セコムのホームセキュリティの使い方を調べてみました!

ホームセキュリティは自宅や家族を守ってくれるとても重要なサービスです。

実際に契約する上で、使い勝手もとても大切になります。
特に子供や年配の家族がいる場合は、全員が操作できることがホームセキュリティを選ぶポイントにもなります。

セコムのホームセキュリティを契約してみたいけれど、
セコムのホームセキュリティの機械を実際に操作できるのか、使いこなせるのか不安だったり
契約前に機械の操作方法など見ることができたら嬉しいし、より安心して契約できますよね!

そこで、セコムのホームセキュリティの使い方や仕組みを徹底調査してみました!

セコムの取扱説明書を確認する方法

使い方を知る上で一番詳細確認ができるのが【取扱説明書(マニュアル)】です。

そこで、まずは契約前にセコムのホームセキュリティの取扱説明書(マニュアル)を確認できるのか調べてみました。

すると、ネット上ではマンション向けプランの取扱説明書(マニュアル)が確認できることがわかりました!

また、契約前に取扱説明書(マニュアル)を確認できるその他の方法も調べてみました!

ネットで確認できるセコムのホームセキュリティの取扱説明書(マニュアル)

ネット上では、マンション向けのスマートなプランの取扱説明書が確認できました!

ホームコントローラーについて、以下の内容が詳しく記載されています。

取扱説明書に記載されている内容

・ホームコントローラーの各ボタンの説明
・ライフカードの説明
・外出時の警備設定(外出セコムモード)
・帰宅時の警備設定(在宅セコムモード)
・特定の部屋だけを警備する方法
・就寝時の警備設定
・家族の帰宅待ちの時の警備設定(帰宅待ちモード)
・帰宅待ちモード中に帰宅した時の設定
・機器のテスト(点検)方法

セコムのマンション向けのプランでは、一つのコントローラーで細かい設定も行えるようになっているようです!

セコムのホームセキュリティの取扱説明書はコチラ

※契約時期によって、ホームコントローラーのデザインや操作方法が変わる可能性があります。

ネット以外で取扱説明書を確認する方法は?

ネット上では、セコムのホームセキュリティに関する取扱説明書はほとんど情報がなく、マンション向けプランの取扱説明書しか確認できませんでした。

そこで、その他のプランのコントローラーやその他機器の取扱説明書について確認する方法を調べてみました!

すると、セコムの契約前の見積時に取扱説明書を確認できる可能性があることがわかりました!

契約前の見積時に担当者にお願いしてみよう!

セコムの取扱説明書を確認する方法を調べてみたところ、【担当者にお願いする】という方法もあることがわかりました!

セコムでは、契約前に自宅にセコムの担当者が訪問する無料防犯診断・見積を行っています。
契約前に自宅に合わせたプランや機器を提案してくれるサービスです。

このときに、担当者に「実際に機器を見てみたい」「説明書を見ながら機器の詳細を確認したい」とお願いしてみましょう!

防犯診断や見積、プランに関する打合せ時には料金は発生しないので、無料で契約前に機器や取扱説明書を確認できます♪

セコムでは子供やお年寄りがいる家庭のために、契約前に機器の確認を行っています。
公式サイトでも契約前にデモ機での確認可能であることが記載されています。

契約前に色々お願いするのは恥ずかしい…という場合もセコムが公式でこのように記載してくれているので安心してお願いできますね♪

ホームセキュリティは「家族みんなが使える」ということが大切になるので、わからないことや不安なことは担当者にしっかり聞いておくようにしましょう。

セコムのホームセキュリティの遠隔操作の方法

セコムのホームセキュリティには、スマートフォンからの遠隔操作が可能なものがあります。

スマホからの操作OKのプラン

・ホームセキュリティNEO
・G-カスタム

ホームセキュリティNEOは、【戸建てプラン】、【住宅兼オフィス・店舗・医院プラン】のベースとなっているホームセキュリティです。

G-カスタムは現在セコムの公式サイトでは大きく案内されていませんが、二世帯住宅など大型の住宅向けのホームセキュリティです。

※G-カスタムについては現在申し込み可能かどうかは確認が必要

そこで、遠隔操作の方法についても詳しく調べてみました!

