アルソックの賃貸物件(アパート・マンション)向けのホームセキュリティープランをご紹介

ホームセキュリティというと戸建て住宅や店舗などに設置するイメージが強いですが、警備会社各社ではマンションや賃貸物件向けのホームセキュリティがあるのをご存じでしょうか。

防犯対策意識が高まる中、マンションや賃貸物件でも「自宅に防犯設備を取り付けたい」という方が多く、傷をつけずに設置できる据え置きタイプの機器など、利用しやすいシステムでプランが用意されています。

ここでは、大手警備会社の1つである「アルソック」のマンション・賃貸物件向けのホームセキュリティプランについてご紹介します。

アルソックの賃貸物件(アパート・マンション)向けのプラン

アルソックの賃貸物件(アパート・マンション)向けのホームセキュリティプランには「HOME ALSOK アパート・マンションプラン(入居者契約プラン)」があります。

ここでは「HOME ALSOKアパート・マンションプラン(入居者契約プラン)」について詳しく見ていきたいと思います。

HOME ALSOKアパート・マンションプラン(入居者契約プラン)

HOME ALSOKアパート・マンションプランはオートロックにも対応したアパート・マンション向けプランです。
こちらはアパート・マンションオーナー向けのプランではなく、入居者が契約するタイプなので、マンションに防犯カメラやオートロックがあっても自分で防犯対策をしておきたいという方におすすめです。

サービス内容

侵入検知、非常時の通報、火災検知と異常発生時には警備員が駆け付けてくれます。

画像引用:ALSOK「アパート・マンションプラン(入居者利用プラン)」

◆据え置き型のコントローラーで賃貸物件でも安心

アパート・マンションプランの使用機器はコンパクトな機器で据え置きタイプで、壁に傷をつけることなく省スペースに設置することができます。
(新築マンションに設置する場合は壁面設置タイプを選ぶこともできます。設置の際は見積り担当者に相談してみましょう。)

画像引用:ALSOK「アパート・マンションプラン(入居者利用プラン)」

コントローラー本体に3G回線が内蔵されているので、インターネット回線がなくても利用することができます。

3G回線、プラン毎で必要なインターネット回線については、こちらの記事で詳しくご紹介しているので、参考にしてみてくださいね。

ALSOK(アルソック)はインターネット回線がなくても利用できる!機器の使用回線についてご紹介します

◆窓や玄関からの侵入対策ができる

オートロックや監視カメラといった防犯対策が取られることが多くなっていますが、賃貸物件では窓からの侵入や施錠忘れなど、自分で防犯対策を行わないと防げないこともあります。

マンションでの侵入被害で特に多いのは、玄関の施錠忘れ、窓の施錠忘れ(ベランダ窓の施錠忘れ)と言われています。

また、二重ロックなどセルフ防犯も防犯面で効果的ですが、気づくのが遅れたり、被害が大きくなりやすいのでやはり自動検知・駆けつけ対応のあるホームセキュリティがあると安心です。

◆短い期間(5年以内)の利用も可能

契約期間は基本5年ですが、短い期間での利用も可能なので、一人暮らしの間だけ、単身赴任の間だけ、といった利用も可能です。

◆スマホアプリで遠隔操作が可能

画像引用:ためしてALSOK!

外出時に自宅内で警備状態をONにすると一定時間経過後に「警備ON」となるので、慌てて出かけてしまう・・・ということもありますが、スマホアプリを使えば、自宅を出てから警備操作ができるので外出時に慌てることもなく安心です。

警備操作、警備状況の確認、ガードセンターへの問い合わせをアプリ1つで行うことができます。

スマホアプリについてはこちらの記事で詳しくご紹介しているので、参考にしてみてくださいね。

ALSOK(アルソック)はスマホアプリで外出中も安心!警備状態を確認・操作できる!

オプション

HOME ALSOKアパート・マンションプランはオプションの設定はありませんが、他のプランと一緒に契約するとお得に利用できる特典があります。

◆同時に契約するとお得なおすすめのプラン

モバイルみまもりセキュリティ「まもるっく」

ホームセキュリティと同時に利用することで、買取りの場合:月額100円、レンタルの場合:月額200円の割引特典、さらにホームセキュリティ機器設置工事費:半額の特典があります。

◆まもるっくは高齢者・お子さんの見守りにおすすめ

携帯電話型の端末で、非常通報・GPS機能で位置情報の確認ができるので、高齢者やお子さんの見守りにおすすめです。

キッズケータイでも防犯ブザー機能がありますが、まもるっくは万が一のときでもボタン1つで通報・警備員が駆けつけてくれるので、登下校時・塾への通学といった一人で行動するときも安心です。

アルソックの見守りサービス

アルソックの高齢者の見守り、お子さんの見守りサービスについてはこちらの記事で詳しくご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ALSOK(アルソック)の見守り(高齢者・シニア向け)サービスは初期費用ゼロで始められる!

