セコムのホームセキュリティは故障しやすい?安心して使えるかを徹底調査しました!

セコムのホームセキュリティを利用(契約)するにあたって、故障は非常に大きな問題です。

ホームセキュリティは家や家族を守ってくれるものなので、機械がすぐに故障してしまっては元も子もないですよね。

せっかく利用するのであれば家族みんなが安心してせいかつでk

そこで、セコムのホームセキュリティでは、機械の故障は多いのかどうか、また、機器の誤作動についても併せて調査してみました!

セコムのホームセキュリティの故障について調べてみました!

まずは、セコムのホームセキュリティの機器の故障について調べてみました!

Twitterの口コミや、セコムの機器故障に関するサービス、また停電の際に機器が動くのかなどについても詳しく調査してみました!

調査した結果…

セコムは機器故障の可能性は0ではありません。

しかし、故障を感知するシステムや停電などの緊急時に対応できるシステムがきちんと用意されていることがわかりました!

セコムはホームセキュリティ業界でもNo1の大手じゃ。

これまでのノウハウを活かして自社で機器の製造もしておる。

機器の故障など万が一の時の対策もばっちりで、安心して使えるサービスになっているのじゃ。

防犯博士

セコムのホームセキュリティの故障に関する口コミ情報

セコムのホームセキュリティの故障に関する口コミを調べてみました!

Twitterに故障に関する口コミが投稿されていたので紹介していきます。

Twitterの口コミ

Twitterの特徴として、悪評やクレームなどマイナスのコメントが書かれることが多いです。

そこでTwitterでも故障に関する口コミを調べてみました。

火災報知器の故障に関する口コミ

セコムの火災報知器が故障して鳴ってしまったという口コミです。

時間も深夜帯だったのでとても大変だったようですね。

マンションの場合、建物全体でセコムを導入していることも多いです。

この場合はおそらく建物全体で一括管理されていたのでマンション全体の火災報知器に影響してしまったようですね。

機器の故障に伴う修理に関する口コミ

セコムの機器修理に関する口コミです。

15時30分から待って17時50分に対応が完了しているようなので2時間程で修理が行われたようですね。

投稿者は少し待たされたと感じた様子です。

しかし、機器が故障してもすぐに対応に来てくれるのは安心できますね!

電源故障時の対応についての口コミ

深夜にセコムが機器の故障(電源が切れる)を感知して担当者が訪問してきたという口コミです。

セコムは機器の電池や故障状況を自動検知するシステムを導入しています。

そのため、契約者が気付かなくてもセコム側で機械の故障を感知してくれるのです。

深夜1時の急な訪問で驚いたということですが、深夜でもしっかり見守りをしてくれるのは嬉しいですね!

ゆうな

セコムは機器の故障も確かにあるようだけど、しっかり対応してくれる…という口コミが多いと言えるのかな?

口コミを見ると、機器の故障時の対応についてはクレームなどは無いようじゃな。

機械じゃから故障の可能性は0ではない。

故障の時に迅速に対応してくれるのがセコムの良い所と言えるじゃろう。

防犯博士

セコムのホームセキュリティはどんな機器を使っているのか

電化製品などを購入する場合、メーカーや生産地などが気になることもありますよね!

セコムのホームセキュリティの機器はどのメーカーのものを使用しているのでしょうか。

本当に安心して使える機器を導入しているのか、更に詳しく調べてみました!

すると…

セコムのホームセキュリティの機器は全てセコムのグループ会社で製造をしていることがわかりました!

セコムでは契約からホームセキュリティを利用していく中で、全ての責任をセコムが持つことをモットーにしています。

そのため、ホームセキュリティの機器や配線部材なども全てグループ会社で責任を持って製造を行っているとのことです。

Q:機器の製造はどのメーカーで行っていますか?

A:セコムはサービスの全プロセスにおいて、自らの責任で運営・管理して品質を追求しており、グループ会社であるセコム工業株式会社などで機器の製造を行っております。

引用元:ホームセキュリティのよくある質問|ホームセキュリティのセコム

ゆうな

サービスを提供するだけじゃなくて、それに関するもの全てをセコムが責任を持つって考えているなんてすごい!

細かい部材までちゃんと自社で管理しているなら安心できるね!

