ホームセキュリティと合わせて契約できるセコムの保険まとめ!

SHARE

ホームセキュリティを利用する上で、万が一侵入や盗難、窃盗などの被害に遭ってしまった時にどのような補償・保険があるのか気になりますよね。

月額で費用を払っているのに、補償がしっかりしていないものではもしもの時に金銭的な負担まで大きくなってしまいます。

そこで、セコムのホームセキュリティを調べてみたところ、セコムでは充実の補償制度が用意されていることがわかりました!

その他、プラスで加入できるセコムの保険も併せて紹介します♪

セコムのホームセキュリティは補償制度あり!

セコムのホームセキュリティでは、全てのプランに補償制度が付帯しています。

セコムのホームセキュリティで用意されている補償は以下の2種類です。

  1. 盗難保険金
  2. 建物損害修復費用見舞金

この2つについて詳しく調べてみました!

補償制度1:盗難保険金

まず、盗難保険金とはどんなものなのかを調べてみました。

盗難保険金とは、窃盗または強盗の被害に遭った場合、セコムが盗難保険契約を結んでいる保険会社から保険金が支払われる制度です。

保険金の金額は、現金や家財など被害の対象によって異なります。

支払われる限度額は以下の通りです。

保険の対象保険金額
現金・貴金属・美術品など50万円
家財200万円

免責金額について

免責金額とは、保険金の請求の時にかかる自己負担金です。

セコムの盗難保険では保険の対象(現金・家財など)に関わらず一律5000円の免責金額を設定しています。

保険金額が10万円だとしたら、実際に支払われる保険金額は免責金額を差し引いた9万5000円ということになります。

ゆうな

免責金って必要なの?

なんだか損している気がする・・・。

免責は保険会社には実は必要な制度なんじゃ。

小さい被害まで全てに保険金を支払ってしまうと、保険会社の負担が大きくなる。

保険会社の負担が大きい(経営が大変になる)と、保険金を上げざるを得なくなるんじゃ。

一定の免責金額を設けることで、小さな被害に対する支払いリスクが減るのじゃ。

そうなると、保険料が安定したり、その分補償を充実させて契約者に還元することもできる。

防犯博士

ゆうな

なるほど!免責金にはちゃんと意味があったのね!

補償制度2:建物損害修復費用見舞金

建物損害修復費用見舞金とは、火災・爆発・泥棒による被害があった場合に支払われます。

損害額見舞金支払い額
100万円以上100万円
10万円~100万円未満損害額の範囲内で10万円単位の金額で支払い

※10万円未満の端数金額は切り捨てで計算

※10万円未満の損害は見舞金の支払い対象外となります。

見舞金の免責金額など詳しい条件は、セコムのコールセンターへ問い合わせが必要なようです。

セコムコールセンター

0120-756-892(午前9時~午後6時 年末年始は除く毎日)

ゆうな

建物内の被害については保険金、建物自体の修復に関しては見舞金がもらえるのね!

万が一被害に遭った場合も手厚い補償があるのがセコムの魅力じゃ。

オプション料金を支払わなくても、全プランに補償がついているのも嬉しいのう。

防犯博士

セコムではその他保険サービスも契約可能!

セコムでは、ホームセキュリティ以外にも保険サービスを用意しています。

”セコム損保”というセコムの会社が保険サービスを提供しています。

セコムで用意されている主な保険サービスは以下の4つです。

  1. 家庭総合保険:セコム安心マイホーム保険
  2. がん保険:自由診療保険メディコム
  3. 満期戻総合保険:あんしんニューダブル
  4. 自動車保険:セコム安心マイカー保険

特に総合保険やがん保険はホームセキュリティと組み合わせることで、万が一の時にもより充実した補償を受けることができます。

セコム安心マイホーム保険について

セコム安心マイホーム保険は、充実した補償サービスが魅力の火災保険です。

セコムのホームセキュリティを契約していると保険料の割引もあります!

セコム安心マイホーム保険の特長

特長1:希望に合わせてプランを選択できる!