スマホからの遠隔操作の仕組み

セコムではどのようにしてスマートフォンとホームセキュリティを連携させているのでしょう。
まずは、遠隔操作の仕組みを調べてみました!

専用のアプリで連動が可能!

セコムのホームセキュリティでは、遠隔操作を行いたい場合
専用のアプリとホームセキュリティのシステムを連携させるようです。

セコムのホームセキュリティアプリ【SECOM Home Security App.】

画像引用:App store

GoogleStore

AppStore

セコムのホームセキュリティアプリの設定方法

セコムのホームセキュリティでは、スマホで遠隔操作を行うためにどのような設定が必要なのかを調べてみました!

すると、【ライフカード】を使ってアプリと連携させていることがわかりました!

セコムのライフカードとは

セコムのライフカードとは、ホームセキュリティ契約時に貰えるスティックタイプの鍵です。

これをホームコントローラーに差し込むだけで警戒(セキュリティモード)のON/OFFができるようになっています。

画像引用:セキュリティシステムのICスティックを紛失してしまいました。どうしたらいいですか?|賃貸のレオパレス21|賃貸アパートやマンスリーマンション、一人暮らしの物件情報

この鍵には個別に識別情報が登録されています。

その情報を使ってアプリと連携させているようです。

ホームセキュリティNEOのスマホ連携方法

アプリをダウンロードして、「設定」メニューからお客様情報設定の画面へ移動します。

そこからライフカードの情報を登録してホームセキュリティと連携させることができます。

G-カスタムのスマホ連携方法

ホームコントローラーの「ご利用者情報設定」のメニューからスマートフォンの情報を登録します。

登録したスマートフォンから遠隔操作が行えるようになります。

スマホ連携の際の注意点

スマートフォンとセコムのホームセキュリティを連動させる場合、

1つのライフカードにつき、スマートフォンは3台までの登録となるようです。

4台目を追加しようとするとエラーが出る仕組みになっています。

その場合は、古いスマートフォンの情報を削除するか、ライフカードを追加するようにしましょう。

スマホアプリから操作できること

スマートフォンからの場合、どのような操作が行えるのかも調べてみました!

ホームセキュリティに関する操作

セコムのホームセキュリティに関するもので、スマートフォンから操作できるのは以下のとおりです。

可能な操作一覧

・現在のセキュリティモードの状況確認

・警戒操作の履歴確認

・セキュリティモードの変更操作

・セキュリティモード変更のプッシュ通知設定

スマートフォンからはセキュリティモード(在宅セコム/外出セコム)の確認や変更が可能となっているようです。

子どもの留守番中のセキュリティ状態や外出前にセキュリティを入れ忘れてしまったなど、不安な時にも外出先や職場などから操作ができるので安心です。

操作履歴も確認できるので、いつどのように操作されたのかわかるのも嬉しいですね!

ホームセキュリティ以外の機能

セコムのホームセキュリティのアプリを利用すると、セキュリティに関すること以外にも以下のようなことが簡単に行えるようになっています。

可能な操作一覧

・お客様情報の設定/変更

・セコムへの連絡

・セコムの健康相談ダイヤルへの連絡

・セコムからのお知らせの確認

セコムのホームセキュリティを契約すると、24時間365日看護師が健康に関する質問に答えてくれたり、夜間救急などの近隣の医療機関を教えてくれるサービスが利用できます。

アプリを使うと、この相談ダイヤルへスムーズに連絡が可能です。

またその他セコムへの問い合わせもアプリから行えるようになっています。

セコムのスマホアプリの操作画面

セコムのスマートフォンのアプリの操作画面についても調べてみました!

■操作履歴の確認画面

チャット形式でどのセキュリティモードをいつ設定したのかを確認できるようになっています。

■セキュリティモードの設定画面

操作メニューから、在宅セコム・外出セコム・帰宅待ちモードの設定が行えます。

また、特定の箇所だけのセキュリティを設定することもできます。

シンプルで見やすい画面と、ボタンもわかりやすいデザインなので操作しやすく感じますね。

■スマートフォンの通知画面

セコムのホームセキュリティのセキュリティモードが設定・変更されるとスマートフォンに通知が表示されます。

通知に関してはセコムのホームセキュリティのアプリから設定を変更することもできます。

セコムのホームセキュリティの通報の仕組み

セコムのホームセキュリティを利用するにあたって、万が一の時にどのようにセコムへ通報されるのかも非常に気になりますよね!

