貼り付けることがポイントです。

自分で貼り付けられる手軽さと費用面でもコストを抑えられる点がメリットですが、一方で自分で貼り付けると失敗することもあり、さらに費用がかかってしまう・・・ということもあります。

また、一度貼り付けたら永久的に使えるものばかりではないので、耐用年数に合わせて再度貼り付けが必要な場合もあります。

耐用年数は最大で15年前後が目安となっているので、参考にしてみてくださいね。

防犯フィルムの効果的な貼り方

防犯フィルムは自分で貼り付けることができますが、防犯フィルムを貼るときはこういったポイントを知っておくと良いでしょう。

1.すき間ができないように全面にしっかり密着させる

自分で貼り付ける場合のポイントは「全面にしっかり密着させる」ことです。
作業のポイントにはこういったポイントがあります。

作業のポイント

  • 貼る前に中性洗剤(※)でガラスの汚れをしっかりふき取る。
  • 上からゴムベラで上下・左右に空気を押し出すように貼り付ける。
  • 気泡が入ってしまった場合は針などで小さく穴をあけて気泡を押し出す。
  • 貼った後は密着するまでしばらく放置しておく。

※水道水に中性洗剤を2~3滴入れた洗浄液を作り、ガラスの汚れをしっかりふき取ります。

フィルムを貼る前に軽くフィルム面に吹き付けると空気が入りにくくなり貼り付けやすくなります。
(フィルムによっては水滴を吹き付けることが適さない場合もありますので、購入時に確認してみる、説明書を確認してから行ってください。)

2.施工業者に依頼して貼り付けてもらう

防犯フィルムの貼り付けは自分で行うこともできますが、どうやって貼り付けたら良いか分からない、失敗したくない、と慣れない作業に不安を感じることもありますよね。

こういった場合は、防犯フィルムの貼り付けを施工してくれる業者もあるので、気になる方は一度管理会社に防犯フィルムの貼り付けを検討していることを相談してみると良いでしょう。

特にCPマーク認定の防犯フィルムは施工業者に依頼して貼り付ける製品が多いため、自宅の近隣で対応している施工業者を調べておくと良いですね。

防犯フィルムメーカー、施工店の例:
3M(スリーエム)取り扱い防犯フィルム(CPマークつき)、施工店

防犯フィルムと一緒に使うとより効果的な防犯対策

窓ガラスに防犯フィルムを貼ることで窓やぶりによる侵入対策に効果的ですが、防犯フィルム以外の他の防犯用品を併用することで、より高い防犯効果が期待できます。

ここでは、防犯フィルムと一緒に使うと効果的な防犯対策をご紹介します。

1.2重ロックにしておく。

窓からの侵入を防ぐためには窓を開けづらくすることがポイントですが、窓の鍵を2つつけて2重ロックにしておくと1か所窓やぶりに遭っても2つ目の鍵で窓が開けられるのを防ぐことができます。

2重ロックはサッシにおいて回すだけでロックできる簡単仕様の製品も販売されているので、取り付けが難しいのでは?と気になる方はこういった製品を使うのもおすすめです。

画像引用:Nomuratec(ノムラテック)ウインドロック補助錠

2重ロックの製品は他にもホームセンターや家電量販店、ネット通販でもさまざまな製品が販売されているので、使い勝手や好みに合った製品を探してみましょう。

2重ロック製品例:
Nomuratec(ノムラテック)ウインドロック補助錠
NLS(日本ロックサービス)窓用防犯対策品

2.塀や柵に忍び返しを付けて窓への侵入を妨げる

忍び返しとは、建物の塀や侵入者を防ぎたい場所に取り付けられているトゲ状の柵のことをいいます。

忍び返しにはこういった製品があります。

画像引用:株式会社エイト「忍び返し」

建物やマンションの塀などに設置されているのを見たことがある方も多いかもしれません。

忍び返しは簡単にベランダや窓枠を乗り越えたり手をかけたりすることができないため、ベランダや窓からの侵入対策に効果的です。

窓やぶりに遭う前に侵入を防ぐことが可能なので、塀やベランダに取り付けておくと安心ですね。

賃貸マンションに取り付ける場合は事前に管理会社に相談しておくと良いでしょう。

忍び返しの製品例
四国化成「忍び返しラインナップ」

3.二重窓、二重サッシを取り付ける

断熱効果、防音効果、節電効果などさまざまな効果が高いということで利用されている二重窓(二重サッシ)ですが、窓を二重にすることで万が一窓やぶりに遭った場合でも侵入しづらくすることができるので防犯フィルムと併せて使うと効果的です。

