セコムのホームセキュリティの防犯カメラの内容や特徴を紹介します!

業界No1の契約者数を誇るセコムのホームセキュリティ。

室内の防犯対策に関しては非常に充実しています。

防犯対策の機器というと防犯カメラが一般的ですが、セコムのホームセキュリティでは防犯カメラは利用できるのでしょうか?

セコムで用意されている防犯カメラの種類なども含めて詳しく調べてみました!

セコムのホームセキュリティのプランに防犯カメラはついている?

セコムのホームセキュリティの各プランで、防犯カメラは基本料金に含まれているのでしょうか。

まずは、ホームセキュリティの基本プランに含まれているかを調べてみました!

調査してみたところ、セコムのホームセキュリティの各プランには防犯カメラは含まれていないことがわかりました!

全プランで防犯カメラはオプションになる!

セコムは公式サイトで現在以下の4つのプランを大きく紹介しています。

セコムのホームセキュリティのプラン

・戸建てプラン
・マンション・戸建て小規模プラン
・住宅兼オフィス・店舗・医院プラン
・親の見守りプラン

プランに含まれている防犯機器を確認してみたところ、屋内の防犯機器がメインとなっているようでした!

屋外に設置する機器に関してはフラッシュライトのみのようです。

セコムのホームセキュリティでは、防犯カメラはオプションで付けることになるようですね!

セコムの防犯カメラを詳しく調べました!

セコムのホームセキュリティで利用できる防犯カメラについて、どんなものがあるのかを詳しく調べてみました!

セコムの防犯カメラサービスの特徴

セコムの防犯カメラは、基本的に”屋外”を監視するもののようです。

不審者の侵入来訪者の確認などに便利ですね。

セコムの防犯カメラサービスの特徴を詳しく紹介していきます!

セコムの防犯カメラの特徴①:選べる録画タイプ

セコムの防犯カメラは、【自動撮影タイプ】と【終日監視タイプ】の2種類から選択できます。

自動撮影・記録ができるタイプ

人を感知すると自動的に撮影・記録するタイプの防犯カメラです。

センサーとカメラ、ライトを一体化した機器になっています。

センサーが人を感知すると自動で録画(静止画・動画)を行い、感知時にライトで照らしてくれます。

ライトが点くことで、不審者への威嚇にもなり非常に効果的です。

一日中自宅の外周を監視する終日監視タイプ

昼間、夜間を問わず、住居の外周を監視するタイプの防犯カメラです。

このタイプは【デイナイト機能】という暗い場所の監視ができる機能を備えています。

通常のカメラでは真っ暗になるところも、このタイプの防犯カメラなら右の画像のようにしっかりと撮影できます。


勝手口や駐車場などの薄暗い場所や、夜間の照度が低い場所でもしっかりと監視できるのがメリットです。

セコムの防犯カメラの特徴②:オリジナルステッカーがもらえる

セコムの防犯カメラを契約すると、ホームセキュリティ用とはまた別のオリジナルステッカーがもらえます。

セコムのステッカーは国内・国外問わず認知度も高いため、不審者への威嚇にはとても有効です。

カメラ設置に加え、不審者に対して警告を与える「監視カメラ設置」のステッカーにより、さらなる防犯効果が期待できます。

セコムの防犯カメラの設置場所について

セコムの防犯カメラはどこに設置できるのでしょうか。

設置場所の例についても詳しく調べてみました!

調査の結果、セコムでは契約時に無料の防犯診断を行っていて、その時に設置場所を提案してもらえることがわかりました!

契約者の【どこに設置したいか、どこを重点的に防犯したいか】という希望に加えて、防犯アドバイザーが自宅に合わせた設置プランを提案してくれるようです。

自分たちの意見と、防犯のプロの意見を上手に取り入れることができるのはとても嬉しいですね!

防犯カメラの設置例

セコムの防犯カメラの実際の設置例を紹介します!