そこで、セコムのホームセキュリティの通報の仕組みも詳しく調査してみました!

通報の種類は2つ!

セコムのホームセキュリティを調べてみたところ、セコムへの異常を知らせる通報の方法は以下の2種類のようです。

通報の種類

①異常感知と同時に自動通報
②非常ボタンからの手動通報

自動通報の仕組み

セコムのホームセキュリティでは、外出時または在宅時にセキュリティモードをONにしておくことで不審者の侵入や火災などの見守りを行ってくれます。

セキュリティモードがONになっていれば、各種センサーが異常を感知するとセコムへ自動通報を行ってくれます。

セコムに通報が届くと、すぐに警備員の手配を行い、必要に応じて警察や消防への通報も行う仕組みになっています。

また、通報が行われるとセコム側から契約者へ、状況確認の電話がかかってくることもあるようです。

手動通報の仕組み

手動通報とは、セコムのホームセキュリティで利用できる【非常ボタン】を押して通報する方法です。

画像引用:ホームセキュリティを考える阪神大好き男のブログ

この非常ボタンを押すことでもセコムへ通報が可能です。

就寝時や一人で在宅中の場合などにこの非常ボタンを傍に置いておけば安心です。

非常ボタンを押すとセコムへ信号が届き、自動通報と同じように警備員の手配や必要に応じて警察や消防への通報を行います。

また、通報が行われるとセコム側から契約者へ状況確認の電話がかかってくることも多いようです。

誤通報してしまった場合はどうなるの?

手動通報の場合、間違ってボタンを押してしまった…なんてことも考えられますよね。

セコムでは非常ボタンからの通報が行われると契約者に状況確認の電話がかかってくることが多いようです。

その場合は、電話で誤通報であることを説明しましょう。

セコムでは非常通報確認と同時に警備員の手配や警察や消防への通報を行っています。

万一電話がかかって来ずに警備員が到着してしまった場合は、警備員にしっかり誤通報である旨を説明しましょう。

セコムでは駆けつけ費用はかからないので、誤通報をしてしまった場合でも料金を請求されることはありません。

その点は、とても安心ですね。

セコムのホームセキュリティの使い方まとめ

セコムのホームセキュリティの使い方についての情報は、ネット上ではあまり確認できませんでした。

使い方が一番よくわかる取扱説明書についても、マンション向けのプランのホームコントローラーのもののみ確認ができるようになっていました。

その他のプランや機器については、契約前の無料防犯診断・見積時に担当者の方に確認するようにしましょう。

セコムでは高齢者、子供のいる世帯のために契約前に機器の確認が行えるようになっています。

デモ機での確認と同時に取扱説明書などの詳しい資料を確認することができるでしょう。

セコムのホームセキュリティでは、「ホームセキュリティNEO」と「G-カスタム」のプランであればスマートフォンからの遠隔操作も可能です。

その場合は、アプリをダウンロードして、ホームセキュリティのライフカードと連携させる仕組みになっているようです。

アプリからホームセキュリティに関する操作はもちろんのこと、セコムへの連絡がスムーズにできるメニューも用意されていて安心です。

また、セコムの通報についてですが、基本的にはセキュリティモードをONにしておくことで異常感知と同時に自動通報される仕組みになっています。

自動通報以外にも非常ボタンからの手動通報も可能です。

どちらの場合も通報確認と同時にセコムが警備員の手配や警察・消防への通報も行ってくれるので安心です。

セコムでは、契約前の防犯診断や見積が無料となっています。

使い方・ホームセキュリティの仕組みでわからないことや不安なことがあれば、気軽に担当者に質問できます。

ホームセキュリティは家や家族の命を守る大切なサービスです。

契約時に不安なことが無いようにしておくこともとても大切です。

セコムのホームセキュリティの評判や口コミは良い?悪い?徹底調査しました!