※アルソックのお子さんの見守りサービスについては近日公開予定となっております。

利用料金

「HOME ALSOKアパート・マンションプラン(入居者契約プラン)」の利用料金はこのようになっています。

◆アパート・マンションプラン(入居者契約プラン)

初期費用月額料金
買取り35,000円(工事費)
139,800円(機器費・10年間無料保証)
月額3,000円
レンタル35,000円(工事費)
機器費なし(レンタル)
月額5,420円
ゼロプラン初期費用なし
機器費なし(レンタル)
月額6,010円

ALSOK公式(アパート・マンションプラン)

プラン内容に関しては、見積り時に担当者とお部屋の数、家族構成、人数、設置機器の種類について相談しながら決めることができるので、どんな警備内容が良いかじっくり相談してみましょう。

ホームセキュリティは一括見積が便利!

他社とのサービス、料金比較なら大手各社を一括で見積りできる「一括見積請求サービス」が便利です。
アルソックのホームセキュリティの他にも各社のサービス内容や料金の比較が簡単にできるのでおすすめです。
営業電話や訪問、無理な勧誘は一切ないので安心して利用できます。
ホームセキュリティを検討中の方、今のサービスから乗り換えたい方はぜひ活用してみてくださいね。

ホームセキュリティの資料請求は無料で使える一括請求が便利!

賃貸物件を選ぶときの防犯ポイント

アルソックのマンション・賃貸物件向けのホームセキュリティについてご紹介しましたが、賃貸物件でもホームセキュリティを導入しやすくなっていること、侵入被害を防ぐ防犯対策ができることが分かりました。

ですが、防犯面を考える場合、物件を探す段階で防犯ポイントを押さえておくと被害に遭いにくくなります。

  1. 日当たりは良いか
  2. 玄関の鍵穴、窓の鍵はいくつついているか
  3. 日中、夜間、人目につかないポイントはないか
  4. 足場になりそうなものはないか
  5. 隣家との距離、周囲の人の出入りの頻度
  6. 共用部分は清潔に管理されているか
  7. 警察署、交番はどのくらいの距離にあるか

ここでは賃貸物件を選ぶときに知っておきたい「防犯ポイント」について見ていきたいと思います。

防犯ポイント【1】日当たりは良いか

防犯ポイントの1つ目は、日当たりの良さです。
日当たりが良い物件は見通しが良い物件が多く、人目につきやすいことから侵入者に狙われにくくなります。

また、日当たりの良い物件は中層階、高層階にあたる物件が多いので窓やベランダからの侵入も起こりにくいです。
日当たりの良い物件はこうした防犯対策面で高い効果があります。

防犯ポイント【2】玄関の鍵穴、窓の鍵はいくつついているか

物件の玄関ドアの鍵穴の形式、鍵穴の数をチェックしましょう。

◆セキュリティ性能の高い錠前にしておく

古い物件では最近できた物件のようにセキュリティ性能の高い鍵の形状になっていないことが多く、防犯面を強化したものではない鍵穴がついていることがあります。

防犯性の高い錠前:プッシュプルキー(ディンプルキー)

このような玄関ドアの錠前で使います。

画像引用:株式会社ゴール(GOAL)集合住宅・戸建て住宅

従来の錠前:ピンシリンダー錠

縦穴のシリンダーが1つついている錠前で、鍵がこのように片方が真っすぐ、片方がギザギザになっている場合は防犯性能が低い錠前の可能性が高いので、セキュリティー性能の高い鍵に交換することをおすすめします。

鍵交換には一般的に2万円~3万円前後かかりますが、安全性の高い鍵にしておくことでピッキングなどの侵入被害に遭いにくくなるので、古い錠前がついている場合は交換を検討しましょう。

◆1ドア2ロックを基本に見ておく

また、鍵穴は1ドア2ロックが最近は基本となっているので、できれば鍵穴が2つあるドアだとピッキング対策にも安心です。

窓の鍵はクレセント錠1つだけの場合、焼き破りという手口で狙われやすくなるので、補助錠を取り付けるといった防犯対策をしておきましょう。

◆賃貸物件は入居前に鍵交換が必須のことが多い

物件が決まると申し込み・契約手続きに入りますが、多くの場合、入居契約の段階で初期費用として鍵交換費が含まれていることがあります。

前に入居していた方がいる場合、鍵交換は必須となることが多いので安心です。

防犯ポイント【3】日中、夜間、人の目につかないポイントはないか

物件を見るときに大事なのが、屋外から見て人の目につかないポイントがないかどうかという点です。
日中、夜間に限らず人目につかないポイントがないかをチェックしておきましょう。

侵入者は日中に行動するケースも多く、人目につかない場所を下見していることもあります。
建物に囲まれている、周囲を木が囲んでいる、など人の目に触れにくい物件は狙われやすい傾向があるので注意が必要です。

ベランダや玄関などの出入り口が人目につきやすい通り(場所)に面しているかをチェックしておくと良いでしょう。

防犯ポイント【4】足場になりそうなものはないか

物件の周りにマンション・隣家の車庫、大型の物置といった足場になりそうなものが近くにないかをチェックしておきましょう。

一般的に2階以上の物件は空き巣被害に遭いにくいと言われていますが、足場になるものがあると狙われやすくなるので注意が必要です。

防犯ポイント【5】隣家との距離、周囲の人の出入りの頻度

マンションと周辺の住宅との距離が近い、周囲が工場や企業ビルで夜間・週末の出入りが少ない、など、空き巣が行動しやすい状況・曜日・時間帯がないかチェックしましょう。

隣家との距離が近いと建物づたいに空き巣被害に遭うこともあります。
また、夜間に人の出入りが少ないと人目に触れることが減り不審者が出やすいので気を付けたいところです。