セコムは業界最大手のノウハウ・パワーのある会社じゃ。

サービスを売るだけじゃなく、安心してサービスを使ってもらうことも大切だと考えているのは素晴らしいのう。

防犯博士

セコムの機器トラブル(故障)に関する補償はある?

セコムでは機器の故障時には迅速に対応してくれることがわかりました。

しかし、故障の対応をしてくれても修理に料金がかかる、その度に費用請求されるのは困りますよね。

そこで、セコムのホームセキュリティの故障に関する補償サービスについても詳しく調べてみました!

電池切れや故障を見守る補償サービスがある!

セコムではホームセキュリティの全プラン共通で【補償サービス】が用意されています。

補償内容

・機器の電池切れ、故障を自動感知するシステム搭載

・電池切れや故障時は自動でセコムに通知可能

【修理費用について】

レンタルプラン:永続的に無償

買取プラン:10年間無償

※買取プランについてはオンライン契約締結している場合のみ

機器の電池切れや故障を自動で見守ってくれるシステムが搭載されています。

契約者側で気付けなくても、機械が自動感知してセコムに通知を送ってくれるので安心です。

セコムに通知が届くと、担当者が訪問して機械のチェックや修理を行ってくれます。

レンタルプランであれば永続的に修理料金・電池交換代は無料になるのでとてもありがたいですね!

停電した時のセコムのホームセキュリティは使えなくなる?

ホームセキュリティを利用する上で、万が一停電してしまったときにどうなるかということも考えておかなければいけません。

停電が長時間続いたりする場合、その間に侵入や窃盗などの犯罪が行われる可能性があるからです。

そこで、セコムのホームセキュリティは停電時にどうなるのかを調べてみました!

停電した時にセコムの機械は停止するのか?

セコムのホームセキュリティを調査したところ、停電時に機械はすぐに停止しないことがわかりました!

セコムのホームセキュリティでは複数の機械を設置するので、それぞれの機器について詳しく見てみましょう。

センサー類の停電時の動作

セコムのホームセキュリティでは

空間センサー・開閉センサー・火災センサー

といったセンサー類を設置します。

これらは全て電池式なので、停電しても電池切れにならない限り動作してくれるので安心です。

ホームコントローラー・送信機

セコムのホームコントローラーや送信機(ホームコントロールユニット)は電源が必要です。

しかし、停電時を想定してこれらには【予備電源】が内蔵されているんです!

予備電源(バッテリー)が停電時に作動してくれるので、停電と同時に電源が切れてしまうということはありません。

予備電源の作動時間は約2時間程度が目安とのこと。

一時的な停電であれば復旧までは問題ないと考えられます。

万が一このバッテリーが少なくなっても、セコムに自動で信号が送られる仕組みになっています。

基本的にはセコム側で新しいバッテリーの用意が可能です。

余程の大震災になると確約は難しいですが、通常利用していくうえでは非常に安心なシステムと言えるでしょう。

ネット回線が使えない状態で通報システムは作動するのか?

停電してしまった場合、ネット回線や電話回線も利用できなくなってしまいます。

ホームセキュリティは通信の際にネットや電話回線を利用することが多いので、しっかり信号が送られるのかも心配なところです。

調べてみたところ、セコムではこの信号送信に関する対策もバッチリ行われていました!

セコムではホームコントローラーとは別に信号を送信するための【送信機】を取り付けます。

この中に、スマホや携帯電話で使用される通信のチップ(LTEのチップなど)が内蔵されているんです。

そのため、停電している状態でもバッテリーが残っている状態であれば通信ができるようになっています。

ゆうな

セコムはもしもの時もしっかり想定して機械の対策をしているのね!

停電は皆が不安になる状況じゃ。

セコムがしっかり動いてくれていると思うだけでも安心できる気がするのう。

防犯博士

セコムの機器は定期的にテストが必要?

セコムのホームセキュリティの機器は電池切れ・故障を自動で検知してくれます。

検知するとセコムの担当者がすぐに対応してくれるので安心です。

そのため、基本的には契約者側で電池交換や故障の確認をする必要はありません。

しかし、調べてみたところセコムのホームセキュリティでは契約者側での【機器の定期テスト】も必要なようです。

ここではその定期テストの方法やなぜテストが必要なのかを調べてみました!