基本補償を3つのプランから選べるようになっています。

選べる3つのプラン

・ワイド
・ベーシック
・スリム

補償内容や予算など希望に合わせてプランを選択することができます!

特長2:特約を自由に選択可能

各種特約を組み合わせて必要な補償に絞った契約を作ることができます。

特長3:各種割引あり

セコム安心マイホーム保険では、3種類の割引を用意しています。

割引内容

ホームセキュリティ割引
オール電化住宅割引
長期年払割引

◇各割引の詳細

特長4:免責金額を選択可能!

セコム安心マイホーム保険では、免責金額(自己負担額)を以下の中から選択して設定できます。

免責金額を設定することで、保険料を抑えた契約が可能になります。

免責金額の選択肢

なし/3万円/5万円/10万円/20万円

基本補償プランの内容

セコム安心マイホーム保険の3つのプランの補償内容は以下の通りです。

また、損害保険金として補償される修理費には次の費用も含みます。

上記に加えて、以下の費用補償が自動で付帯しています。

費用名内容
残存物取り片づけ等費用上記画像a~cの費用を含めた損害額が保険金額を超える場合、1回の事故につき保険金額の30%に相当する額を限度としてa~cの費用が支払われます。
セキュリティ・グレードアップ費用火災・爆発・盗難の事故によって保険金が支払われる場合、危険軽減のために180日以内に新たに支出された費用について1事故につき最高50万円まで支払われます。
水道管凍結修理費用建物が保険の対象であれば、建物の専用水道管が凍結し修理を行った際に修理費用が支払われます。
※屋外水栓や散水栓など屋外設備や装置は補償対象外です。
損害防止費用火災・爆発・落雷などの事故の際、損害発生や拡大防止のために支出した費用のうち所定のものに関して支払いが行われます。
バルコニー等修理費用マンション戸室の場合、基本補償プランで補償されている事故でバルコニーなど専用使用権付共用部が損害を受けた場合、管理組合の規約などに基づいて修理の費用が支払われます。
損害賠償請求権の保全・行使に要する費用セコムが保険金を支払うことで取得する「他人に対する損害賠償請求権の保全・行使」に必要な費用の支出を行った場合に、その費用分が支払われます。
ガラスや鍵の修理手配盗難事故によりガラスや鍵が壊された場合、業者手配を行い、保険金から修理費用をまかないます。

※建物が保険の対象となっている場合
※保険金を超えた場合は契約者負担
※山間部、島しょ部など一部エリアは対象外

保険の対象について

セコムの安心マイホーム保険では、保険の対象を以下の3つから選べます。

  1. 建物のみ
  2. 家財のみ
  3. 建物と家財の両方

<保険の対象について>

ゆうな

家財にも保険てかけたほうが良いのかな?