隣家との距離が一定距離保たれている、住宅街や人目が常にある場所だと空き巣被害に遭いにくくなります。
また、曜日・時間帯を変えて周辺の人の出入り状況を確認しておくと良いでしょう。

防犯ポイント【6】共用部分は清潔に管理されているか

外観から防犯状況を確認する方法の1つに、共用部分の管理状況をチェックする方法があります。

マンションの共有部分(ゴミ集積場、ポスト周り、共用設備のメンテナンス状態など)がきれいに管理されているかを見て防犯面を見ることができます。

ゴミ集積場が荒れている、ポストのチラシが散乱している、共用設備が破損したまま放置されている、といった状況がみられる場合は管理が行き届いておらず、侵入者に狙われやすくなるためおすすめしません。

共用部分が荒れている=部外者がいても怪しまれない、と考えられ狙われやすくなるので共用部分の管理状況もしっかりチェックしておきましょう。

防犯ポイント【7】警察署・交番はどのくらいの距離にあるか

もう1つ、チェックしておきたいポイントに警察署・交番がどのくらいの距離にあるかということです。

近くに警察署や交番がある場合、定期的に巡回することが多く人目に触れることから侵入者に狙われにくくなります。

また、もしもの場合もどこに警察署・交番があるかが分かるとすぐに駆け込めるので、物件から近い警察署や交番がどこにあるかは知っておきたいですね。

明るく清潔感のある物件が防犯面で安心

防犯面で見ておきたい物件のポイントについてご紹介しましたが、基本的には「日当たりが良く見通しが良い」「管理が行き届いている」といった明るく清潔感のある物件だと安全性が高いといえます。
築年数が若干古くても清潔感があり、管理が行き届いている物件であれば防犯面を考えつつ家賃を抑えることもできます。

また、「玄関ドアの錠前が2ロック」といった基本の防犯対策が施されているとマンションに多いピッキング被害を防止する面でも安心です。

家賃を抑えてホームセキュリティを導入する

最新の防犯設備が整った新築マンション、となると防犯面は安心だけど毎月の家賃が気になります。
さらに駅近の物件や、新築でなくても築浅のマンションはぐんと家賃が高くなる傾向があります。

一方で、築年数の古い物件やオートロックや防犯カメラがないなどセキュリティ設備が充実していない物件は家賃を抑えられるというメリットがあります。

ポイント①家賃+ホームセキュリティ費用で考えてみる

「毎月の家賃はできるだけ抑えたい」でも、「安全面はしっかり確保したい」「防犯面が気になる」という方もたくさんいると思います。

そういった場合は、セキュリティ面が充実している物件と、自分でホームセキュリティを設置する物件とで毎月かかる費用を比較して決めるのも1つの方法です。

ポイント②アルソックは初期費用ゼロで始められる

ホームセキュリティにかかる費用は初期費用ゼロのプランでも月額6000円前後で導入できるので、家賃を抑えて毎月ホームセキュリティを利用する、という方法もあります。

このように、ある程度家賃を抑えて自分でホームセキュリティを導入するという選択肢もあることを知っておくと防犯面を考えながら物件探しができるのでぜひ意識してみましょう。

まとめ:アルソックの賃貸物件プランはリーズナブルに自宅の防犯対策ができる!

アルソックの賃貸物件向けのホームセキュリティプランについてご紹介しましたが、月額6,000円前後のリーズナブルな利用料金で、侵入対策、駆けつけ、アプリからの操作など、充実のサービスが利用できることが分かりました。

また、賃貸物件にはさまざまな物件がありますが、オートロックや防犯カメラなどの防犯設備の有無によって家賃に差が出ることもあるため、家賃を抑えてホームセキュリティを自分で設置するという方法も1つの方法です。

近年では、オートロックがあるから安心、という認識は少なくなっており、どんなマンションでも防犯対策が必要という認識が広まっており、賃貸物件の防犯対策に興味を持つ方がとても増えています。

賃貸物件では共用部分の防犯対策だけでなく、自宅の防犯対策が大切です。
気になる方はぜひ、ホームセキュリティの導入を検討してみましょう。

ホームセキュリティは一括見積が便利!

ホームセキュリティの見積りは大手各社を一括で見積りできる「一括見積請求サービス」が便利です。
アルソックのホームセキュリティの他の会社とサービス内容や料金の比較が簡単にできるのでおすすめです。
営業電話や訪問、無理な勧誘はないので、安心して利用できます。
ホームセキュリティを検討中の方、今のサービスから乗り換えたい方はぜひ活用してみてくださいね。

ホームセキュリティの資料請求は無料で使える一括請求が便利!
アルソック(ALSOK)のホームセキュリティの評判は良い?悪い?口コミを調べてみた!