今取り付けている窓(サッシ)に後付けで取り付けることもできるので、工事も簡単でおすすめです。

二重窓(二重サッシ)の製品例:

画像引用:LIXIL公式オンラインショップ「内窓(二重窓・二重サッシ)」

リビングや寝室、子供部屋などにこうした二重窓を防犯対策として取り入れると良いですね。

4.開閉センサーを取り付ける

音でのアプローチは防犯効果が高いといわれています。

窓が開いたときにブザーで知らせてくれる開閉センサーを取り付けておくと万が一開けられてしまってもブザーで周りに知らせることで異常を知らせることができるので効果的です。

開閉センサーは自分でホームセンターや家電量販店などで購入でき、簡単に取り付けられるのでセルフでできる防犯対策の1つです。

警備会社によるホームセキュリティでも開閉センサーによる警備を利用できるプランがあるのでこういったサービスを利用するのも良いですね。
(ホームセキュリティサービスについては後ほどの項目でご紹介します。)

開閉センサー製品例
パナソニック「開閉センサー」
リーベックス株式会社「音鳴りくん」

5.センサーライト付きの防犯用品(監視カメラ)を取り付ける

夜間、街灯があっても自宅周りは真っ暗になる、建物の陰や収納物の陰になる場所は空き巣に狙われやすいポイントになります。

真っ暗になる場所や死角になる場所にはセンサーライトをつけると人の動きを検知してライトがつくことで侵入者が近づきにくい場所になるのでぜひ取り付けておきたい防犯用品です。

人感センサーつきのライト製品例
パナソニック「LEDセンサーライト」
リーベックス株式会社「パトロング」

人感センサーつきのチャイム製品例
リーベックス株式会社「スポット人感チャイム」

センサーライト+防犯カメラ付きの製品例:
パナソニック「LEDセンサーライト」

センサーライト付きの製品の中でも防犯カメラつきパナソニック「LEDセンサーライト」はセンサーライトが点灯すると同時に防犯カメラで映像を見ることができるのでおすすめです。

パナソニック「LEDセンサーライト」についてはこちらの記事の「センサーライト」の項目で詳しくご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

自作ホームセキュリティをご紹介!お金をかけずに格安で防犯対策できる!

6.警告音が流れる防犯用品(監視カメラ)を取り付ける

人感センサーで人を感知すると音が鳴る防犯用品はセンサーライトを取り付けられない場所や賃貸マンションでも利用しやすいのでおすすめです。

屋内だけでなく屋外で使えるタイプの製品もあるので、屋内・屋外で使うことができます。

センサーで音が鳴る製品の例
リーベックス株式会社「パトロング」(屋内・屋外用)
リーベックス株式会社「スポット人感チャイム」

警告音+防犯カメラつきの製品例:
プラネックスコミュニケーションズ株式会社「ネットワークカメラCS-W02G」

ネットワークカメラCS-W02Gは、動体検知機能つきでカメラが動くものを検知すると高輝度フラッシュと82dBの大音量の警告音で侵入者を警戒し侵入を防ぐことができます。
フラッシュ、警告音はそれぞれON/OFFの設定ができるので状況に合わせてカスタマイズできるのもいいですね。

こういった音と光で警告する防犯用品は侵入被害を未然に防ぐのに効果的です。

7.窓やぶり防止ガラス(防犯ガラス)を利用する。

防犯ガラスというと、普通の窓ガラスに防犯フィルムを貼ればできるのでは?と思う方も多いかもしれませんが、防犯ガラスはガラスの作り自体が頑丈にできており、万が一割れた場合は目立つような大きな音が出るようになっているので、防犯効果が高いといわれています。