定期テストに関する口コミや情報を調べてみた

まずはセコムのホームセキュリティの機器の定期テストに関する口コミなどを調べてみました!

定期テストに関する口コミ

セコムの機器の定期テストに関して、以下のような口コミが見つかりました!

これがちょいと面倒なのですが、毎月ある時期になるとコントローラーのランプが点滅しだして、テストを促されます。

でもこのテストがあるから、「あっ、セコムってちゃんと働いてるんだな」って分かるので、家や私たちの家族を守るという意味では本当にありがたいことです。

引用元:ホームセキュリティのセンサーは作動しているか毎月要確認 | ホームセキュリティを考える阪神大好き男のブログ

毎月特定の時期に、テストをしなければいけない様子です。

しかし、このテストのおかげでセコムが動いてくれていることを実感できるという口コミです。

毎月と聞くと少々手間に感じるが、家族や家を守るためのサービスじゃ。

しっかり確認をしておくことでより安心して生活ができるようになるんじゃ。

防犯博士

なぜ定期テストが必要なのかを調べてみた

セコムのホームセキュリティの各機器は、機器の故障や電池切れの自動見守りの補償がついています。

それなのになぜ毎月定期テストが必要なのでしょうか。

定期テストについて調べてみたところ、各機器同士がきちんと連携できているかをチェックするようです。

ホームセキュリティのシステムがきちんと動作しているのかの確認のため定期テストが必要なようですね。

定期テストをしないとどうなる?

セコムの機器の定期テストはホームコントローラーのテストボタンが点滅してお知らせしてくれます。

そのまま放置することもできるのでしょうか?

調べてみたところ、そのまま放置すると点滅が激しくなっていくようです。

テストボタンを押した後、窓の開閉などをせずに在宅ボタンを押してテストを終了させることもできます。

特に定期テストをきちんと行わなくてもペナルティはないようです。

しかし、万が一の時に動作してくれるのかをしっかり確認しておくために定期テストはきちんと行うことをおススメします。

セコムの機器のテスト方法

セコムの機器の定期テストはどのようにして行うのかを調べてみました。

基本的にはコントローラーを操作して、テストモードにした上で窓などに設置されたセンサーが反応するかを確認するようです。

全てのセンサーを確認するので間取りの多い家では少々手間に感じるかもしれませんが、手順自体は非常に簡単なので安心です♪

定期テストの方法

定期テストの手順は以下の通りです。

定期テスト手順

①ホームコントローラーのテストボタンを押す

②センサーテストをしてくださいというアナウンスが流れる

③センサーが設置された窓の開閉などを行う

④在宅ボタンを押す

⑤「電話回線テストは正常でした」というアナウンスが流れて完了

窓の開閉などの手間はかかりますがテストの手順は非常に簡単です。

時間もかからずに完了できるので毎月きちんと確認しておきましょう。

ホームコントローラーのテスト方法動画

更に詳しいテスト方法の動画を紹介します!

動画で見るとホームコントローラーの操作は非常に簡単にできるようです!

機械が苦手な人でもこれならしっかり定期テストが出来そうですね。

セコムは誤作動が多い?口コミや情報を調べてみました!

セコムのホームセキュリティでは沢山のセンサー類も設置します。

機械の故障だけでなく、センサーの誤作動が多いかどうか、口コミをチェックしてみました!

誤作動についての口コミ情報

誤作動に関する口コミを調べてみたところ、Twitterに口コミが複数投稿されていました!

いくつか紹介していきます。

口コミ①

https://twitter.com/mee3021/status/1216291473697566720

1ヵ月の間に炊飯器の蒸気で2度誤作動が起きたという口コミです。

恐らく火災報知器のセンサーのようですね。

火災センサーの誤作動は設置場所なども関係することが多いようです。

1ヵ月に2度は少し多い気もするので担当者とセンサーの場所や炊飯器の場所を相談した方が良さそうですね。

口コミ②

停電時に誤作動やエラーが起こってしまったという口コミです。

その後セコムから電話で謝罪の連絡があったようですね。

停電時、セコムは非常バッテリーを搭載しているのですぐには停止しません。

しかし誤作動やエラーを起こしてしまう可能性はあるようですね。

口コミ③

台風時に火災報知器が誤作動したという口コミです。

セコムの火災報知器は雨の日に誤作動を起こすという口コミもありました。

湿気に反応してしまっているのでしょうか?