A:死角になる場所に設置

不審者の侵入は人目に付かない場所からが最も多いです。

通行人や近所の人から見えにくい場所に防犯カメラを設置することで不審者の侵入防止に高い効果を期待できます。

B:不審者をけん制しやすい場所に設置

不審者は目立つことを嫌いますが、事前に下調べをする場合も非常に多いです。

玄関まわりや留守時間の確認をするためにインターホンを鳴らすことも。

そこで、玄関口などに防犯カメラを設置することで不審者をあらかじめけん制することができます。

下調べの時点で侵入しにくい家だと思われれば、それだけ侵入のリスクを減らすことができます。

C:侵入経路になりやすい場所に設置

植栽や高い塀がある場所などは、死角になりやすかったり、それに登って二階から侵入するケースもあります。

侵入経路に選ばれがちな場所に防犯カメラを設置しておくことで、不審者の侵入防止が期待できます。

セコムの防犯カメラの商品・サービスの特徴と料金

セコムの防犯カメラには、以下の4つの商品・サービスがあることがわかりました!

セコムの防犯カメラ商品

・セコムホームカメラシステム

・セコムIPカメラ

・NVR(監視カメラ)システム

・屋外画像監視サービス

各商品・サービスについて特徴や料金を詳しく調べてみました!

セコム・ホームカメラシステムセコムIPカメラNVR(防犯カメラ)システム画像監視サービス
特徴センサーとライトが一体となったカメラを使用。

他のシステムに比べ最も一般的な防犯カメラシステム

スマホ操作、クラウドでの画像管理が可能になった次世代監視システム長時間高画質録画、5台以上のカメラ設置を希望する場合におすすめのシステムセコムが屋外の画像監視、非常時の音声警告や駆け付けを行ってくれるサービス

※セコムホームセキュリティ契約者専用サービス

設置機器・ホームモニター

・センサーライトカメラorスポットライトカメラ

・ホームモニター1台

・セコムIPカメラ

※複数の機種から選択可能

・レコーダー

※クラウドサービス契約時は不要

・NVRカメラ、周辺機器

・モニター

・NVR画像記録装置

・センサーライトカメラ

・NVR(防犯カメラ)システム

・赤外線センサー

・屋外用スピーカー

利用料金1台 179,100円
2台 265,700円
3台 349,600円
4台 433,500円※全て税別価格
要問合せ要問合せ要問合せ

①セコム・ホームカメラシステム

「セコム・ホームカメラシステム」はセンサーライトとカメラを一体化した防犯カメラです。

周辺に近づく人を感知すると、威嚇・撮影をするとともに、建物内にチャイムで知らせてくれます。

動画・静止画どちらも記録可能です。

セコム・ホームカメラシステムの特徴

セコム・ホームカメラシステムのカメラには以下のような特徴があります。

センサーが人を感知すると自動記録、ライト照射を行う

設置されたセンサーが人の動きを感知すると同時に自動で画像を記録します。

また、画像記録と共にライトで照らしてくれます。

センサー感知と同時に室内へチャイムで通知

センサーが感知すると同時に、室内へはチャイムでお知らせしてくれます。

すぐに誰かが来たことがわかるので安心です。

カラーモニターで画像の確認が可能

セコム・ホームカメラシステムのホームモニターは、カラーモニターを採用しています。

よりわかりやすい画像確認が可能です。

「留守モード」完備

セコム・ホームカメラシステムには留守モードが搭載されています。

外出中も自動記録やライト照射を行ってくれるので安心です。

設置機器が少ない

防犯カメラのシステムは、通常、カメラと記録媒体、モニターといった複数機器の設置が必要です。

セコム・ホームカメラシステムはカメラとホームモニターのみの設置でOK。

ホームモニターも壁付けでコンパクトなので非常に利用しやすいです。

簡単操作のホームモニター

セコム・ホームカメラシステムのホームモニターはタッチパネルで簡単操作が可能。

カメラの切り替えやライトのON/OFFなどの設定も可能です。

ホームセキュリティと連動でより便利に!