防犯ガラスの特徴としては、

  • 簡単に割れにくい
  • 割れるまでに時間がかかる
  • 割れた場合は大きな音が出る

といった特徴があります。

万が一ガラスを割られてもガラスにポリカーボネート板などの特殊な加工が施されているため、人が入れるくらいの大きさまでガラスを割ることが困難な作りになっているので焼き破りによる被害にも効果的です。

防犯ガラス製品例:
日本板硝子株式会社「セキュオ」「セキュオペア」

防犯ガラスに防犯フィルムを併せて使うことでより強度を高めることができるので、防犯ガラスを設置する場合は防犯フィルムについても相談してみると良いでしょう。

防犯フィルムを使ってガラス自体の強度を上げる他にも、こういった防犯対策を併用するとより防犯効果が高くなるのでおすすめです。

防犯対策にはホームセキュリティの導入もおすすめ

警備会社のホームセキュリティを導入した方の中には、一度空き巣被害に遭ってから心配で導入しました、という方もたくさんいらっしゃいます。

特に、こういった方がホームセキュリティを導入されています。

ホームセキュリティを導入する理由
  • 日中お子さんが一人でお留守番をすることが多い方
  • ご高齢の家族が一人で過ごすことが多いという方
  • 仕事や出張、旅行などで家を留守にすることが多い方

導入された方はこのように家族の見守りや自宅の警備のために導入したという方が多いようです。

防犯フィルムだけでなく、ホームセキュリティを導入するメリットにはこういった点があります。

ホームセキュリティを導入するメリット
  • 異常を自動で検知、通報、警備員による駆けつけサービスがある。
  • 自宅の防犯対策についてプロに相談できる。
  • ステッカーが貼ってあると侵入者が警戒するので効果的。

ホームセキュリティの一番のメリットはやはり「自動で検知、通報、駆けつけてくれる」という点です。

セルフ防犯でも防犯効果はありますが、ホームセキュリティは警備会社によるサービスがついているのでより安心感があり、侵入被害に遭った方だけでなく建物への侵入から家族を守りたいという理由で導入される方もたくさんいます。

防犯フィルムの施工に興味がある方は、一度警備会社のホームセキュリティについてもぜひご覧ください。

ホームセキュリティは一括見積が便利!

ホームセキュリティの価格(値段)はお部屋の広さ、設置機器の数といったサービス内容によって変動するので、契約する際は必要な機器、サービス内容を訪問担当者とよく相談して検討すると無駄のない防犯システムを備えることができるので安心です。

まずは警備会社各社から見積りを取って、設置場所に合ったサービス、費用を見て検討してみましょう。

見積りについてはこちらの記事で便利なサービスをご紹介しています。
電話や訪問によるしつこい勧誘などは一切ないのでぜひ活用してみてください。

ホームセキュリティの資料請求は無料で使える一括請求が便利!

まとめ:防犯フィルムは効果大!窓の防犯用品を併用すればより防犯効果が高くなる

窓やぶりによる窓からの侵入を防ぐ方法の1つとして、すでに使っている窓ガラスに貼り付けて使える防犯フィルムは、窓の強度を高め、割れた場合でも大きな音が出るので分かりやすいといった特徴があることをご紹介しました。

また、防犯フィルムを貼っておくことで火災時のガラスの飛散防止にも効果的なので、周辺の住宅やケガの防止にも役立てることができます。

防犯フィルムには窓やぶりに高い効果を発揮する「CPマーク付き」の防犯フィルムがあるため、防犯フィルムを選ぶ時の基準にすると良いでしょう。

焼き破りといった火や熱にも強い防犯フィルムもあるので、CPマーク付きの遮熱性、耐火性の高い防犯フィルムを選ぶと窓やぶりのあらゆる手口に対応できるのでおすすめです。

窓からの侵入が多いため、防犯フィルムを使って窓やぶりの被害から建物を守りましょう。

初めてのホームセキュリティ比較!おすすめ会社ランキング