口コミだけでは判断が難しいですが、機械自体の問題なのであればセコム側で改善が必要ですね!

口コミ④

https://twitter.com/arabesque_ud/status/882406409580695554

セコムは犬が原因で誤作動を起こすことがあるという口コミです。

これはおそらく「空間センサー」の誤作動でしょう。

セコムでは外出モード設定時に室内の動くものを感知する空間センサーが作動します。

ペットを飼っている場合、センサーの範囲に入ってしまうと誤作動に繋がることがあるようです。

ゆうな

蒸気で火災報知器が作動してしまうこともあるのね…

キッチンの他には、風呂の蒸気などで反応した例もあるようじゃのう。

犬や猫などのペットがいる家庭も要注意なようじゃ。

センサーを取り付けるときに場所をしっかり相談しておく方が安心じゃな。

防犯博士

誤作動が起こりやすい機器と対策

セコムのホームセキュリティの誤作動について調べてみたところ

【火災報知器の誤作動】が最も多いことがわかりました。

料理やお風呂などの湯気や蒸気で反応してしまうことが多いようです。

また、雨の日にも誤作動を起こしやすいという口コミもありました。

それ以外には【空間センサーの誤作動】も多いようです。

空間センサーの誤作動はペット・カーテンの揺れ・虫などが原因となるようです。

誤作動を起こさないための対策

誤作動を起こしやすい機器を紹介しましたが、どれもホームセキュリティでは非常に大切な機器です。

「誤作動の噂があるから設置しない」のではなく、誤作動を起こさないための対策をして利用するようにしましょう。

誤作動を起こさないための対策は

【担当者と設置場所をしっかり話し合っておく】ということです!

セコムでは契約前に担当者が無料で防犯診断を行ってくれます。

その時にキッチンの普段の使い方や、ペットがいる場合はペットの行動範囲などを伝えた上で設置場所を決めておきましょう。

誤作動が起こった場合の対応

もし誤作動が起こってしまった場合、セコムではどのように対応するのかも調べてみました!

異常を感知すると、セコムに信号が送られます。

セコム側で信号受信と同時に駆け付けの手配や消防・警察への通報を行います。

この時に、セコムから契約者側に状況確認の電話が来るようです。

駆けつけの時間が短い場合は電話より先に警備員が到着してしまうこともあるようです。

電話がかかってきた際、もしくは到着した警備員に誤作動であることをしっかり説明しましょう。

誤作動が起きたら費用はかかる?

セコムでは駆けつけの対応はホームセキュリティのすべてのプランで無料となっています。

そのため、誤作動で警備員が出動してしまっても、費用を請求されることはありません。

ゆうな

セコムは誤作動があってもお金を請求されたりしないのね!

そこもセコムの良い所じゃな。

会社によっては1回数千円かかってしまうこともあるんじゃ。

異常を感知したら電話ですぐに状況確認してくれるのも有り難いのう。

防犯博士

セコムのホームセキュリティの故障に関する情報まとめ

ホームセキュリティではコントローラやセンサーなど沢山の機械を設置します。

そのため、絶対に故障しないということは言い切れません。

しかし、セコムでは機器の故障や電池切れを自動で見守る補償サービスが全てのプランについています。

停電の際にも予備のバッテリーで動作させたり、すぐに停止しないためのシステムも搭載しています。

また、セコムはホームセキュリティの機器をグループ会社で製造するなど、その安全性・信頼性にも非常にこだわっています。

安心してサービスが利用できるようにと考えられているのでとても安心です。

機器の誤作動による誤通報もあるようですが、セコムでは誤作動が原因で警備員がかけつけても、料金はかかりません。

どんなことがあっても24時間しっかり見守ってくれていると感じられるホームセキュリティと言えるでしょう。

セコムのホームセキュリティでは契約前に担当者が自宅を訪問して防犯プランを作成してくれます。

この時にセンサー類の設置場所など、できるだけ誤作動が起こらないように普段の生活の様子をしっかり説明しておくことをおすすめします。

セコムのホームセキュリティの評判や口コミは良い?悪い?徹底調査しました!