セコム・ホームカメラシステムはセコムのホームセキュリティと連動させることでより便利に利用できます。

連動させると、ホームセキュリティが外出モードになれば、防犯カメラも留守モードに切り替えを自動で行ってくれます。

それぞれ操作をする手間が省けるので外出時や帰宅時に非常に便利です♪

セコム・ホームカメラシステムの設置機器

セコム・ホームカメラシステムでは以下の機器を設置できます。

設置機器

・ホームモニター1台

・センサーライトカメラorスポットライトカメラ

※カメラは合計4台まで設置可能

※※スポットライトカメラとは、センサーライトカメラより柔らかな光照射が特徴のカメラです。

セコム・ホームカメラシステムの利用料金

セコム・ホームカメラシステムの料金は設置するカメラの台数によって異なります。

1台179,100円
2台265,700円
3台349,600円
4台433,500円

※価格は全て税別

また、次の場合は、標準工事に含まれず別途見積もりが必要となります。

詳しくは無料の見積時に担当者に確認するようにしましょう。

別見積になる場合

・屋外配線部分の配管工事がある場合

・作業時間が17:00~7:00となる場合

・機器の設置場所が床面もしくは地上面から3.5m以上の場合

・新築住宅建築に伴う同時工事施工の場合

・渡り配線工事がある場合

・地中埋設工事がある場合

・カメラの設置階が、ホームモニターの設置階と同じか、その上下階以外の場合

・屋外配線用の配管が3系統(ルート)以上ある場合。

・ホームモニター~各カメラ間の配線長が、20m以上ある場合

・屋外配線用の配管長さが1系統につき、計20m以上ある場合。

・屋内から屋外へ配線を引出す箇所が2箇所以上ある場合。

②セコムIPカメラ

セコムIPカメラは、セコムのノウハウを注ぎ込んだ次世代の監視カメラです。

動画記録が可能です。

セコムIPカメラの特徴

セコムIPカメラには以下のような特徴があります。

撮影画像はモニターで確認可能

撮影された画像はモニターですぐに確認が可能です。

専用アプリでスマホからも映像確認が可能

セコムIPカメラはスマートフォンとの連携が

専用アプリをインストールすれば、スマホからも映像が確認できます。

クラウドサービス利用でレコーダー設置が不要に

クラウドサービス(有料)を契約することで、撮影データはクラウド保存が可能になります。

防犯カメラ利用時に必須だった【レコーダー】が不要になるのでその分のスペース確保も不要です。

保守契約が必要

セコムIPカメラを導入する場合は、故障時の対応のための保守契約が必要となります。

標準パックの契約が必要になりますが、希望に合わせてフルメンテナンスパックへの変更も可能です。

■保守契約の内容

セコムIPカメラの設置機器

セコムIPカメラでは以下の機器を設置できます。

設置機器

・ホームモニター1台

・セコムIPカメラ

※複数の機種から選択可能

・レコーダー

※クラウドサービス契約時は不要

セコムIPカメラの利用料金

セコムIPカメラは、複数の機種からカメラを選択するため、料金は要問合せとなります。

セコムの防犯カメラは無料で資料請求、申し込み相談が可能です。

契約前に担当者が無料で訪問見積を行い、希望に合わせたプラン設計をしてくれるので、まずは資料請求から行いましょう!