家財は実は思っている以上に大きな財産なんじゃ。

家族4人なら家財を全て新品で揃えなおすとしたら約1,380万円かかるといわれている。

家も家財もどちらも守れるのがベストじゃな。

防犯博士

家財の評価の基準と保険金額

家財は新品としての価格ではなく、市場流通価格基準での補償になるものや明記を必要とするものがあります。

保険の対象と評価基準、保険金額は以下の通りです。

セコムのがん保険について

セコムのがん保険「自由診療保険メディコム」は治療額を心配せずにベストな治療を受けられるよう作られたがん保険です。

5つの特長

特徴1:通院治療費は5年ごとに1000万円まで補償

入院前後の通院や通院のみの治療でも補償されます。

通院日数の制限はありません。

特徴2:入院治療費全額保証

保険診療の自己負担額はもちろん、先進医療・自由診療も含めてがんの入院治療費を全額補償してくれます。

入院日数に制限はありません。

特長3:協定病院を無料で案内

セコム損保ではメディコム・ナースコールセンターという電話相談窓口を開設しています。

ここへ電話相談すると、最寄りの病院の案内をしてもらえます。

自由診療にも対応できる協定病院や、がん診療連携拠点病院、大学付属病院の案内も可能。

※協定病院に自由診療で入院する場合、がんの入院治療費はセコム損害保険から直接支払われます。高額な治療費を建て替える心配もありません。

特長4:セカンドオピニオン外来の案内も可能

がんの治療法を多角的に検討できるよう、セカンドオピニオン外来の案内が可能です。

セカンドオピニオン外来受診時の費用も通院費用として補償してもらえます。

特長5:がんと診断されたら一時金100万円がもらえる

がん(悪性新生物や上皮内新生物)と確定された場合一時金として100万円が支払われます。

補償内容

セコムのがん保険「自由診療保険メディコム」の補償内容は以下の通りです。

月払い保険料と申し込み条件

セコムのがん保険は加入者の性別と加入時の満年齢で決まります。

申し込み条件

セコムのがん保険「自由診療保険メディコム」の申し込み条件は以下の通りです。

  1. 加入者の年齢が満6歳~満74歳であること。
  2. 今までにがん(悪性新生物や上皮内新生物)にかかったことがないこと。
  3. 入院中でないこと

※上記条件を満たしていても申し込み時の健康状態などにより申し込みが行えない場合もあります。

あんしんニューダブル(満期戻総合保険)について

あんしんニューダブルとは満期時に払い戻しが受けられる総合保険です。

あんしんニューダブルの特長

特長1:損害額をそのまま支払い

保険金額が再調達価格の60%以上であれば、保険金額を限度として損害額の全額が支払われます。

特長2:保険金は何回でも支払い可能

一回の事故で支払う保険金が保険金額の全額に達しなければ、何度でも保険金の支払いが可能です。

特長3:保険金額が自動増額

保険金額は契約時の保険金額の5%相当が次年度以降~満期まで毎年自動的に増額します。

保険金額が増額しても、支払う保険料は変わりません。

満期返戻金について

満期時に返戻金+配当金が受け取れます。

補償内容

12の安心補償

セコムのあんしんニューダブルでは以下の12の補償を付帯しています。

また、以下の費用もカバーします。

費用名内容
臨時費用上記1~7の事故があった場合、損害保険金の30%が支払われます。
※限度額設定あり
残存物取片づけ費用上記1~7の事故により損害保険金が支払われる場合、清掃費用等、残存物を取片づけるのにかかった費用が支払われます。
特別費用上記1~7の事故により、保険の対象が全損(全焼、全壊)となった場合に支払われます。
損害防止費用上記1~3の事故の際、損害の発生または拡大の防止のために支出した費用のうち、所定のものについて支払われます。
失火見舞費用契約物件から発生した上記1または3の事故によって、近隣など第三者の所有物に損害が生じた場合に支払われます。
※煙損害・臭気付着損害は除く
修理付帯費用上記1~3の事故により受けた損害の復旧にあたり、支出した費用が支払われます。
損害賠償請求権の保全・行使に要する費用セコムが保険金を支払うことによって取得する「他人に対する損害賠償請求権の保全・行使」に必要な費用を支出された場合に支払われます。
地震火災費用地震、噴火、津波による火災によって、保険の対象が一定の損害を被った場合、支払われます。
水道管修理費用水道管の凍結により、水道管に生じた損害に対する修理費用が支払われます。
注意点:地震保険について