③NVR(監視カメラ)システム

NVR(監視カメラ)システムは、長時間録画・5台以上のカメラ設置を希望する場合におすすめです。

高画質デジタル映像を長時間録画が可能です。

NVR(監視カメラ)システムの特徴

NVR(監視カメラ)システムには以下のような特徴があります。

カメラへのいたずらや妨害を検知

セコムのNVR(監視カメラ)システムは、上記のようなカメラへのいたずら、撮影妨害を検知する機能が搭載されています。

特許保有の画策防止機能でカメラの異常もすぐに検知できます。

様々な記録モードを搭載

NVR(防犯カメラ)システムは、通常モードのタイマー記録の他にも、記録モードを搭載しています。

動体検知連動記録、セキュリティシステム記録、センサー感知連動記録など、様々なアクションをきっかけに記録開始が可能です。

また、リモコンや遠隔操作での記録開始も可能になっています。

データ保存は2種類から選択可能

NVR(防犯カメラ)システムでは、データ保存の方法を選べます。

  • レコーダーに内蔵されたHDDに記録する
  • カメラに内蔵されたSDカードに記録する
保守契約が必要

セコムIPカメラを導入する場合は、故障時の対応のための保守契約が必要となります。

標準パックの契約が必要になりますが、希望に合わせてフルメンテナンスパックへの変更も可能です。

■保守契約の内容

NVR(防犯カメラ)システムの設置機器

NVR(防犯カメラ)システムでは以下の機器を設置します。

設置機器

・NVRカメラ、周辺機器

・モニター

・NVR画像記録装置

NVR(防犯カメラ)システムの利用料金

NVR(防犯カメラ)システムの利用料金については、セコムへ問合せが必要となります。

セコムの防犯カメラは無料で資料請求、申し込み相談が可能です。

契約前に担当者が無料で訪問見積を行い、希望に合わせたプラン設計をしてくれるので、まずは資料請求から行いましょう!

④屋外画像監視サービス

屋外画像監視サービスは、セコムが屋外の監視も行ってくれるサービスです。

セコムホームセキュリティ契約者専用のサービスとなっています。

屋外画像監視サービスの特徴

屋外画像監視サービスには以下のような特徴があります。

・センサーが侵入を感知するとセコムで画像を確認
・その場で音声による警告や急行、110番通報が可能

センサーが侵入を感知するとセコムが画像を確認

屋外に設置されたセンサーが侵入を感知すると、セコムに通知を送ります。

セコムの監視センターがすぐに画像確認を行います。

不審者へ音声警告や迅速な対応が可能

セコムの監視センターで画像を確認し、不審者と判断すると、その場で迅速な対応が可能です。

音声での不審者への警告も行えます。

また、駆け付けや100番通報の判断も迅速に行えるので室内への侵入を防ぐ効果もあります。

屋外画像監視サービスの設置機器

屋外画像監視サービスでは以下の機器を設置します。

設置機器

・センサーライトカメラ

・NVR(防犯カメラ)システム

・赤外線センサー

・屋外用スピーカー

※希望の設置プランによって設置機器の内容は変わります。

屋外画像監視サービスの利用料金

屋外画像監視サービスの利用料金については、セコムへ問合せが必要となります。

希望に合わせて機器設置を行うため、料金が異なってしまうためです。

セコムの防犯カメラは無料で資料請求、申し込み相談が可能です。

契約前に担当者が無料で訪問見積を行い、希望に合わせたプラン設計をしてくれるので、まずは資料請求から行いましょう!

セコムの防犯カメラ申し込みの流れ

セコムの防犯カメラの契約・導入までの流れは以下の通りです。

①資料請求・無料相談

まずはセコムに資料請求、コールセンターへの無料相談を行いましょう。

②担当者からの連絡、日程調整

担当者より無料訪問見積の日程調整の連絡が入ります。

③無料訪問見積

担当者が自宅を訪問し、自宅に合ったプランを提案してくれます。

④契約

プランに納得できれば、契約を行います。

⑤工事、取り扱い説明

機器の取り付け工事が行われ、完了次第取り扱いの説明が行われます。

⑥利用開始

実際に防犯カメラの利用を開始します。

セコムのホームセキュリティの防犯カメラまとめ

セコムではホームセキュリティの各プランには防犯カメラは含まれていません。

そのため、別途オプションで契約する必要があります。

セコムの防犯カメラは自動記録ができたり、契約すると専用ステッカーももらえたりと充実のサービスが特徴です。

セコムでは4つの防犯カメラシステムを用意しています。

自宅の建物や立地、希望の防犯レベルなどに合わせて選択するようにしましょう。

セコムは資料請求・訪問見積が無料となっています。

契約前にしっかりと情報を集めることができますし、訪問見積では担当者が適したプランを提案してくれます。

しっかりと希望の防犯プランを伝えて自宅に合わせた防犯カメラやホームセキュリティを選択するようにしましょう。

セコムのホームセキュリティの評判や口コミは良い?悪い?徹底調査しました!