あんしんニューダブルの契約のみでは、下記の損害は補償されません。

補償に含まれないもの

地震保険

地震・噴火またはこれらによる津波を原因とする火災・損壊・埋没・流失によって建物または家財が損壊・焼失したり埋没した場合

地震の補償も希望する場合は別途契約が必要となります。

※各種割引制度あり

所定の確認資料を提出すると、住宅の耐震性能に応じて割引も可能です。

割引内容

・建築年割引
・耐震等級割引
・耐震診断割引
・免震建築物割引
*1~4の割引を重複して適用することは、できません。

セコム安心マイカー保険について

セコムの自動車保険、セコム安心マイカー保険は、セコムの迅速なかけつけサービスが付帯した保険です。

セコム安心マイカー保険の特長

特長1:セコムの現場急行サービス

万が一の時には24時間365日セコムが現場に急行します。

セコムは全国に広がるネットワークが強みです。

強みを活かした迅速なかけつけサービスが可能です。

特長2:充実のサポートサービス

セコム安心マイカー保険は、24時間事故受付を行っています。

24時間365日対応。深夜や年末年始も安心です。

■その他のサポートサービス

サポートサービス内容
レッカー牽引自力走行ができなくなった場合にレッカー牽引費用を車両引取費用と合算して20万円までサポートします。
※20万円の距離目安:普通乗用車で約250km
緊急修理サービス故障やトラブルで自力走行ができなくなった場合に、現場で30分程度で可能な応急修理・軽作業を無料でサポートします。
ガス欠ガソリンお届けサービスガス欠時に最大10ℓのガソリンまたは軽油を届けてもらえます。
※保険期間内に1回限り。
※ガソリン代・軽油代の実費は契約者負担
臨時宿泊費用レッカー牽引時に事故や故障現場付近で宿泊しなければいけなくなった場合、1名につき1万円まで宿泊費用をサポートします。
代替交通費用レッカー牽引で事故や故障現場から自宅または目的地まで交通費が発生した場合、1名につき2万円までサポートします。
※タクシーやレンタカー利用時は1台につき2万円まで
その他サービス電話故障相談、レンタカー業者案内、帰宅手段案内、ガソリンスタンド案内、陸送業者手配などのサービスが可能です。
示談交渉サービス対人賠償事故や対物賠償事故の賠償金支払いについてセコムが示談を行います。
※一部示談交渉が行えない場合があります。

補償内容

事故相手への補償

・対人賠償責任保険

・対物賠償責任保険

が自動付帯しています。

なお、対物賠償責任保険では相手の車の時価額までしか保険金の支払いができません。

そのため、セコムでは以下の特約が自動付帯されています。

【 対物超過修理費用特約 】

相手の車の修理費用が時価額を上回った場合50万円を限度に保険金として支払いが可能です。

契約者や同乗者への補償

・人身傷害保険

・搭乗者傷害保険

・自損事故傷害特約

・無保険車事故傷害特約

が自動付帯しています。

車の補償

事故による車の損害に対して保険金が支払われます。

《 保険内容 》

また、万一契約車両が盗難にあった場合、以下の費用をセコムが負担してくれます。

・盗難車両の追尾費用補償

・盗難車両の引き取り費用

・盗難車両のクリーニング費用

特約・安心手続きサポート

セコム安心マイカー保険では、要望に合わせて以下の特約も用意されています。

選べる特約

・他車運転特約(自動付帯)

・車両無過失事故に関する特約(車両保険に自動付帯)

・被害者救済費用等保障特約

・ファミリーバイク特約

・身の回り品補償特約

・弁護士費用特約

・個人賠償責任補償特約

・車両搬送時諸費用特約

また、以下の安心手続きサポートも利用可能です。

・契約車の入替手続き忘れをサポート

・子供の免許取得時に年齢条件変更手続き忘れなどをサポート

セコムの保険についてまとめ

セコムのホームセキュリティでは全てのプランで盗難保険金建物損害修復費用見舞金の補償が付帯されています。

万が一被害にあってしまった時にもしっかり補償をしてくれるところが、セコムのホームセキュリティのメリットです。

また、ホームセキュリティと合わせて契約できる保険サービスもあります。

セコムでは総合保険やがん保険、自動車保険も用意しています。

高齢者の見守りと合わせてがん保険を契約したり、ホームセキュリティと合わせて自然災害なども補償できる総合保険を契約したり、自動車保険を契約することで万が一の時により充実した補償を受けることができます。

また、保険の中にはホームセキュリティを契約していることで保険料の割引が可能なものもあるのでチェックしてみてください。

ホームセキュリティの契約は、家族や我が家を守ってくれる大切なものです。

万が一の時の補償は充実していますが、さらにしっかりとした保険をかけておきたい、万が一の時に金銭的に困りたくないという場合は、セコムの保険と合わせて契約しておくことをおすすめします♪